グッとくるエロい体験談SP

【不倫】旦那よりも年上の上司と久々の不倫エッチで濡れまくり

京都に住んでいる34歳の人妻です。
去年の会社の忘年会の時の話です。

うちの会社は男子社員が少なく、ほとんどが主婦のパートやアルバイトで、宴会などになると酔いも手伝って、かなり生々しいエッチ話になってしまいます。
この日も例外ではなく、「旦那が最近全然(立たなくて)ダメで」とか「彼氏の友達とエッチしちゃったことがあって」とか、とにかくおばさんを含めて女ばかりの猥談で盛り上がっていました。

もちろん自分のことも色々と話します。
実は私と上司の1人の男性(仮にSさん)とは、以前から肉体関係にあって・・・。
旦那とのエッチ話とかをしながらも、つい視線の先にいるSさんを意識して見てしまいます。
一次会が終わり、二次会に行く人と帰る人に分かれて固まっていると、Sさんが・・・。

「ミカちゃん(私)とカナさん(私より年上のパートさん)は同じ方向だろ。俺、酒飲んでないから車で送ってあげるよ」

そう言ってもらったので、車で送ってもらうことに。
かなり酔っていたカナさんを先に送り届け、車を出してしばらくすると、Sさんの手が私の太ももに。
運転しながら器用にスカートの中に入り込んできて、ストッキングの上から内ももを撫でてきたんです。
久しぶりのSさんのゴツゴツとした指の感触が気持ちよくて、私はゆっくり脚を開いてしまいました。
Sさんの指が私の股間を弄り、敏感な部分を探るように動いてきます。
私も腰を動かして、敏感な部分に誘導して。

「あっ」

私が小さく声をあげるとSさんは小さく含み笑いをして。
Sさんは何も言わず車はホテルに入っていき、駐車場に停まると唇を合わせてきました。
唇を開くと舌が入ってきて、ねっとりとしたキスに。
指はストッキングの上から内もも、そしてアソコへ。
そしてクリの辺りを上下に動かしてきます。

「行こうか?」

Sさんの言葉に私は黙って頷き、車を降りてホテルの部屋に入りました。
部屋に入ると後ろから抱き締められて、再び手がスカートの中に入りアソコへ。
上着の裾から手を入れられてブラの上から胸を揉まれました。

「あっ、Sさん、シャワーだけでも」

「ダメだよ、久しぶりのミカの体をしっかりチェックしてからだ」

Sさんは少し荒々しくストッキングを脱がして手をショーツの中に・・・。
いきなりクリトリスを探り当てられて、擦り上げてさらに下に、そして指が私の中に・・・。

「んっ、やっ、あぁ・・・」

奥まで指を入れられて内側をゆっくりと擦り上げられると、立っているのが辛いくらいに感じてしまいました。

「もうこんなに濡らして」

Sさんはさらに激しく動かしながら私の顔を向かせてキスをしてきました。
舌を絡ませ、お互いの唾液が絡み合いながら指で責められて、私はその場に手をついて四つん這いに。
ショーツから抜け出たSさんの手がスカートを捲り上げてショーツを脱がして、後ろから再び指がアソコの中に入り、いやらしい音を立てながら激しく動かしてきます。

「あぁっ、ダメ、いきなりそんなに」

アソコからグチュグチュといやらしい音がして、部屋中に響いて聞こえるくらい私は濡れていました。
不意にSさんの指がアソコから抜け出ていくと、少し間があったあと、再び指入ってすぐ抜けていきました。
そして違う感触がアソコに・・・。

「入れるよ」

私が、「えっ」と言うのと同じくらいにアソコの中に硬くなったモノが入ってきました。

「んっ、ハァッ」

旦那と違うものが、ゆっくり・・・奥を目掛けて入ってきます。

「ミカ、久しぶりの俺のはどうだ?」
「あっ、凄い、久しぶり、だけど、凄く硬くて」

「旦那以外とはしてないのか?」
「あっんっ、旦那とだってそんなにしてないのに、他の人だなんて」

「本当にそうかな?」

Sさんが腰を掴んで、グッと奥まで押し込んできます。
服を着たまま後ろからSさんにされて、いつもよりも興奮してしまいました。
服を脱がされながら、入れる時は強く、抜くときはゆっくりと。
私はスカートだけで、Sさんはいつの間にか全て脱いでいました。
Sさんは一度私から離れると、私を立たせてスカートを脱がすとしゃがみ込み、私の片足を自分の肩に掛けてアソコを舌で責め始めました。

「んぅっ、あっ」

「いやらしい匂いをさせてるぞ。こんなに濡らして、クリトリスだってこんなに硬くして」

Sさんは口を開いてクリトリスを口で軽く挟むようにして、舌を細かく動かしてきます。

「あぁっ、それ、ダメっ」

私の両足を腕で押さえつけて、執拗にクリトリスを責めてきます。

「ダメっ、それは、本当に、イッちゃうから」

あと少しでイキそうな時・・・Sさんがアソコから離れてしまいました。

「今日は簡単にイカせてあげないからな」

私はイキそうだった体をひくつかせてその場に座り込むと、Sさんが私の顔の前に仁王立ちして立っていました。
さっきまで私の中に入っていたのが目の前に。
私は躊躇なく口に含み、フェラを始めました。
自分のいやらしい液体のついたモノをフェラしてる自分にさらに興奮してしまいました。
口に溢れ出る唾液を溜めていやらしい音を立てながらフェラを続け、自分のクリトリスを擦り上げていました。
するとSさんが私の口から離れて、私を立たせると一緒にベッドへ。
ベッドに寝て脚を開くと、Sさんがその間に入ってきます。
旦那より年上なのに、旦那よりも立派に上を向いているモノが・・・。
Sさんが私の体に覆い被さって・・・。

「欲しいのか?」
「うん」

「どこに欲しいんだ?」
「前にも同じことを言ったよ」

「そうだったか?」

Sさんが硬くなっているモノを私のアソコに宛てがうと、ゆっくり体を合わせてきました。

「あっ、んぅっ」

ぴったりとお互いの体が重なると、キスをして・・・。

「Sさん、お帰りなさい」

「それ、なんか凄くいやらしいな(笑)」

それからはSさんがイクまで体位を変えながら、激しくお互いの体を感じ合いました。

月別アーカイブ
18歳未満閲覧禁止
当サイトには性的な描写が含まれるアダルトサイトとなります。18歳未満の方の閲覧はご遠下さい。

また、当サイトは個人で楽しむ目的で運営しておりますが、その著作権は引用元にあります。
サイトの閲覧、リンク先のご利用は自己責任で行っていただきますようお願い致します。
その他、相互RSSやご要望等は「お問い合わせ」からお願い致します。
オススメ!怖い体験談
[鵺速]あなたの傍の怖い話
媚薬・精力剤を使ってみた
脱毛してモテようぜ!
[PR] 今!VRが熱い!!
相互RSS(エッチな体験談)
相互RSS(怖い体験談)