現在25歳の女です。
中学3年のときに男の人のオナニーを初めて見ました。
その相手とのことを書きます。

友達の家に遊びに行きました。
その子には高校生のお兄さんがいて、お兄さんの部屋は出入り口が襖でした。

トイレを借りたあと、お兄さんの部屋の前を通って、友達の部屋に戻ろうとしたときです。
お兄さんが、「ハアハアすうすう」しているのが聞こえました。
襖は2センチくらい開いていました。
見るでもなく、そちらに顔を向けてしまいました。
その隙間からまっすぐ見える位置で、お兄さんはあぐらをかいて、ちんちんを擦っていました。
(ちんちんそのものは、よく見えませんでした)
何をしているかはすぐに分かりました。
怖くなって、友達の部屋にすぐ戻りました。

その時はただ怖かったのに、それから、そのことが頭から離れなくなってしまいました。
(もっと見たい)っていう変な欲望・・・とは違うんだけど、何て言ったらいいかわかりません。
とにかく、ずっと気になっていました。

その友達の家には月に1回以上は行くんですけど、あることに気付きました。
お兄さんは、私がいるときは必ずオナニーをしているんです。
そして部屋の前を通ると、必ず少しだけ襖が開いています。

・・・お兄さんは、私にオナニーを見せたかったんです。

それを知ったのは高校に進学してからでした。
2つ先輩のお兄さんは、私が高校に入ったときは同じ高校の3年生でした。
友達のお兄さんなので挨拶ぐらいはこれまでもしていたけど、高校では少し会話もするようになっていました。

ある日、部活の帰りにたまたま一緒になって、バス停でバスを待ってる人たちとはちょっと離れたところで、お兄さんが話しかけてきました。

「ウチに遊びに来た時、その・・・気付いてたよね?」

前触れもなく、お兄さんにいきなり“そのこと”を聞かれて、私は固まってしまいました。

「え、え、何がですか?」

知らないフリをしようとしたけど、もうバレバレでした。

「ごめんな、どうしても我慢できなくて。俺、変態なんだ。気持ち悪いだろ?ほんとにゴメン!」

真剣に謝られてしまって困ってしまいました。

「や、あの、全然気にしてないですから!大丈夫ですから!」

「ほんとに?良かった。ほんとに大丈夫?」

「え?え?あ、あ、はい」

よくわからず何となく返事をしてしまったのが始まりでした。

「じゃあ、もっとちゃんと見てくれるよね?」

「えー!!」

なんと答えていいのか分かりません。

『オナニーを見て欲しい』という意味は理解できました。
学校の周りに露出狂が出たことあるので(私は見てませんが)、“見られるのが好き”という人がいるのも一応分かります。
ですが、相手は知ってる人です。
カッコいいわけではないけど、清潔感のある真面目そうな普通の男の人です。

(こんな人が変態だなんて・・・)

不思議と嫌悪感はなかったけど、とにかく混乱してしまいました。

「あの、そういうのは、彼女とかの方が、いいんじゃないかと・・・」

「じゃあ彼女になってくれないかな」

(!!!)

・・・これは告白なんだと思いました!
オナニーを見て欲しいから彼女になって、と。
もう混乱を通り越して笑えてきました。

こうして彼と付き合うことになりましたが、1年経っても私は処女でした。
そして彼も童貞でした。
彼には私と付き合う前にも何ヶ月か彼女がいました。
セックスは彼女が怖がって、どうしても最後までは出来なかったそうです。
Bまではするけど、最後は彼が自分で射精するパターンだったそうです。

そのパターンが私にも適用されてしまいました。
彼は自分がオナニーしているのを見てもらえれば、とにかく満足するんです。
ただ、前の彼女と違うのは、私も一緒にオナニーすることです。
お互いに見せ合うんです。
私もそれにハマってしまい、入れて欲しいとは全く思わなくなりました。

私が仰向けで足を開いてクリトリスを転がしてイクのを、彼は立ってちんちんを擦りながら見下ろしています。
そして半ば痙攣している私の体に大量の精液が降り注がれます。
何回も彼のちんちんがビクビクして精液が出続けます。
精液がかかった瞬間の興奮で私がイクこともありました。

お互いに愛撫しあうこともありましたが、基本的にはオナニーの見せ合い。
これが私たちにとってのエッチでした。

ちゃんとフェラしたことも、ほとんどありません。
彼はトイレットペーパーの芯をちんちんに被せるのが好きでした。
勃起した彼のちんちんに芯をはめようとすると、きつくてハマりません。
彼のサイズ(太さも長さも)は、芯の大きさをちょっと越えるくらいなんです。
なので、まだちんちんが小さいうちに被せます。
すぐ勃起するので芯にギチギチと締め付けられて、その感覚がたまらないそうです。
芯の先からわずかに出た亀頭を私がチロチロと舌で刺激します。
これが私にとってのフェラでした。

締め付けられた状態では射精しづらいらしく、芯をお湯でひたひたに濡らしてあげます。
そのうち紙が弱ってきて、“ミリミリ・・・パツン”って感じで破けます。
その瞬間に射精したりもします。

トイレットペーパーの芯の代わりに普通の紙で、芯よりも少し細めの筒を作ってやったりもしました。
勃起すると紙がバツンと破けるので、『北斗の拳ごっこ』と呼んでいました。
破けたあとで彼が、「あたたたた」と言いながらしごいたりするのは鬱陶しいのでやめさせました。

こんな感じで1年半が過ぎました。
ようやく挿入までしましたが、それ以降なぜか白けてしまい、オナニーの見せ合いで盛り上がることはなくなりました。
何となく気まずくなって別れてしまいました。