「お、奥さん、ヤバいですよここじゃ」

夫婦の寝室のベッドで大の字になると、全裸の仁美はパンツを取りながら・・・。

「もう大きくなってる、浮気しないでね」

硬くなった男根を握り締め、亀頭を舐め回すと口を大きく開け、ジュルッジュルッと淫靡な音を出しながら男根を深く浅く美味しそうにゆったりとバキュームフェラを始めた。

「硬くていいわ、美味しい」

「お奥さん、そんなにしたら」

「仁美と呼んで。まだイッちゃだめよ」

仁美がフェラをしながら腰を寄せてきた。
腰を掴んで引き寄せ、濡れて輝き始めた女陰に吸いついた。

「アッアアッ、久しぶり、イッイイッ」

仁美は声にならない艶声と淫靡なフェラ音を出しながら、頭を盛んに上下させて男根に吸い付いてくる。

「そんなに舐められると欲しくなっちゃう」

男根を握り締めて跨ぐと、仁美は騎乗位で、硬い男根すべてをゆっくりと味わうように咥え込んだ。

「ウッアッウウッ、イッイイッ、硬いっ」

仁美は自分から腰を上下に動かし、そしてクリトリスを擦り付けながら、「アッアアッ、イッ、イクッ」と軽く達した。
仁美の腰を掴んで下から激しく突き上げると、「アアッ、すごいっ、またイクッ、イクッ」と大きな艶声を出しながら達して体を重ねてきた。
屈曲位で足を大きく広げ、仁美の女陰深く激しく突きまくると・・・。

「アッアアッ~イクッイクッ、今日は大丈夫だから」
「仁美、中に出すよ」

「来てっ、中に中に頂戴」
「仁美、イクッ」

ドックンドックンドクッドクッドックンと仁美の女陰深く精液を注ぎ込む。

「イクイクッ、アッアア~、イックッゥ~」

大きな艶声を出しながら仰け反り、仁美は爪を立てしがみついてきた。

「全部出したよ」

体を離すとM字開脚の仁美の女陰から、注ぎ込んだばかりの精液が流れ出してきた。

「アッ、出てきた」

「いっぱい出したからな」

女陰から流れ出した精液をティッシュで拭きながら、仁美は艶やかな眼差しで甘えてくる。
可愛い人妻、家庭教師先の母親の仁美。
俺はセックスレスの解消をしてやっている。
上司の紹介で家庭教師を頼まれ、出来の悪い息子に付き合いながら、(いつか美人の奥さんと・・・)などと考えていたら、旦那の浮気とレスの相談を受けるうち、今の関係になった。

夏休みになり、バカ息子は塾の合宿、旦那は宿泊ゴルフ。
仁美を訪ね、美味しい手料理を味わわった。

「美人な奥さんの美味しい料理を味わえる旦那さんが羨ましいですよ」

「今日はゆっくりできるんでしょう?」

仁美がうなだれてきた。
引き寄せ、唇を重ねると抱きついてくる。

「今日は誰もいないわ、泊まっていって」

夫婦の寝室に移り、仁美の衣類を剥ぎ取り、張りのある乳房を揉んで舐めてキスマークをつけた。
M字開脚させた中心部に顔を埋め、たっぷりと舐め回すと淫靡な声を出し始めた。

「今度は私の番よ」

硬くなった男根を握り締め、唇と舌で嬉しそうにバキュームしていくる人妻のフェラを仁王立ちで味わった。

「今日は少し危ないの」

そう言いながらも仁美は跨がり、生の男根に腰を沈めてきた。

「ウッウウッ、久しぶりっ」

仁美に動きを任せると、気持ちよさそうに深く浅く咥え込んでくれた。

「仁美、気持ちいいよ」

「私もいいわ、もうイキそう、イクッ」

仁美の腰を掴んで下から激しく突き上げると、「ダメッ、激しくするとイッちゃう~」と抱きついてきた。
バックで仁美の腰を引き付け、肉のぶつかる音を寝室に響かせながら女陰深く激しく突き始める。

「イッ、イイッ。でも今日は危ないの、外で、外でお願い」

屈曲位になり、仁美の歓喜の艶声を聞きながらスパートをかけた。

「仁美、イクよ」

「アッアアッ、外に出してっ、外に」

「仁美、イクッ」

ドックンドックンドクッドクッと仁美の奥深くに射精を始めると、「アアッ、ダメェ~、イク~」としがみついてきた。
女陰から流れ出てくる精液を拭きながら仁美が言う。

「いっぱい出したのね。ダメッて言ったのに・・・。できちゃうかも、どうしよう?」

しばらくして仁美から、「生理が遅れている」と連絡が来た。
仁美とはゴムなしセックスを楽しみ続けていたから、いつか妊娠させてやろうと思っていた。

「妊娠したわ。あなたの子よ」

「産むのか?」

「無理よ。堕ろすわ」

めでたく息子が志望校に合格し、家庭教師も終わりである。
仁美の危険日を計算して逢うことにした。
仁美の淫靡なフェラを堪能し弄んでやった。

「外に出してよ。今日は一番危ないの」

艶声を出し続ける仁美を色んな体位で突きまくった。
仁美も終わりの時を感じ、いつもより激しく求めてきた。

「アッアアッ、すごくイイッ、イクイク、イクッ~」

「仁美、イクッ」

「ダメッ、中はダメッ、外に出して、本当に危ないの!」

構わず仁美の中に、いつものように精液をたっぷり注ぎ込んでやった。

「アアッ、ダメッ~、外ォ~、またできちゃう~、イク~!」

仁美は爪を立てながら俺にしがみつき、子宮に浴びせられる精液をしっかりと受け止めた。
仁美は流れ出てくる精液を拭きながら、「だめって言ったのに」と睨んできた。

「旦那の子ってことにしたら?」

「レスなんだから無理よ」

また仁美から、「生理が遅れてる。病院に行ってくる」と連絡が来た。
そして・・・。

「やはり妊娠したわ。またあなたの子供よ」

「産むのか?」

「無理でしょ。堕ろすしかないわ」

上司に、「ありがとうございました」と家庭教師終了の報告をした。

「知人も喜んでいたよ」
「奥さんには大変お世話になりました」

「お前、奥さんと寝たのか?」
「と、とんでもないですよ」

まさか2度も妊娠させたとは言えない。