中1の頃の話です。
発育が良くて、ませていた私は、父親の隠していたエロ本を読んでオナニーを覚えました。
セックスの意味もわからないままに処女を失ったのは放課後の教室でした。

その日、私は教室で憧れの先生の使っている極太のマジックでおまんこをズボズボしながら胸を弄っていました。
それ以来オナニーの虜になった私は、授業中や下校途中にも見境いなくクリを弄ったりしてました。
ただ、そうすると気持ちいいというのを知っていただけでだけで、セックスのことはまるで知らなかったのです。

そんな私がセックスを知ったのはある土曜日の下校途中のこと。
私の住んでいた地域は真昼間でも人っ子一人通らないなんてこともざらでした。
その男の人に声を掛けられたのは、自宅まであと10数メートル。
その角を曲がれば自宅が見えるという位置でした。
といっても、うちは当時共働きで家には誰もおらず、どっちみち助けを求めることも出来なかったのですが・・・。

車に乗ったその男は喪服を着ていました。
私の横に車を停めると窓を開けて、火葬場への道を聞いてきました。
自宅から車で10分ほどのところに火葬場があったのです。
実際に行ったことはないものの、火葬場への道順を示す看板があったので、場所は知っていました。
しかし、子供のこと、詳しい説明などできるはずもなく、「あっちのほう」と指で指し示したのでした。

男は「ここからどれくらい?」などとさらに説明を求めましたが、私にわかるはずもなく困惑していると、いきなり胸を鷲掴みにしてきました。
中1とはいえ発育の良かった私は、もうブラジャーが必要なくらい胸の膨らみがありました。
しかし同級生でブラをしている人はまだ少なく、恥ずかしかったのでしてませんでした。
男は服の下から手を入れて私の胸を直に揉み、鼻息も荒く、「いい胸だね~」などと言ってきます。
オナニー経験は多いものの、セックス・・・特に男の人のことは何も知らない私はパニックになってしまいました。

男は、「車に乗って案内してくれ」と言ってきました。
ちゃんと道を知らない私に案内などできるわけもなかったのですが、混乱していたこともあって誘われるままに車に乗ってしまったのです。
男は私の案内など聞かずに車を走らせました。
自宅のすぐ近くにはちょっとした山があります。
近所の人が犬の散歩などをする公園がありますが、その奥は墓地で、普段人は立ち入りません。

男は人通りの少ない山の陰に車を停めると私の服を脱がせました。
全裸にされた私は何をされるのかわからず、ただ恐怖に怯えていました。
男はよほど私の胸がお気に召したらしく執拗に揉んできました。
まだしこりの残る幼い胸は、強く揉まれると痛いだけでちっとも気持ちよくありません。
男はそれを理解したのか、今度はクリを弄ってきました。
オナニーで開発され尽くしたそこは、少しの愛撫で簡単に蜜を溢れさせてきました。

「エッチな子だね」

男は助手席のシートを倒して私に覆いかぶさると、あそこを舐め回してきました。
初めて感じる自分以外の指の感触・・・何より舌での刺激は衝撃でした。
電気が走るような快感を覚えました。
オナニーの時には声を噛み殺していた私でしたが、気持ちいいと声が出るということを始めて知りました。
その気持ちよさはオナニーの比ではなく、何度かイッたと思います。

あまりの気持ちよさに呆然となった私に男が再び覆いかぶさってきました。
大きくなったモノを私の性器に当てました。
意味がわからず動けないでいると、一気に男は貫いてきました。
男のモノは、もちろん極太マジックよりもさらに極太でしたが、不思議なことに痛みはありませんでした。
ただ圧迫感がひどく強くて、痛いというより苦しくて何かがこみ上げてくるような感覚でした。
男が腰を動かすたびに内臓が口から飛び出てそうで、私は必死に耐えていました。

何分経ったのか・・・そのうち男は「うっ」と呻くと、熱いモノを私の中に注ぎ込みました。
しかし私の中のモノは大きなままで、男は私をうつ伏せにすると今度は後ろから挿入してきました。
そして今度は私の胸やクリを弄りながら腰を動かすのです。
私は堪らず声を上げました。
その声に興奮したのか、男の動きはますます速くなっていき、再び私の中に熱いモノが注ぎ込まれる頃、私も絶頂を迎えました。

その後フェラを強要され、さらに幾度ともなくザーメンを注ぎ込まれ、男が満足して開放されたのは、すでに薄暗くなった頃でした。
パンツは取られましたが、スカートとTシャツは返してもらったので、それを着て山を降りました。
腰はガクガクして歩きにくいし、内腿を男の放ったモノが伝ってきます。
それでもよく遊んだ場所ですから、家に辿り着くのは訳のないことでした。

すでに初潮は来ていたものの、幸い妊娠せずに済みました。
しかし、それまでは父親とお風呂に入っていたのですが、つい股間の立派なモノに目がいってしまい、父親とお風呂に入ることが出来なくなりました。
父は寂しがっていましたが、本当の理由を知ったら・・・。

その後も私は何度かレイプされました。
その手の男性に目をつけられやすいタイプなのかもしれません。
今は結婚3年目で、子供はいません。
夫はレイプのことは知りません。
オナニーではイケますが、夫に優しく抱かれてもイケません。
私は必死にイッたフリをしています。

そんな私はまた誰かにレイプされたくて、宅配便やセールスマンが来るたびにノーブラノーパンで応対に出ています。