購入した中古住宅の裏手にはアダルト小屋が存在した。
そこを訪れる客が我が家を覗いていることを知った私は、異常な興奮を覚えてしまった。
妻の下着は盗まれ、入浴中も覗かれた上に夫婦のSEXまで・・・。
妻はそんな事とも知らず、毎日を平凡に送っていました。

ある夜、私が脱衣場で着替えを始め、洗濯機の中へ目をやると妻の脱ぎたての下着が見えました。
なんだか興奮が湧き上がり、ついつい下着に手を伸ばして広げて見ると、アソコの部分に薄っすらと黄ばみが出来ていた。

(もしこれを小屋に持って行ったら・・・誰かがこれでオナニーをするんだろうなぁ)

思わず想像してしまった。
風呂から出た私は、妻の使用後の下着を手に脱衣場を出た。
妻はすでに奥の寝室に行ったようで姿がなかった。

私は妻の下着を手に家の裏口を出てアダルト小屋へと足を運んだ。
誰もいない小屋の中で、私は興奮しながら妻の下着を広げ、壁に掛けて、自宅へと戻った。
酒を飲みながら時間が経つのを待ち、1時間ほど過ぎた頃にもう一度小屋に向かうと、妻の下着はすでに無かった。

(今、見知らぬ誰かが妻の生下着の匂いを嗅ぎ、オナニーに耽っている・・・)

そう思うと興奮した。

それから数日に1回、妻の下着を盗んでは小屋の中に掛けるようになった。
さすがに妻も、「もう、またなくなってる!」と盗まれた下着を気にし始めたのでやめた。
それからしばらくして、妻がエッチな気分の時に、「アダルト小屋に行ってみるか?」と声を掛けてみたんです。

「ん~、行って見たいけど・・・1人じゃ怖いし・・・」

「俺も一緒に行くよ」

「じゃあいいよ!行ってみよう」

ノリノリの妻に「薄手のワンピースだけ着て欲しい(下着無し)」とお願いしてみると・・・。

「誰か来るんじゃない?大丈夫かなぁ!」

「何も着けないわけじゃないし・・・」

「そうだよね」

天然な妻は何も警戒することもなく了承。
2人で裏のアダルト小屋に向かいました。
小屋には客はなく、妻はエッチなDVDや下着、大人の玩具が入った自動販売機に興味津々。

「こんなのまで売ってるんだ・・・凄いね」

「これなんかどうだ?凄い太くて気持ちいいんじゃないか?」

「え~、こんな太いの入らないわ・・・結構高いのね」

小屋の外に人気を感じ、私は妻を残して小屋を出ました。
私と入れ替わるように中に入って行ったのは50代後半の男性で、まさにエロオヤジといった風貌でした。
彼も小屋の中に30代の女性がいると思わなかった様子で、驚きの表情を浮かべると同時にエロい視線を妻に送っていました。
蛍光灯で照らされた妻のワンピースは透けて、体のラインをはじめ、乳首やアソコの毛まで黒ずんで見えるほどでした。

「うわ~、この人こんなに縛られて・・・凄いわ・・・ねえ、あなた聞いてる?」

後ろを振り向いた妻が見知らぬ男性に驚き、「きゃっ」と声を出しました。

「すみません!主人と間違って・・・」
「こういうの好きなんですか?」

「いえ!違うんです!」
「僕のことは気にしないで、ゆっくり見て行って下さい」

そう言うと男性は妻を舐め回すように見ていました。
妻も気が動転したのか、その場に立ち尽くしたまま自動販売機を見つめていました。
男性は妻の脇にしゃがみ込み、下の方の品物を見始めたと思うと、隣に立つ妻の生足へと視線を移し、ニヤニヤしながら視線を上へと向け始めたんです。
男性の目の高さと並ぶようにスカートの裾があったので、その角度では中が見えないんでしょう。
男性は姿勢を下げてスカートの中を覗き込もうとしていました。
そんな男性の姿に異常な興奮が湧き上がり、私の股間は最高潮に高まりを見せていました。

「まだ見てたのか?ホント好きなんだから」
「あなた!急にいなくなるから・・・」

「オシッコしてたんだよ」
「もう帰ろう」

「で、いいのあった?今日はどれにする?」

そう言いながら妻の腰に手を回し、後ろから抱きつくようにしながら股間を妻のお尻へと押し付けたんです。

「ちょっと人がいるのよ!」

「いいじゃないか?お前だって興奮しているんだろう」

隣にしゃがんでいる男性が唾を飲む音が聞こえました。

(妻も満更ではないいはず・・・)

そう思い、私は妻の腰に手を当てながらスカートの生地を少しずつ上に引き上げていったんです。
男性も妻のスカートの裾が持ち上がるのが分かったようで、チラチラと妻の生足を見ていました。
私の興奮はますます高まりを見せ、妻に気づかれないように抱き締めながら裾を大きく上に捲ったんです。
男性も妻の生足に興奮したことでしょう!
私の存在を気にしながらも、視線を妻のスカートの中へと送り込んで行ったんです。
生マンコが見えたんでしょうか?
男性の反応からはハッキリとは分かりません。
ただ、抱き締められている妻も男性の視線に興奮して鼓動を高めていることは分かりました。
もう興奮を抑えられなくなった私は、見知らぬ中年男性の前で妻の唇を奪い、両手で胸を鷲掴みしたんです。

「あぁ~ん!あなた・・・」

囁くような声を上げた妻も、興奮で抵抗すら出来ない状況だったんだと思います。
しゃがみ込んだ男性も私達の行為に呆気に取られている感じで、ただ私達の成り行きを見上げているだけでした。
妻を振り向かせ、抱き合うような格好でディープキスを楽しみながら私の両手はお尻へ。
男性の目の前で豊満な妻のお尻を揉んでみせました。
驚きの表情を浮かべる男性。
そのまま妻のお尻を揉みながらスカート生地を思いっきり持ち上げ、下半身を剥き出しにさせました。

「あなた!ダメ・・・」

男性も目の前に現れた妻の生尻に驚き、尻餅をついてしまいました。
私は男性に見せつけるように妻のお尻を両手で掴み、大きく開いてマンコを見せつけました。
クチャクチャと音を立てるマンコからは大量の汁が溢れていたことでしょう。
でも、私のイタズラはそこまで。
今にも妻のマンコへ舌を這わせようとしていた男性を残し、妻の手を引いて小屋の外へと飛び出しました。
暗闇に消えた私達を男性はポカ~ンとした表情で見ていました。

自宅の玄関に入ると妻のワンピースを脱がせ、すぐさまマンコへ舌を這わせました。
そして怒り狂った肉棒を挿し込んだんです。

「ハァハァ・・・あなた・・・見られちゃったわ・・・」
「興奮していたんだろう!あのオヤジ、今晩はお前のマンコを思い出して抜くんだぞ」

「もう、変態なんだから・・・」
「この後、1人で小屋に行って来るか?」

「ヤダ!何されるか分からないわ」

玄関先で妻は絶頂を迎え、すぐに私にも限界が訪れました。
その後、風呂でも1回楽しんだ私達は、露出の余韻を味わっていました。