グッとくるエロい体験談SP

【不倫】寝たら起きない後輩OLの一番奥に本気の中出し

<スペック>
俺:28歳、田舎の金融機関勤め、妻子あり。
相手:24歳、去年、大卒で入ってきた後輩、彼氏なし。

都会の大学を卒業してるのに、まだどっか田舎くさい感じなんだけど、見た目はかなり可愛い部類に入ると思う。
ちなみに職場では入ってきたときからずっと隣の席で、一応俺が教育係ってことになってます。
で、職場では、かれこれ1年以上毎日のように顔を合わしてるわけなんだけど、俺が酒を飲まない人間なんで、飲みに誘ったりすることもなくて。
昼休みなんかに話をすれば意外と好みが似てたりして結構話は弾むんだけど、2回だけ一緒に飯食いに行ったくらいで、休みの日なんかは会ったことなし。

ちなみに俺は、職場でおっさん達がエロ話してても、面倒くさくて適当に笑って過ごしてるので、一応職場では、“草食系の愛妻家”って感じのキャラで固まってますw

話は、その子(S美)と、ちょっとした試験を受けに隣県に出張したときのことです。
試験が午前だったので、前日からビジネスホテルに泊まることになってました。
もちろん部屋は別々です。

夕方にホテルに着いてからは、それぞれ自由に適当に過ごそうってことになって、俺は本屋で時間を潰したりして、それから適当に夕飯を食ってホテルに戻りました。
S美は、田舎からせっかく出てきたということで買い物とかしてたみたい。
で、部屋に戻ってからは特に試験のために何かするでもなく、さあ風呂入って寝るかなんて考えていたんだけど、まだ外にいるS美から・・・。

「もう夕飯食べました?えっ、食べちゃったんですか?じゃあこれから少しお酒とか買って戻りますんで、どっちかの部屋で少し飲みましょうよ」

なんて電話がかかってきました。
俺が普段飲まないことは知ってるはずなんだけど、出張でお互いちょっと開放的になってるし、まあいいかって感じで了解しました。
で、以前なんかの飲みのときに、S美が大して飲めないくせに日本酒を飲んでベロベロになったって話を聞いたことがあったので、下心よりもむしろ面白そうだって思って、ホテルの外に出て適当に日本酒を買って準備しときました。

20分ほどしてS美が部屋をノックしてきて、「どっちの部屋にします?私の方でいいですか?」って聞いてきたんで、「いいよー」って言って日本酒を持って移動しました。
S美の部屋に移動してから、「そういや日本酒が好きだって聞いたことあったから、さっき買っといたんだけど」なんて言って出してみたりしつつ、俺は舐める程度に飲みながら話をしました。
で、1時間半くらい経って若干日本酒も減ってきたあたりで、普段話さないような話をするようになってきました。

「去年採用されて、Tさん(俺)と仕事するようになって、しばらく結構気になってたんですよー、話も合うし。てか、何でTさん結婚してるんですか!知ったとき結構ショックでしたよ!」

とか言われて、悪い気はしませんでした。
で、それから少しして、S美があからさまに眠そうになったので、お開きにしようかと話したところ・・・。

「Tさん無害っぽいし、一緒に手を繋いで寝ましょうよ」

とか言われたんだけど、さすがにそれはマズイだろと思って、「イヤイヤ、俺、嫁さんいるし」なんて言ったんだけど、内心はもう一緒に寝る気でいましたw

で、とりあえず、手を繋いで一緒に横になったんですが、S美は冗談抜きで眠そうでした。
どんくらいで寝るのか、手だけ繋いで体は一切触れないようにして様子を見始めたんですが、5分もしないうちに寝息が聞こえてきました。
で、とりあえず繋いでた手を離して、S美のほっぺたを突っついてみたり、唇を触ってみたりしたんですが、まったく起きる気配がなく、というかたまにをイビキかいてましたw

で、もう草食系はどこへやらで、とりあえずチューしてみました。
最初はさすがに緊張感があって軽く触れる程度だったんですが、あまりに起きる様子がないので舌を入れてみました。
S美の口の中を舌でベロンベロンしてみたりしたんですが、それでも本気で寝てました。
時間にして、たぶん2~3分くらいだと思うんですが、ベロチューして、それから口を離してS美の顔を見てみたんですが、(こんなに起きないもんなの?)ってくらい寝てるんです。

で、俺は別に草食じゃないですし、物凄い勢いでムラムラしてきまして、Tシャツの上から胸を触ってみました。
ちなみにS美の服装は、さっきホテルに戻ってきたときに着替えたらしく部屋着っぽい感じで、結構洗った感じのする白いTシャツに、タオル地っぽい緩めの雰囲気のスカートでした。
足は完全に生足。
実は飲んでる最中も、微妙に薄い緑のブラが透けていたのが、かなり気になってました。

それで、胸を触るというよりは手を置く感じで最初は様子を見てたんですけど、起きる気配はないので、Tシャツの上からしばらくお触りしてました。
当然それだけでは収まらなくなっちゃってて、Tシャツの下から手を入れて、しかもいきなりブラの下から手を差し入れて、直接触ってみました。

(思ってたより小さいな)ってのが正直な印象でした。

体型は普通~やや痩せくらいなんですが、たぶんBカップくらいだと思います。
あんまり乳首ばっかり触ると起きちゃうかなと思って、そこはほとんど触りませんでした。

で、部屋の電気は消えてるものの、ホテルの部屋の入り口のあたりの電気が点いたままだったので、結構普通に見えるくらいの明るさだったこともあって、胸をちゃんと見てみたい気持ちが湧いてきました。
寝てるS美のTシャツをちょっとずつ捲り上げていって、結構時間をかけて脇の下まで上げて、あとはささっとブラを上にずらしました。
そうしたところ、やっぱりそんなに大きくないんですけど、乳首が肌の色が白い人特有の、なんていうか色の沈みが全くない感じで、(おおっっ!)とか1人で夜中に感動してましたw

でも、(万が一起きたら、すぐにTシャツを下げれば大丈夫かな)なんて弱気に考えてたところもあって、それ以上胸を触ったり舐めたりってのはしなかったです。
それで、胸をひとしきり見たわけなんで、もちろん次は別な方も見てみたくなって、スカートをささっとお腹まで捲り上げました。
ちなみに、起きてしまったときのリカバリを考えて、胸は仕舞っときましたw

で、足をじっくり見てみたんですけど、S美って足がきれいなんですよ。
すごい細いわけじゃないんですけど、バスケやってたらしく、足首が細い割に筋肉ついてて、そういうの好みなんです。
足首を掴んでみたり、少しずつ股間に向かって触っていったりしたんですけど、例によって全く起きる気配はなく。

それでいよいよ下着のあたりを直視してみたんですけど、ブラとセットの薄い緑の下着だったんですけど、なんか面積が小さめでエロかったんですw
もうなんか頭がおかしくなりそうで、いきなり顔を股間にくっつけました。
で、鼻を擦り付けるみたいなことをしてみたりしました。

それから下着を脇にずらして、穴のあたりを指で弄ったりしてから、少しずつ中指を入れていきました。
微妙に湿ってはいたものの、指を入れたら結構キツくて!
その時点で(絶対やったる!)みたいな感じになってて、起きちゃったら起きちゃったで、もう気にしないみたいな気持ちになってたように思います。

たぶん微妙に酒を飲んじゃってたのもあったんだと思います。
指が入った状態のS美を見ていたら、あまりに反応がないこともあって、少し萎えちゃったんです。
(何やってるんだろう?)みたいな気持ちも湧いてきてたように思います。

で、指を抜いて、(S美ごめん!)みたいな気持ちで、もう1回S美の隣に横になりました。
寝てるS美の首の下に手を入れて、もう片方の手でよっこいしょって感じでS美の体を横向きにしてチューしました。
なんかそのあたりでは、もういいかなって気持ちも湧いてきてたように思います。
それで、ある意味ちょっと美味しい思い出を作って、その辺で終われば良かったんでしょうけど・・・。

そのとき小さなミラクルが起きまして、S美が寝返りとまではいかないですが、横向きのところから、若干こっち側に倒れこんできたんです。
で、俺の上に7割くらいS美が乗っかったような体勢になりました。
非常に苦しかったので、またまたよっこいしょとS美を完全にうつ伏せ状態にさせて俺の上に乗っけました。
しばらくはどうしたもんかと考えていたんですが、また沸々とさっきの欲望が出てきて、何もしてないのにMAX状態になってる俺がいました。
で、S美のスカートを捲って下着の上から尻を触ったり、尻の方から股間を触ったりして。
それから思い切って、S美の足を片方ずつ、結構な時間をかけて少しずつ曲げていって、俺の上に両足を曲げた状態で乗っかった体勢に持っていきました。

わかりにくかったらごめん。
要するに、騎乗位の女の上半身が倒れこんだみたいな体勢です。
ちなみに、うつ伏せで俺の上に乗っかった状態から、その体勢に持っていくのに20分くらいかかったように思います。
しかも、ほとんど身動き取れない感じのとこで無理やり動いてるので超汗だくでしたw

で、俺はS美の下にいるまま少しずつ腰を浮かして、自分のジーンズと下着をまとめて脱いでいきました。
ここが一番しんどくて、自分の腰の下に手を入れてちょっと脱いで、次はS美の足の隙間からジーンズをちょっと脱いで・・・って感じの繰り返しで、ちょっとずつ脱いでいきました。
これも20分くらいかかったように思います。
こんなことしてるうちに窓の外が少し明るくなってきてました。
たぶん午前3時近くとかだったと思います。
次の日は試験なのにw

S美を上に乗っけた状態で、何とか下を全部脱いで、俺のチンコの裏筋の上にS美の股間が乗っかるような状態にしました。
その状態で軽く腰を動かして下着越しに擦りつけてみたんですけど、なんていうか、やっちゃいけないことやってるような感じとか、やろうと思えばいつでもS美の中に入れられる状態だってこととか、色んなことが頭を巡って、入れる前にもうイキそうなくらいでした。
S美は相変わらず俺の上で寝息を立てて寝てるんですが、まさかここまで起きないとは思ってなくて、(ここまで来たら起こさないように最後までやっちゃおう)みたいな気持ちになってました。

で、S美の尻を押さえてた手を俺の体とS美の体の間に入れて、右手でチンコを押さえて、左手で下着を右から左にずらして、いよいよ入れちゃうことにしました。
体勢的に全然見えないので、チンコを下着をずらしたあたりに擦っていって、穴を探す感じになりました。
S美のが湿ってるのと我慢汁とで、もう楽勝で入るだろってくらいヌルヌルになってました。

いよいよ穴のあたりにチンコの先が触れたので、少し腰を浮かせて、ぐっぐって感じで入れていきました。
最初はやっぱり結構キツかったんですけど、亀頭がほとんど入っちゃったあたりからはあっさりと、ヌルッって感じで全部入っちゃいました。
で、そのとき1回だけ、S美が、「んんっ」みたいな感じで声というか息を吐き出しました。
別に早漏じゃないんですけど、その瞬間、もう本気でイキそうになっちゃって、必死でこらえてしばらく動かないでいました。
で、さすがに気付いたかなとか思って、とりあえず誤魔化す感じでS美の尻と背中に手を回して、結構強く押さえつけて体を密着させました。
今にして思えば、ぎゅっと抱けば落ち着くんじゃないかと思ったんだと思います。

で、そのまままた様子を見たんですが、また寝息が聞こえてきたので、また再開することにしました。
ゆっくり腰を引いて、そこからまた密着させてっていう感じで、下から突く感じで動きました。
10分くらいそんな感じで楽しんでたと思います。
で、動いてるうちに、密着させるときの突く動きが自然と激しくなってきちゃって。
そしたらさすがに腰を動かすタイミングに合わせて、S美が「んっ」みたいな感じで、また声というか息を吐き出すようになりました。
はっきり声を出したわけじゃないので起きてるのか寝てるのかはっきりしなかったんですが、もうそこからは完全に止まらなくなっちゃって、尻のあたりに回してた手をS美の背中に回して、ブラのホックを外しました。
そして、その手を半ば無理やり俺とS美の体の間に入れて、無理やりTシャツを捲りあげて、S美の可愛いおっぱいを掴んで、親指と人差し指と中指で乳首を弄り回しながら思いっきり腰を動かしました。

あっという間に、ものすごい射精感が押し寄せてきました。
ここ8年くらいは嫁としかしてないですし、その前も学生の頃に数人とやっただけで、そんなに経験豊富じゃないですけど、それでも今まで味わったことのないくらいでした。
胸を弄ってた手を止めてS美のほっぺたに持っていって、顔をこっちに向けさせてめちゃくちゃにベロチューしながら、もう止められなくて一番奥で中出ししました。

一応言っておくと、俺は妊娠中絶は絶対反対派なんですけど、すっかり吹っ飛んでました。
性欲って怖いです、冗談抜きで。

で、すっかり出し終わって、S美を思いっきり抱くというか押さえるというか、とにかくぎゅっとして、しばらくそのままでいました。
S美はまったく動かなくて、起きてるんだか寝てるんだかわかりませんでした。
だんだん気持ちが落ち着いてくるにつれて、めちゃめちゃやっちまった感が押し寄せてきて、(S美、さすがに気付いて怒ってるよなぁ)とか色々な気持ちが湧いてきました。

で、恐る恐るチンコを抜いて、素早く体をS美の下から抜きました。
とりあえずうつ伏せになってるS美に添い寝するみたいに並んで、尻とか背中とか腕とか、体中を撫でてました。
そんで様子を見てみると、やっぱり起きてる気配がないんですよ。
まあ起きてても寝ててももはや関係なくなってたので、また下着をずらして、ティッシュでS美の股間を拭きました。
今さら証拠隠滅じゃないですけど、結構奥の方まで拭きましたが、S美の反応はありませんでした。

で、ここまで来たら、朝まで一緒に寝て、様子を見て対処しようと思って、とりあえずパンツだけ穿いてS美の隣で寝ました。
寝る前に時間を見たら午前4時をちょっと過ぎてましたw
このままじゃ確実に寝過ごすと思ったので、携帯のアラームをセットして枕元に置くことにしました。
朝にシャワーするとしても、7時に起きれば余裕だったんですが、S美の様子が気になったので、6時にセットして眠りに就きました。

で、6時にアラームが鳴ると同時に止めて、S美の様子を見てみると、最後に見たときと同じ体勢で寝てました。
さすがに申し訳ない気持ちもあったので、体を触ったり、ほっぺた突っついたり、静かに声かけたりして、ゆっくり起こすことしました。
S美を起こしたところ、「あっ、Tさん。おはようございます~・・・」って後に若干の間があって、下着がまだ若干濡れてるのか、やっぱり股間に違和感があるらしく、すぐ気付かれました。
俺はすぐ謝ろうと思ってたんですが、なんか話が噛み合わない感じなんですよ。

「私、無理言いましたよね」

最初、そう言われたんで、そりゃあ手を繋いで寝るだけってのは無理が・・・とか思ったんですが、「本当にごめんなさい」とか逆に謝られちゃって。
俺も、「いやほんとごめん」とか「最初はそういうつもりなかったんだけど」とか言ったんですが、なんか微妙な感じで。

結局、未だにお互いきっちり話はしてないんですが、どうやらS美は、むしろ自分の方から積極的にエッチしちゃったみたいな感じに思ってるっぽいんですよ。
酒+本気寝で、本当に覚えてないみたいなんです。

「たぶん大丈夫です」とか言われたんですが、結構俺はビビって話を聞いてました。

推測ですけど、本当はS美は寝るつもりなくて、俺が酒を飲んで寝たところをちょっといたずらしてやろうくらいに思ってたみたいです。
結構エッチな下着だったのも、そのせいかもしれませんが、未確認です。

その夜の話としては、この辺で終わりになります。
その後、職場ではS美とは毎日顔を合わしてますが、隣の席なのにほとんど話さない日もあるくらいで、ちょっと残念な気もしますが、以前と何も変わってません。

後日談。
今日の話なんですけど、昼休みにわざわざ隣の席のS美から、『ちゃんと来たんで大丈夫ですよ』ってメールが来て、飯を噴き出しそうになりました。

あと、ホテルで一緒に風呂場にいたときに、「じゃあ今度はちゃんとしてみますか?」みたいな感じのことを笑顔で言われて、俺は正直嬉しかったんですが職場での自分を装っちゃってたので、「何言ってんの?それじゃ俺、浮気になっちゃうでしょ」みたいな感じのこと言っちゃったんで、終了フラグが立っちゃった感じです。

真面目な話、今日職場で、『大丈夫でした』ってメールをもらうまでは本気でビビってたので、浮気は懲りました。
俺の中でこういうのは最初で最後になると思います。
基本的にビビリですから。
ちなみに、今回の1件の影響で、嫁が寝ているところを襲うことが多くなりましたw

月別アーカイブ
18歳未満閲覧禁止
当サイトには性的な描写が含まれるアダルトサイトとなります。18歳未満の方の閲覧はご遠下さい。

また、当サイトは個人で楽しむ目的で運営しておりますが、その著作権は引用元にあります。
サイトの閲覧、リンク先のご利用は自己責任で行っていただきますようお願い致します。
その他、相互RSSやご要望等は「お問い合わせ」からお願い致します。
オススメ!怖い体験談
[鵺速]あなたの傍の怖い話
媚薬・精力剤を使ってみた
脱毛してモテようぜ!
[PR] 今!VRが熱い!!
相互RSS(エッチな体験談)
相互RSS(怖い体験談)