14歳になる息子の康雄が私の使用済みの汚パンティでオナニーをしているのに気づいたんです。

私は数年前に夫と離婚し、それから母子家庭になりました。
幸い結婚後も夫婦共働きで夫よりも私の方が稼ぎが多かったので経済的にそこまで困ることもなく生活していました。

毎朝、起き抜けに洗濯物を洗濯機に入れ、それから朝食を作ります。
その日も何気なく洗濯物を入れようとして私のパンティーを触った時、違和感を覚えました。
見るとベッタリと精液が付いているのに気付きました。
私はすぐに息子が私の汚パンティを使ってオナニーしたとわかりました。
でも私は・・・怒りも嫌悪も感じませんでした。
息子もそういう年齢になったんだと変におかしかったのです。
そして、私の使用済みの汚パンティでオナニーしている息子が可愛く思え、同時に女としての自信が芽生えたんです。

それからは洗濯するたびに使用済みの下着をチェックしました。
毎日のように息子のザーメンが付いているんです。
あたかも『ママは僕のものだ!』って印をつけるようにザーメンが付着しているんです。
汚パンティに息子のザーメンが付いているたびに私は、息子を愛おしく思うようになりました。

そして私はある事を計画したんです。
夜の12時頃、康雄が2階の部屋から下りてくるのを私はドキドキしながら待ちました。
康雄は脱衣所に入ると私のブラジャーを手にとって頬擦りを始めました。
時々小さな声で「ママ」と何か呟きながら私のブラジャーに吸い付いているのです。

うちの脱衣所はリビングを挟んで寝室と向かいあっています。
私はドアを完全には閉めず待っていたのです。
ドアを小さく開けて覗いていると康雄は舐めるのです。
ブラジャーの内側、つまり私の乳房を覆っている側をベロベロと美味しそうに舐めています。
いつしか私は自分の乳房を息子に舐められているような気がして両手で乳房を揉みしだいていました。
そして息子は私のオリモノだらけの汚パンティーを広げると匂いを嗅ぎ舐め始め、妙な動きをし始めたのです。
明らかにオナニーでしたが、テーブルや椅子が邪魔して見えません!

やがて康雄は自分の部屋に帰って行きました。
すぐに私は脱衣所に行き、私の汚パンティーを見ました。
そこには康雄の精液が溢れていました。
私は私のパンティーに付着したそれを舐めしゃぶりながら自分で自分自身を激しく慰めていました。
何年ぶりかのオナニーでした。

その日から私の中で妄想が始まりました。
それは息子の康雄と母子相姦するエッチな夢です。
夢の中で私は康雄に無理やりちんぽをしゃぶらされ、精液を飲まされます。
息子は抵抗する私を縛り上げ、おまんこを犯し、何度も何度も突き入れて私の子宮に精を浴びせるのです。
萎えることのない息子の責めに、ついに私は、「いいっ、もう来て!おまんこ溶けちゃうー、だめ、だめ」とよがり、絶叫しているんです。
またあるときは、私が台所で家事をしていると息子が後ろから優しく抱き締め、私の唇を貪りながら服を脱がし、バックから私を犯して歓喜の声をあげさせるのです。

妄想は止まりません。
裸で犬のように首輪をされ、ちんぽを咥えさせられ、康雄の動きに合わせて部屋中を這い調教されている私。
康雄が後ろに下がれば前に、右に動けば左にと、ちんぽを咥えて這い回り、奴隷として扱われるんです。
時々いたずらして早い動きでちんぽを離そうとしますが、私は離すまいと必死に咥えています。
離れてしまうと、靴べらで私の尻を容赦なく叩くのです。
私は痛みに耐えながら康雄のちんぽにむしゃぶりつきます。
ちんぽを咥えている間は叩かれないのです。
そんなSMプレイを何度か繰り返し、最後、康雄が私の口の中に精を放つ時に、私も一緒に同時イキするんです。

そうやって毎日、息子との母子相姦を夢想してオナニーしている淫乱な母親なんです。