<スペック>
さやか:23歳、OL、身長は150センチくらい。
菅野美穂似の可愛いタイプなんだが、服とかは色気を振りまきまくり。

土曜にメールを始めてその日のうちに会うことになり、新宿で待ち合わせ。
待ち合わせは21時くらいだったはずなんだが、待てども一向に来ない。
メールも返ってこなくなり、こりゃすっぽかされたかなーと思ってたところで電話が鳴った。

さやか「もしもし、俺君?行くから!絶対に行くから待ってて!」

プツッ。

(えっ?)

「待ってて」と言われましても・・・。

まあ暇なので、タバコを吸いながらしばらく待つことにする。
しかし、一向に連絡が来ない。
12時近くまで待って、そろそろ帰るかと思ってたところにメール。

『今どこ!?それと今日の服装教えて!てか助けて!』

(えっ?)

「助けて」とはなんぞや・・・。

アルタで待っていた俺は場所と服装をメールする。
しばらくすると、伊勢丹方面からイチャついた男女2人がギャーギャー騒ぎながら歩いてきた。

女「ちょっともうやめて下さいよ・・・本当にもう!苦しいから離して下さい!!」

男「おいおいハグだろ?コミュニケーションじゃん。それよりマジで帰るの?もうちょっと飲もうよー」

どうやら揉めているようだ。
すると女が俺の方を見て、男を振り払って走ってきた。
そして俺に小さな声で、「俺君?」と聞いてきた。
男が女を追ってくる。

女「男さん!これから私、この人と予定あるんです!!」

(えっ?)

男が怪訝そうな目で俺を見てくる。
年は同じくらい(当時23)か、ちょっと上だろうか。
ただガタイがデカイw
完全にアメフト選手の首の太さですね、わかりますw
俺の頭がフル回転する。
さやかは漫画のように俺の後ろに半身を隠して顔だけ出して様子を窺っている。
オーケー、状況は把握した。

俺「アンタこいつの何なんすか?つか、今抱きついてたよね?俺の見間違えですか?」

こういうのは先制パンチでだいたい決まる。

男「え・・・?いや・・・その・・・」

俺「(タバコ吸いながら)ま、いーわ。俺らこれから知り合いの店に飲みに行くんですけどアンタも来ます?色々聞きたいこともありますし」

男「あ・・・いや・・・今日はもう帰るんで。さやか、またな」

男は帰る際に一度振り返ったが、俺は男の姿が消えるまで眼光を光らせてたので目が合ってしまい、その後は振り返らずに帰って行った。

俺「ふぅ~・・・。で、何コレ?」

さやか「100点満点!すごい!超助かった!ありがとう!今日は奢る!!」

とりあえずよく行くバーに入った。
何でもさっきの男は大学の時のサークルの先輩で、しつこく言い寄られているらしい。
周りの知り合いの関係もあるので無下には出来ず、今日は2人で飲んでたとのこと。
さやかは新宿に住んでるので、男が自宅まで見送ると言って聞かなかったらしい。
当初は途中で切り上げて俺と会う予定だったが、振り切れずに仕方なくそのまま連れてきたらしい。

俺「だとしても俺を使うなら使うで、もうちょっと説明して欲しかったよね」

さやか「あははwそうだよね。でもとっさなのにすごい演技上手だったよwww」

俺「俺が逃げたらどうするつもりだったのさ?」

さやか「そしたら今頃は家で猿ぐつわされて両手縛られた挙句、泣きながら犯されてたんだろうね・・・命の恩人様、ありがとうございますww」

明るいし、話も上手い。
頭のいい子だと思った
可愛い顔だが思いっきり胸の開いた服装。
エロさとのバランスが絶妙で、男受けする術を知ってる子だなと思った。
ちょっとときめいた。

さやかは俺と同い年だった。
早稲田の法学部を出て、今は某大手通信企業の総合職として働いていた。
仕事や経済の話、大学時代の話、バカ話など、同じ年に社会人になってるだけあって意気投合した。
そのあとカラオケに行って、高校時代の曲などで盛り上がった。
肩を抱いて歌ってたのでキスをしようとしたら、向こうからしてきた。

俺「このあと、どうします?」

さやか「命を助けて頂いた御礼に・・・私の純潔を捧げるよ・・・w」

俺「純潔www詐欺過ぎるwww」

あれ、こういう子、僕好きかも知れないです。

で、歌舞伎町のホテルへ。
2人でイチャイチャしながら一緒に風呂に入った。
俺はこの時点でもうさやかにメロメロだったので、自分の知り得るテクの限り(2つだけ)を総動員しさやかに奉仕した。
さやかの大きな喘ぎ声がバスルームに反響する。
そういえばさやかは・・・。

「私壊れちゃう・・・壊れちゃうよぉ~・・・!」

とか喘いでいたので、次の朝、「あれはやり過ぎだ」と窘めたら、「やっぱり?wバレてたかw」と笑っていた。

立ちバックで1回イッたのにも関わらず珍しくすぐに回復した俺だったので、バスタブの中で座位の2回戦。
シャワーあがるまでに2回も果てたのは初めてだった。

だが、さやかの一言で俺の淡い恋心は崩壊する。
朝起きてもう1回した後、ベッドの中でイチャイチャしていた。

(コイツ、可愛いなあ~。付き合うまで持っていけるかなあ~)

そんなことを俺は考えていた。
だからさやかの発言も話半分で聞いていたんだ。
俺は、二度見ならぬ、二度聞きをした。

さやか「そうそう俺くん!こないだうちの娘がね~・・・」

俺「へえ~そうなんだー、そりゃ大変だー・・・」

(・・・えっ?)

彼女、バツイチ子持ち(娘2歳)でした・・・。
同い年だったから油断した・・・後方確認を怠りました。
同級生の彼氏と学生結婚、学生出産、そして学生離婚。
娘は今、静岡の実家の両親が育てているらしい。
それでもストレートで卒業して大手に就職してるあたり、やはり彼女の才は優れていたのでしょう。

ちなみに俺が追い払った男くんは、さやかの実情を全て知っていて、その上で猛烈アピールしてたらしい。
それを聞いて俺は帰り際、さやかに「あの人は男の俺から見てもいい男だと思う。昨日のことは謝っておいて下さい」と伝えた。
素敵な子だけど、まだパパにはなる勇気はなく・・・。

さようなら俺の淡い恋心・・・。