グッとくるエロい体験談SP

【レイプ】制服を剥かれて店長に中出しされました

同級生に嵌められて万引きしました。
知らない間にカバンの中に入れられていたようで、店の人に呼び止められました。
薄情な同級生たちは帰ってしまい、私1人、連れて行かれました。
私は知らぬ存ぜぬを主張していましたが、鞄をひっくり返されて物が出てきた以上、万引きは万引きだと言われ、家と学校に電話されそうになりました。

それだけはやめてくれと懇願すると、店長は私の体をジロジロ見て、「じゃあヤラせろ」と言ってきました。
制服でもう学校はバレていたし、学校に電話されたら、たとえ相手が自分の家を知らなくても、自動的に学校から家に電話が行く。
逃げることはできませんでした。

店長はセーラー服の下に手を入れて私の胸を揉んできました。
ブラのカップをずらされて、直接乳首を弄ったりもされました。
服をたくし上げられて胸を露わにさせると、片方の胸にむしゃぶりつかれ、片方は手で触られ、もう片方の手でスカートの中を弄られました。

「オマンコ濡れてるよ。パンツに染みてる」

触られると、どんどん溢れてくるのがわかりました。
こんな状況下でも、快感を覚えた私の身体は感じていました。
下着がぐっしょり濡れるまで弄くりまわされ、喘がされて、やっと制服を剥ぎ取られたときには、秘部がひくついていました。

「ピクピクしてるね。どうして欲しい?」

私に許された言葉はひとつでした。

「オマンコに、オチンポが欲しいです・・・」

そして私は肉棒を体に受け入れました。
床に四つ這いにさせられ、後ろから貫かれ、激しく突かれました。

「あっあっぁっあぁんっはぁんっやぁあんっ」

どう聞いても、感じてる喘ぎ声にしか聞こえません。
出し入れされる肉棒は奥によく当たりました。

「万引きなんかしやがって、このっこのっこのっ」

「あぁっ、ごめんなさぁいぃ、ンアァッ」

「この淫乱中学生がっ、腰まで振りやがって」

肉棒を入れられながら、お尻を叩かれました。

パァンパァンッ!

「お前、叩くと中が締まるゼ。Mだな。デカパイでパイパンでマゾで淫乱。期待してたんだろ?万引きして犯されるのを。どうなんだ!」

「いやぁんっ、違います違いますぅ、あはぁっ」

説得力なんてありませんでした。
感じて腰を振って、巨乳を揺らしながら喘いでいる私が、何をどう否定しても無意味でした。
店長はまた激しく腰を打ち付けてきました。

「中に出すぞッ!奥に出すぞッ!お前のマンコが締まって抜けないからなっ。お前が俺の子種汁を求めたんだからな。さぁ出すぞ、出るぞ!」

「ヤァッ、ダメェっ、出さないでぇ」

まだ生理は来ていませんでした。
だから中に出されても問題はありませんでしたが、知らない、しかも好きでもない男の精液を体に注がれるのは嫌でした。
しかし、抵抗は無駄でした。
私に抱きついて、店長は出せるだけの精液をすべて私の中に注ぎ込みました。
出している間も店長は肉棒を動かしていました。
注がれる精液の温かさを感じて、それだけでイキそうになっている自分の体を呪いました。

月別アーカイブ
18歳未満閲覧禁止
当サイトには性的な描写が含まれるアダルトサイトとなります。18歳未満の方の閲覧はご遠下さい。

また、当サイトは個人で楽しむ目的で運営しておりますが、その著作権は引用元にあります。
サイトの閲覧、リンク先のご利用は自己責任で行っていただきますようお願い致します。
その他、相互RSSやご要望等は「お問い合わせ」からお願い致します。
オススメ!怖い体験談
[鵺速]あなたの傍の怖い話
媚薬・精力剤を使ってみた
脱毛してモテようぜ!
[PR] 今!VRが熱い!!
相互RSS(エッチな体験談)
相互RSS(怖い体験談)