私は小学生の頃からエッチな目で見られることが好きでした。
スカート捲りをされれば、嫌がる素振りをしながらも喜んでいました。

そんな私が一番好きだった場所は、温泉や銭湯の男湯です。
昔から父親に懐いていた私は、ずっと父親と一緒に男湯に入っていました。
小4の私がそばにいると父親も恥ずかしいのか、男湯の中では一緒に行動してくれず、すぐに私の苦手なサウナの方へ行くことがほとんどでした。
私はそれを知っていたので、男湯に入ってからは思う存分、大人の男性から見られることを楽しんでいました。

わざと湯船の縁に座り両足を広げて見せたり、縁に肘をついてお尻を突き出すような格好でいたり。
大胆なときには、そういうポーズを水風呂などの小さな浴槽に入っている人の目の前でやったりもしました。
まったく気にしない人もいれば、チラチラ見る人や、構わずじっくり見てくれる人など様々ですが、オチンチンをアピールしてくる人もいて、中には大きくなったオチンチンを見せてくる人もいました。

普段は見せることで満足し、体を洗ったらすぐに出るのですが、ある日、体を洗っていると、隣に中年くらいの男の人が座り、私に声を掛けてきたことがあります。
その人は私のことをじっくりと見てくれていた人で、私に興味を持ったんだと思います。

「お譲ちゃんは、お父さんと来たの?」

そう声を掛けられ、父親はサウナの方へ行ってしばらくは出てこないと答えると、安心したような感じで、「男湯で恥ずかしくないの?」とか「なんで女湯に行かないの?」などと尋ねてきました。
私はどう答えようか迷いましたが、この人が私に興味を持ってくれているということにドキドキしてたのもあって、「裸を見られるとすごく気持ちいいから」と正直に答えました。

するとその人は、「もっと気持ちいことがあるよ」と言い、「オナニーはしたことがある?」と聞いてきました。
当時の私は性に関しては学校の授業程度の知識しかなく、当然『オナニー』という単語すら聞いたことがありません。

「どうやってやるの?」と尋ねると、「色々な方法があるけど、シャワーを使ってみようか」と言い、「アソコの割れ目を片手で開いて、そこにシャワーを当ててごらん」と言われました。

どうなるか分からない私は言われるままにやってしまい、シャワーのお湯が開いたアソコの中に触れた瞬間、「ひゃっ」と声を出してしまいました。
ビクッと体が跳ねて、予想できないくらいの刺激に結構大きな声だったと思います。
しかし周りに人は少なかっため、あまり気にされることはありませんでした。

男の人は、「びっくりした?ちょっとシャワーを弱めにしてみようね。おじさんがしてあげるから、お譲ちゃんは両手でアソコを開いておいてね」と言い、私は言われた通りにしていました。

最初は弱めのシャワーを当てられましたが、その刺激に体はビクッビクッと跳ねてしまい、「アッ・・・アッ・・・アンッ」と声も出てしまいます。
男の人もエスカレートしてだんだんシャワーを強くし、クリトリスやアソコを指で弄ったりしてきました。
そうやって弄られているうちに、「アソコがヌルヌルになってきたよ」と言われるくらい濡れて感じていました。

もう自分が何をしているかも分からなくなってしまい、男の人に弄られているうちに体が今までにないくらいビクビクッと痙攣したかと思うと、頭が真っ白になるような感じとともに、「やああぁっ」と声を出しながら初めての絶頂を迎えました。
あまりの気持ちよさに力が抜けてしまい、私はおじさんに見られている前でオシッコを漏らしてしまいました。
おじさんの手にオシッコをかけてしまったこと、オシッコを見られたことの恥ずかしさ、オシッコを止めたいのに、体に力が入らず我慢できない恥ずかしさ・・・。

私が「ごめんなさい、ごめんなさい」と謝っていると・・・。

「オシッコはおトイレでするものでしょ?一緒に行ってあげるからおいで」

オナニーの余韻とオシッコを見られて恥ずかしい気持ちで頭の中が混乱していた私は、言われるままに男の人について行きました。
脱衣所から裸のままトイレの個室に入ると・・・。

「さっきのは気持ちよかった?ここだったらもっと気持ちいいことしてあげられるよ」

そう男の人は言いました。

(シャワーよりも気持ちいいことってなんだろう?)

気がついたら私は、「気持ちいいこと、教えて」と言っていました。

私はトイレの個室にあった出窓の部分に座らされました。
そして男の人に両足を開かされ、ちょうど肩車の前後を逆にしたような感じで、男の人の目の前に私のアソコが来るような体勢になりました。
いきなりアソコを舐められました。
シャワーとは違った刺激に、私は自分からアソコを男の人に押し付けてしまいました。
そうやっているうちに私は2度目の絶頂を迎え、ボーっとなっているところへ・・・。

「2回もイッちゃったね。今度はおじさんを気持ちよくしてね」

そう言うと男の人は勃起したオチンチンを私の目の間へ出してきました。

「手で握りながらお口に入れて、歯は立てちゃダメだよ」

言われるままに私はオチンチンを口に含み、ペロペロしていました。
お風呂から直行だったため、オチンチンに匂いはなく、むしろ石鹸の香りがほのかにしていたため、私は夢中になってしゃぶっていました。
その状態でしばらくすると男の人は私の頭を掴み、オチンチンを口に思いっきり突っ込んで射精しました。
男の人はそれで満足したのか、「このことはお父さんに言っちゃダメだよ」と言うと、周りに見つからないように急いで出て行きました。
しばらくボーっとしていると、私を探しに来た父親に個室の向こうから声を掛けられました。
私は慌てて、「もう少ししたら出るから先に出てて」と伝え、シャワーを浴びてお風呂から出ました。

後になってから自分のしたことがどういうものか知りました。
でも不思議と嫌な感じはしません。
むしろ、今でも思い出してオナニーをしてしまいます。
そして、そのとき男の人のに教わったシャワーを使った方法が、今も私のお気に入りです。