家内は、娘のまなみが13歳の時に乳ガンで亡くなった。
まなみのことを俺はいつも、「まなちゃん」って呼んでいる。
葬儀が終わった晩、風呂に入ってるときだった。

娘「パパ」

俺「なに?」

娘「まなみがパパの奥さんになるからね」

俺「ありがとうね、まなちゃんは優しいね」

娘「だから、こんなこともしてあげるよ」

そう言うと、まなみはチンポを握ってきた。

俺「まなちゃん、ダメだよ」

娘「ママだって病気になる前はやってたでしょ」

俺「見てたの?」

娘「ママの声、大きかったから」

確かに家内の喘ぎ声はデカかった。

俺「そうだね、でもダメだよ」

まなみは泣き出した。

娘「なんで?まなみがパパの奥さんになるからって言ったのに・・・」

俺はまなみを抱き締めた。

俺「まなちゃんわかったよ。まなちゃんもママがいなくなって辛いよね」

2人で風呂からあがり、バスタオル巻いて寝室に行った。
俺は娘だということを忘れて、キスから始めた。

娘「パパ大好き」

俺「パパもまなちゃんのことが大好きだよ」

小さいおっぱいを舐めた。

娘「パパ、こちょばしい」

俺「そうか」

ゆっくり下に移動して、まなみのツルツルのあそこに興奮してしゃぶりついた。

俺「あーまなちゃんのお尻、美味しいよ」

まなみの鼻息が荒くなってきた。

娘「パパ」

俺「うん?なに?」

娘「ママがよく、『気持ちいい』って言ってたけど、このことだったんだね?」

俺「まなちゃんも気持ちいい?」

娘「うん、気持ちいい」

俺「じゃあ、パパも気持ちよくして欲しいなぁ」

娘「あ、ママもパパのチンチンを舐めてたよね」

俺「うん。気持ちよくしてくれる?」

娘「うん」

俺が横になり、まなみは舐め始めた。

俺「お~、気持ちいいよ」

娘「ママ、こうやってたよね?」

まなみが激しくしゃぶってきた。

俺「お~そうだよ、まなちゃん、パパの上に乗っかってパパの方にお尻を向けて」

娘「うん」

まなみと舐めあった。
俺は我慢出来ずにまなみを寝かした。

俺「まなちゃん、これからパパがすることはきっと痛いけど、我慢出来る?」

娘「うん、パパの奥さんだから我慢する」

俺「よし」

まなみのまんこに押し付けたらちょっとだけ入った。
まなみを見たら痛がってる。

俺「まなちゃん大丈夫?痛い?」

まなみは首を横に振った。
強めに押し込んだら、まなみは泣き出した。

俺「やっぱり痛いよね?」

娘「大丈夫」

俺は入れたまま少し休んだ。

俺「まなちゃんは我慢強いなぁ、えらいぞ」

しばらくして、またゆっくり動いて、俺はまなみの中で果てた。

俺「まなちゃん、よく頑張ったね」

まなみが抱きついてきた」

俺「よしよし」

娘「痛かったけど頑張ったよ」

俺「えらいなぁ、まなちゃんは」

娘「うん」

俺「続けたら気持ちよくなるからね」

娘「うん」

その日は一緒に裸で寝た。
まなみは朝までチンポ握ったままだった。
朝、起きたら、もうまなみは起きていた。

俺「おはよう」

娘「パパ、おはよう」

俺「大丈夫?」

娘「まだあそこがヒリヒリする」

俺「そうか」

娘「学校いつから行っていいの?」

俺「来週からかな」

娘「パパは?」

俺「パパも来週から仕事だよ」

娘「じゃあ今週はゆっくりパパといられるね」

俺「そうだね」

2人で家内に朝の挨拶をした。
心の中で謝った。

娘「パパ」

俺「なに?」

娘「昨日の続きをしよう?」

俺「いいけど。パパは午前中に済ませておきたい手続きがあるから、帰って来てからね」

娘「まなみも行く」

2人で出かけた。
お昼を食べて帰ってきた。

娘「パパ、早く!」

俺「わかったわかった」

2人で風呂に入り、裸のまま寝室に行った。
まなみのまんこを舐めた。

娘「パパ、気持ちいい」

まなみにエロDVDを観せた。

娘「わーすごい。ママみたい」

まなみは夢中になって見てた。
それから家内と使ってたバイブを出して、まなみのまんこに突っ込んだ。

娘「これ、なに?」

俺「バイブって言って、チンチンの代わりだよ」

娘「パパのチンチンのほうがいい」

構わず俺はバイブでいじめた。

娘「あーん、痛いよ、パパ」

俺「これ、ママも使ってたんだよ」

娘「でも、パパのチンチンがいい」

俺「わかったよ」

バイブを抜いてチンチンを入れた。

娘「あーパパのチンチンだぁ」

俺は激しく動いた。

娘「あーん、気持ちいい」

俺「もう痛くないか?」

娘「うん」

俺は一段と激しくした。
画面にはバックで突かれて喘いでいる女が映っていた。
俺もまなみを後ろ向きにして激しく突いた。

娘「パパ、あーんあーん、気持ちいい」

俺は限界に来て、正常位でまなみの中に果てた。

娘「パパ、すごい」

まなみに舐めてキレイにしてもらった。
それからオナニーの仕方も教え込んで、3回した。
少し疲れて、いつの間にか寝てしまった。

娘「パパ」

俺「うーん?」

娘「お腹が空いた」

俺「何時?」

娘「もう7時過ぎてるよ」

冷蔵庫を見たら何も入ってなかったので、コンビニで弁当を買ってきて食べた。
スマホを見たら、家内の親から何度も電話が来ていた。
かけ直して、「カバンに入れたままでした」と誤魔化した。
話は娘のことだった。
家内の親が引き取るとか言ったが、断った。

娘「ジイジイ、なんだって?」

俺「まなちゃんをジイジイ達が育てるって」

娘「パパと離れるの嫌だ」

俺「断ったよ」

娘「嬉しい」

家内の四十九日が終わった頃には、すっかりまなみはセックスの快感を覚えていた。
そしてまなみが中1の夏休みに生理が始まった。

娘「パパ、なんで中に出さないの?」

俺「生理が来たでしょ?中で出したら赤ちゃんが出来ちゃうからね」

娘「パパの赤ちゃん欲しい」

俺「そうしたら、まなちゃんと住めなくなるよ」

娘「そんなの嫌だぁ」

俺「パパも嫌だから、中には出さないよ」

娘「うん」

それでも、計算して安全な日は中に出した。
まなみが高校2年の時に妊娠した。
体調不良ということで退学させ、俺も仕事を辞め、家は売り払い、知り合いがいない街に引っ越した。
背が高く大人びたまなみは高校生には見えなかった。
女の赤ちゃんが生まれ、俺の養子にした。

今、まなみは医学部の2年生だ。
学業に忙しくて回数は減ったが、今も娘とセックスしています。