私は、私立の中学1年生でした。
その日、私は学校帰りに寄り道して、大きなスーパーの玩具売場に行きました。
そこの片隅にガラス戸棚があって、中にゲームのカードが並んでいました。
私は『アイ◯ルバ◯ル』のカードに夢中でした。
別にそれでゲームをしようと言うのではなく、ただカードに描かれてる可愛い男の子のメンバーを揃えたかったのです。

(あのボックスを丸ごと買えば、レアなメンバーカードも入ってるのかな・・・)

でも、とてもじゃないけど私のおこづかいで買える値段じゃありません。
私はたびたびここに来ては、そのボックスが売れてないことに安心したり、それが買えない自分が哀しくなったりしていました。

「『アイ◯ルバ◯ル』好きなんだね」

男の人の声がしました。
振り向くと、私のそばに高校の制服を着た丸刈りのお兄さんが立っていました。

(うわ、『アイ◯ルバ◯ル』の男の子に似てる・・・)

私がお兄さんの顔を見つめてると、お兄さんは私に言いました。

「こういうカードって、やっぱり箱買いすると違うのかな?」

私は首を振りました。

「わかんない・・・だって、いつも3枚パックしか買えないんだもん」

お兄さんは私に顔を近づけてきました。

「俺の妹もこれに夢中なんだ。だから、ひと箱買ってみるから、カードを分けてみようよ」

戸惑ってる私をよそにお兄さんは店員さんを呼んで、カードを箱買いしてしまいました。

「さあ、向こうで中身チェックしようよ」

「はい・・・」

私はお兄さんのあとについて行きました。
お兄さんと私はスーパーの奥の小さな空き地に入りました。
私は(しまった)と思いました。
空き地に2人、お兄さんと同じ制服を着た男の人がいて、お兄さんと目配せをしたあと、私の顔を見てニヤニヤし始めたのです。

「可愛い子を連れて来たな」
「へぇ・・・◯◯付属の制服じゃないか。お嬢ちゃんだな」

そんな事を言いながら、私を空き地の奥の倉庫の隙間に連れて行きました。

「ほい!」

お兄さんは私を後ろから抱えて、コンクリートの地面の上に座りました。

「怖がらなくていいよ。痛いことはしないからさ」

そう言うとお兄さんは私のスカートの中に手を入れて、あっという間にパンティーを下ろしてしまいました。
2人の男の人たちは、すごい勢いで私の脚の間を覗き込みました。

「スゲエ!ワレメだ、ワレメだ!中学生のワレメだ!」
「やべぇ・・・ホンモノって、こんなにキレイだったのかよ」

男の人たちは、ズボンのジッパーを下ろして、おチンポを摘み出しました。
私はパパ以外の人のおチンポを見るのは初めてでした。
逃げようとしましたが、お兄さんが後ろからしっかり抱えているので動けません。
お兄さんは私の後ろから2人に言いました。

「興奮するなよ。ほら、これで落ち着きな」

お兄さんは片手を伸ばして2人に何かを手渡しました。
それはタバコでした。
2人はまだ高校生のはずなのに、タバコに火をつけて煙を吹き始めたのです。
私はそんな2人の姿と煙のニオイとで、身体が固まってしまいました。
お兄さんもタバコに火をつけたらしく、私の目の前を煙が過りました。
2人はタバコを吹かしながら、私の脚の間を覗き込み、おチンポを掴んだ手を動かしています。
1人の男が、口を細くして私のスカートの奥にタバコの煙を吹きこみました。

(はああッ!)

私の脚の間に、今まで感じたことのないくすぐったさが走り抜けました。
そのくすぐったさの中で、私は確かに『アイ◯ルバ◯ル』の男の子たちが全裸になって、私のそばに立っているのが見えたのです。
男の人たちが話すのが聞こえました。

「へぇ、この子、タバコの煙で感じてるみたいだよ」
「敏感なんだな。もうちょっと近づいて吹いてやろうかな」

もう1人の男も私の脚の間にタバコの煙を吹きこみました。

(あッ、ああッ!あー・・・)

『アイ◯ルバ◯ル』の男の子たちが、さっきより一層はっきりと私の目の前に現れて、私の身体におチンポを押し付けようとしてくるのです。
男の1人が言いました。

「やっぱりすごく感じてるんだよ。ワレメの周りがピクッピクッってしてるよ」

お兄さんが言いました。

「おい、手は出すなよ。この子はバージンのままでお返ししなくっちゃ、だからな」

そう言うとお兄さんは私の口元に何かを近づけてきました。
それは火をつけたばかりの新しいタバコでした。
私はその煙のニオイに『アイ◯ルバ◯ル』の男の子の姿がリアルに描き出されるのを感じて、思わず咥えてしまいました。
初めて口に咥えたタバコ。
吸い込みはしないけど、顔を撫でていく煙のニオイは、私がこれまで知らなかった“いやらしいオトナの世界”を感じさせてきました。
それはそのまま私の脚の間のくすぐったさを高めていったのです。
男の人の1人が言いました。

「おい、この子ワレメが濡れてきたぜ」
「これはダメだ。制服のスカートが汚れてしまうぜ」

もう1人がそう言うと、その男の人はスカートの中に顔を突っ込んできました。

(んッ、んんッ、んんーーッ!)

見えないけど私にはわかりました。
男の人は私のオシッコの出る所を舐め始めたのです。

「そんな所、舐めちゃイヤ!」

そう叫びたかったけど、タバコが口の中に入ってるので声が出ません。

(く、くすぐったい・・・こんな気持ちいいの・・・初めて・・・)

男の人が言いました。

「この子、顔に似合わずすげえ感じてるよ。あとからあとから液が溢れてくるよ」
「それはダメだな。じゃあ俺が代わろう」

その人がスカートの中に頭を突っ込んで私の脚の間を舐めはじめました。
その人は舐め方が違っていました。
舌を硬く尖らせて、私の脚の間に舌の先っぽを突っ込むように刺激してくるのです。
その舐め方に私は声も出ないほど気持ち良くなり、さっきまで咥えているだけだったのに、タバコの煙を吸い込むようにしてしまいました。
その煙を味わうたびに、私は『アイ◯ルバ◯ル』の男の子が裸の私を裸で抱き締めて、おチンポを私の身体に押し当ててくるのをはっきり描くことが出来たのです。
遠くで、こんな声が聞こえました。

「おいおい、この子、タバコを吸い始めたよ」
「ははは・・・タバコを吸いながらクンニされるなんて、いい経験になるぜ」

そのときの私には“クンニ”という言葉が何を意味するのかわかりませんでした。
だけどその言葉にパパやママ、お友達には話せない、何かいやらしい響きがあることを感じていました。

・・・気がつくと私は1人で、あの場所で眠っていました。
私のそばには通学カバンと、スーパーの袋に入った『アイ◯ルバ◯ル』カードのボックスが置かれていました。
まだ箱の蓋は開けられていませんでした。