この前の日曜日に課長から、「急ぎでワープロを頼みたい」と電話で呼び出され、昼から出勤しました。
9時過ぎまでかかってやっと終わらせ、帰ろうと廊下へ出た時、いきなり背後から羽交い絞めにされました。
びっくりして思わず悲鳴をあげましたが、他に誰もおらず、そのまま引きずられるようにして応接室まで連れて行かれました。
ソファに押し倒され、課長が私の体に馬乗りになってきました。
怖くてポロポロ泣きながら必死で抵抗していると、課長は私の両手首を掴み、万歳をさせた状態でおもちゃの手錠をかけました。
起き上がることすらできず、されるがままになるしかありませんでした。

課長は私のTシャツを捲り上げて背中のブラのホックを外し、ブラを上に押し退けました。
そして露わになった乳房に顔を埋めてきました。
乳首に吸い付かれた瞬間、全身に悪寒が走り、吐き気まで催しました。
課長の下半身が下腹部に密着していて、すでに硬く大きくなっているのがはっきりと伝わってきました。

片方の乳房を揉まれながら、もう片方の乳首を強弱をつけて吸われ、甘噛みされ、舌先で転がされて・・・。
しつこく乳首ばかりを攻められているうちに体の奥の方が熱く疼き始めてきて・・・。
犯されているのに、私は感じ始めていました。
声を出すまいと必死に堪えていましたが、我慢できずに腰が浮いてしまい、自ら課長に押し付けるような格好になってしまいました。

「感じてきたか」

すかさず課長が私の耳元に囁き、悔しくて顔を背けました。
涙が止まりませんでした。
課長は一旦体を起こし、私のジーンズのボタンを外してパンティと一緒にずり下ろし、足首から抜き取りました。
太ももを撫で回し、繁みの中に指をこじ入れてきました。
指がヌルヌルと割れ目を滑らかに上下すると、痺れるような快感が足の先まで広がりました。
まるで「もっと、もっと」と言うように腰がせり上がり、課長の指に押し付けていました。

「糸引いてるぞ」

課長はわざと私の愛液を絡めた指を目の前に見せ付けました。
私の体を起こしてソファーに座らせると、課長は床に座り込み、私の両脚を左右いっぱいに広げ、全開になった秘所に息がかかるくらい顔を近づけました。

「いや・・・やめて・・・」

こんな明るいところで、彼氏にもマジマジと見せたことがありません。
恥ずかしくて何度も脚を閉じようとしましたが、課長に足首をがっちり押さえられていました。

「ぱっくりと口を広げてヨダレを垂らしてるぞ。いやらしい女だな」

会社でこんな恥ずかしい格好をさせられていることに興奮を覚えていました。
見られているだけなのに、奥から次々と愛液が溢れてくるのです。
課長は舌で愛液をすくい、ジュルジュル音を立てながら吸い、指でクリトリスを剥き出しにして、舌で円を描くようにペロペロと舐め回しました。

「ああっ・・・んっ・・・ああん・・・」

彼氏とは比べものにならないような巧みな舌使いに、私はあっという間に絶頂を迎え、気がつけば自分から腰を前後に揺すっていました。

「オマンコがヒクヒクしてるよ、またオツユが流れてきた」

課長は私の呼吸が落ち着くのを待って、再び顔を埋めてきました。
今度は指でクリトリスを弄りながら、中に舌をねじ込ませての出し入れです。
舌のザラザラした感触がたまりません。

「いやあっ・・・だめぇ・・・ああっ・・・」

私は両ももで課長の顔を挟みつけ、体が硬直したかと思うと再び腰を激しく揺すりながら達していました。

「またイッたのか、いやらしい体だ」

課長は息を乱している私の唇を吸いながら中に指を差し入れてきました。

「ううっ・・・んんんっ・・・」

指で中を掻き回され、2、3度ピストンされただけで、また頭の中が真っ白になり、唇を吸われたまま体がガクガクと痙攣しました。

私は脚を広げたままぐったりとソファにもたれかかり、ズボンを下ろす課長の姿をぼんやりと見ていましたが、現われた課長のペニスに思わず目を見張りました。
今まで見たことのないような長さとと太さで、先端からは液体が滴って黒光りしていました。
課長は床に膝をつき、私の体勢をそのままにして、ゆっくり中へ突き立ててきました。
それはメリメリと肉ヒダをこじ開けて進み、お腹に当たっているような錯覚を覚えるほど奥深くまで達しました。
急に激しいピストンが始まり、私は悶絶しました。
課長は朦朧としている私を立たせると、ソファに手を突いて尻を突き出させ、バックから挿入しました。
クリトリスと乳首を弄られながらのピストンに、私も課長の体に狂ったように尻を打ち付けながら、また絶頂の波にさらわれました。
息も絶え絶えになり、もう声も出ませんでした。
崩れそうになった私の腰を抱え、課長のピストンはまだまだ続きました。
そのままもう一度、私はイッてしまい、課長のピストンがさらに速くなったかと思うと、背中に熱い精液を放出されました。

2人ともソファに倒れこみ、しばらくぐったりとしていました。
手錠が外され、両方の手首に深く食い込んだ痕が残り、それまでは全然気にならなかったのですが、ヒリヒリと痛むことに気付きました。
ソファーにはべっとりと2人が出した体液が付着していました。