16歳で高1のとき、俺は小さなファーストフード店でバイトしていた。
他に4人ほど20代の女の人が働いていた。
ただ1人高校生だった俺は皆に可愛がられていたが、なんだかガキ扱いされてるようでイヤだった。

その中の1人、順子さん(23歳)。
この人だけは別で、俺を友達のように扱ってくれて、すぐに仲良くなった。
22時にバイトが終わるとドライブに誘ってくれた。
バカ話をしながらダラダラと順子さんの軽自動車でドライブ。
休日には順子さんのショッピングにお付き合い。
まるで姉のような存在だった。

順子さんは髪が長く、痩せていて背も高い。
顔も可愛くてお洒落な女性だ。
気取らず明るくて、そんなところも好きでした。
ショッピング中に仲間に会ってもさりげなく自慢出来る感じで、順子さんもふざけて「姉で~す」とか言ってるし。
とにかくいい関係だった。

ある日、バイトの後にドライブに行った時のこと。
順子さんが潰れて廃墟になってるドライブインの駐車場に車を停めた。
2人でタバコを吸いながら話し込んでいると・・・。

「まだセックスしたことがないの?私でいいならしてもいいよ」

まだ女を知らなかった俺はどうしたらいいかわからず・・・。

「緊張する?初めてだもんね」

順子さんはキスをしてくれた。
少しずつ舌を入れて来て、俺も舌を絡めてみた。
順子さんの口からタバコの匂いがした。

「胸、触っていいよ。上、脱いで」

順子さんは自分で服を脱ぎ、俺の服も脱がせてくれた。
順子さんの上半身はブラだけで、Cカップほどのおっぱいだった。
また順子さんがキスをしてきた。
俺の手を取り、おっぱいを触らせる。

「触ってもいいんだよ」

俺は無我夢中でおっぱいを触った。
前の彼女と、ここまでは俺も経験していた。
キスしながらおっぱいを揉み、自然とブラの中に手を入れた。

「あん!」

順子さんからいやらしい声が。

「ブラ、外して・・・」

ブラを外し、順子さんのおっぱいを揉みながら乳首を舐めた。
俺の中で糸が切れた。

「順子さん!」

左右を交互に舐め回した。

「あん!あん!気持ちいい!」

順子さんから聞いたこともない可愛い声。
乳首を吸ったり舌で転がしたりした。
順子さんの身体からいい匂いがした。

「!!!」

ビクッとした。
順子さんが俺のチンチンをズボンの上から扱き始めた。

「高校生のくせに~おっきい!」

順子さんは勝手にズボンを下げ、パンツの上からチンチンを優しく扱いてきた。

「チンチン見たいな・・・いいでしょ?」

「えっ!俺、チンチン見せるの初めてなんだけど・・・恥ずかしい・・・」

順子はクスっと笑いながらパンツを捲った。

「あんたのぉ~おっきいよ~マジで」

「本当?恥ずかしい」

「おっきい方がいいんだよ!」

順子さんはチンチンを直接扱いてきた。

「順子さん、出ちゃうよ!」

「もー!じゃあ舐めちゃおっ」

「えっ!?汚ないし臭いし初めてだし、ちょっと待っ!!うっ!!うわあ!」

順子さんはいきなり俺のチンチンを咥えていた。
口の中で舌を這いずらせている様だ。

「順子さんダメだって~、ヤバいって!」

「いいよ、1回出しちゃえ」

見ると、順子さんが俺の汚ないチンチンを美味そうにしゃぶっている。

「ん~っ!ピチャピチャ!」

俺は気持ち良くて変なりそうだった。

「チンカスが少し付いてるよ(笑)」

順子はそう言いながらもチンチンのカリをキレイに舐めてくれた。

「順子さん!ダメだよ!汚ないから」

「イキそうになったら言ってね、口に出していいよ」

でも、なぜだかイカなかった。
しばらくチンチンを舐めてもらい・・・。

「順子さんのも見たい・・・ダメ?」

「あたしの?見たいの?恥ずかしい・・・見たら嫌いになるよ・・・初めてでしょ、見るの?」

「でも順子さんの見たい・・・」

順子さんは車を駐車場の奥の真っ暗な場所へ移動させた。

「あたしと席替わって」

俺が運転席へ座り、順子さんが助手席へ。

「あんまし見せたくないけど・・・あんたならいいよ・・・」

順子さんがスカートを脱いだ。

「優しくしてね・・・」

順子さんのグレーのパンティが薄っすらと見える。
心臓が破れそうだった。

「いきなり脱がさないでね・・・」

ゆっくりと順子さんのパンティの上からマンコを触った。
順子さんがビクッとした。

「ああん!いい!」

順子さんのマンコは柔らかくて、毛がザラザラと生えてる感触だった。
順子さんが股を開いたので下の方まで触ると、パンティが湿っていた。

「もう濡れてるから・・・」

「パンティの中に手を入れていい?」

順子さんは頷き、そっとパンティに手を入れるとマン毛が生えており、さらに下に行くとべちょべちょとしていた。

「はあ~ん!ダメぇ~!」

「ごめん!ダメだった?」

順子さんは首を横に振り・・・。

「ダメじゃないよ!いいから」

「じゃあ脱がすよ・・・」

順子さんはお尻を上げてくれた。

「恥ずかしい・・・あんまり見ないで」

初めて見るマンコ!
毛が生えていて、グロテスクに口を開けて濡れていたが、あまりよく見えなかった。

「暗くてよく見えない・・・順子さんのも舐めたい・・・ダメ?」
「おしっこしたし、汚ないし臭いしダメだよぉ・・・あんまし舐めさせたことないのぉ・・・」

「お願い!順子さんの舐めたい」
「じゃあちょっとだけだよ・・・」

順子さんはシートを倒した。
俺は順子の細い脚をそっと開き、口をマンコに付けた。

「あ~ん!ダメぇ~恥ずかしい!」

順子さんのマンコは蒸れてムンとしていて、マンコの独特な臭いがした。
前側には毛が生えているがマンコの周りは毛が無く、グロテスクに口を開けていた。
ベロベロと舌を入れると少ししょっぱかったが、汚ないという感覚はまったくない。

「ハアハア!ダメよぉ~舌でやったら~ああん!!」

順子さんのマンコを舐めた時、また俺の頭の中で糸が切れた。

「順子さん!」

俺はマンコの毛からマンコまで舌でベロベロした。
チンチンがはち切れそうに硬くなり、もうイキそうだった。

「あ~!イクぅ~!いっちゃう!」

順子さんは腰をピクピクさせイッてしまった。
マンコから少し汁が出ていた。

「もー!ダメぇって言ったのにい~!」

順子さんはガバッと起きて、チンチンを舐めながら扱き始めた。

「あ~!順子さん!イク!イク!」

「うっ!んんんん?」

順子さんの口にかなりの量の精子がたっぷりと出てしまった。

「スッゴい!いっぱい出たよ!まだ出てる」

「順子さん、ごめん!いきなり出ちゃった!」

「いいの!それにしても凄いね、こんなに出るんだね!」

順子さんはそれをゴクっと飲んでしまった。

「出したら少し落ち着いた?でもチンチン・・・凄いまだ立ってる(笑)」
「順子さんともっとエッチしてもいい?もっとエッチしたい!」

「私のこと、好き?好きなら・・・いいよ・・・」
「順子さん!大好きです・・・可愛い!」

そして俺は大人になった。