長年付き合った友達に、めでたく彼女ができてから数年。
こっちが呆れてしまうほどのバカップルになってしまった。
仲間内で下ネタになると、待ってましたとばかりにそいつは彼女とのセックスについて語りだした。
それを聞きながら、俺は自分の彼女とのセックスについて見直したりした。
あるとき、そいつが自分の計画をしゃべりだした。

1.彼女の部屋に遊びに行く。
2.ビデオを仕掛ける。
3.セックスをする。
4.後日また遊びに行き、ビデオを回収する。

なぜそんな計画を思いついたかは知らんが、そいつが嬉しそうに話すから、「ふぅーん」とだけ相槌を打ち、「まぁがんばれ」と声を掛けて、その日は終わった。
冗談だろうなと思っていた、その日は。

数週間経ったとき、そいつが学校終わりに、「ビデオ観たい?」と言ってきた。
俺は、そいつについて行った。
両親は家にいなく、幸い妹もいないというまさに夢のような状況の中、そいつは嬉しそうにビデオを再生し始めた。

「さぁ、何が映ってるかな~」

そいつがボソッと言った。
まさかとは思ったが、そのまさか、そいつが仕掛けたビデオだった。

画面には、まずどこかの部屋が映った。
白を基調とした部屋で、綺麗に整頓されていた。
白い低めのタンスの上には2ショット写真が置かれていて、よく見えなかったがたぶんそいつとそいつの彼女のだろう。
そしてその左横には、そいつらがいつもいちゃいちゃしているベッドがあった。
これも白。

最初に画面に映った人物は、そいつの彼女だった。

「疲れたね~」と言い、スラッと伸びた足を斜めにしてベッドに座っていた。
少しだけパンツが見えた。

(見せパンか?)

彼女が、「◯◯~座らないのー?」と呼ぶと、ガタガタと音が聞こえた。
そして友達が登場。
彼女と並ぶように座り、甘え始めた。
最初は普通に俺らの前でやっているようないちゃいちゃぶりだったが、どんどんセックスモードに突入していった。
チュっとキスをしただけなのに、彼女の顔は真っ赤。
ちなみに俺の横では友達が解説を交えながら実況してた。

(アホか、こいつは・・・)

だんだんディープキスになっていって、それは長かった。
5分近くはやっていただろうか。
友達の手が少しずつ彼女の服の下に。
彼女は、「ん!」と気づいたようだった。
胸に到達したのか、友達はとりあえず揉んでいた。

キスをやめ、ある程度の距離を置いた友達はブラを外し、服を上にあげて左手で右胸を揉み、左の乳首は口に咥えていた。

「あ・・・」

少しずつではあるが、彼女は声を出し始め、恥ずかしいのか両手で顔を覆っていた。
友達は舌を使って乳首を転がしていた。

彼女「ふぅん!あ・・・はぁん!」

友達「気持ちいい?」

このとき、友達の右手がどこにあるのか、こっちからは見えなかった。
友達曰く、太ももを撫でていたそうだ。

今度は2人の頭が右に、つまり友達の右手が今どこにあるか分かる向きになった。
友達の右手はスカートの中へ。
パンツを先に脱がし、どっかに投げた。
彼女は自分から足を開く。
このとき彼女は万歳するような格好。
友達は左手はベッドにつき、口は彼女の首筋。
友達は長い指で彼女のマンコを弄っていた。
鮮明には見れなかったけど、彼女の喘ぎ声は一定に。

彼女「あ!・・・はぁん!あ!!うん・・・ううん。あはぁん!あ!ダメ!指・・・うん!止めはぁん!て・・・!!!!あぁ!」

友達「気持ちよくないの?じゃあ、もっと激しくしてやるよ・・・」

部屋にはクチュクチュという音が響き渡って、彼女のエッチな声にも興奮した。

彼女「ちが!うん!はぁん!お願ああぁ!!い・・・はぁん!うん!あああぁぁぁん!ダ・・・あぁあっぁ!指ああはああはあぁぁぁん!とめ・・・いや!あぁぁ!イク!やめ!ああぁぁぁ!イッちゃうー!!あぁぁぁぁんあ!あぁ!!!!」

彼女はピクッとしてイッた。
荒い息遣いが聞こえてくる。
彼女はベッドに横たわり、相変わらず万歳&自己開脚をしていた。