俺は20歳の会社員。
彼女は一つ上の真里ちゃん。
真里ちゃんはとても可愛くて人気は断トツ一番だった。
正直言って俺には勿体無いぐらい可愛いかった。
俺はと言えば20歳でまだ女性経験がなかった。
決して容姿が悪いわけではない。
彼女は入れ替わりで常にいたし、女性にはモテた方だと思う。
ところがあまりに奥手すぎてエッチまで辿り着かないというのが俺の悪いところだと思う。

今回ばかりはさすがに上手く付き合いたいと思った。
なんせ俺の憧れでもあった真里ちゃんと付き合うことができたのだから。
しかし、3ヶ月経ってもまだキスまでしか持っていけなかった。

(体を求めたら嫌われるのでは?)という考えが俺から離れなかったのだ。

そして3ヶ月を過ぎてそのチャンスが訪れてきた。
というよりも真里ちゃんが呆れたのか俺を飲みに誘ってきたのだった。
そこまではいつもの事だったのだが・・・。

「ねぇ?明彦さんって明日何か予定入ってるの?」

「いいや、明日は特に・・・」

「今日、朝まで一緒にいたいな」

完全に誘っているとしか思えなかった。
そして飲んだ後はそのままホテルに行くことになった。
もう緊張して心臓がバコバコいっていた。

部屋に入ると真里ちゃんが先にシャワーを浴び、真里ちゃんが出てから俺がシャワーを浴びに行った。
シャワーを浴びてる最中も心臓がドキドキしていた。
童貞を捨てるということよりも、憧れの真里ちゃんとエッチをするということに。

(この俺があの真里ちゃんと・・・)

どう考えても現実離れした話なのだが、これが現実なのだ。
シャワーを出ると真里ちゃんはベッドに座って酎ハイを飲んでいた。
俺はどうやってエッチにもって行けばいいのかわからず、とりあえず真里ちゃんの隣に座って酎ハイを飲み始めた。
ところが一向に事が進まずにいると真里ちゃんの方から抱きついてきた。
そしてそのまま抱き合ってベッドに転がりこんだ。

俺は真里ちゃんが着ていた浴衣を脱がした。
真里ちゃんの綺麗な裸が露わになり、真里ちゃんの乳首に目が釘付けとなった。
憧れの真里ちゃんの乳首・・・。
ゴクリと生唾を飲み込んで乳首を口に含んだ。

「あんっ!」

真里ちゃんの喘ぎ声が聞こえた。
俺の愛撫に感じている。
そう思うとどんどん興奮してきて真里ちゃんの乳首を舐めまくった。
そして真里ちゃんのパンツに手をかけ、スルスルっと脱がしていった。
真里ちゃんは一糸まとわぬ姿となった。
真里ちゃんの割れ目に指を這わせるとすでに濡れていた。
俺は真里ちゃんの乳首を舐めながら割れ目を上下に擦った。
エッチの経験がなくともアダルトビデオでやり方は勉強したつもりだった。
長い間、真里ちゃんの割れ目を弄っていたのでグショグショに濡れており、もういつ入れてもいい状態だった。

(さぁ、これからいよいよ・・・)

ところが、あまりの緊張のあまり、俺のチンポは縮こまっていたのだ。
これは人生最大のピンチだった。
憧れの真里ちゃんといよいよという時に勃っていない。
インポだと思われる。
真里ちゃんを見て興奮していない。
魅力を感じていない。
きっとそんな風に思われると思うと余計焦ってきた。

(もう駄目だ・・・絶対に嫌われる・・・)

絶望感に浸って何て言おうか悩んでいるときだった。
真里ちゃんが起き上がって俺の横に座ると俺にキスをしてきた。
そしてそのまま俺をゆっくりと押し倒してきた。
俺の上に覆いかぶさるような体勢となり、キスをし続けている。
真里ちゃんの左手はスルスルっと俺の下半身にずれてきて、俺の縮こまったチンポを握ってゆっくりと上下に扱き始めた。

「んっ!」

思わず喘ぎ声が出てしまう。
あの真里ちゃんが俺のチンポを握って上下に扱いているのだ。
こんな状況を誰が予想しただろうか。

ゆっくりと上下に扱いているので、緊張しているとはいえ、俺のチンポは徐々に硬くなってきた。
少し扱く手が速くなり、それに合わせて俺のチンポも硬くなってきた。
もう気持ちよくてたまらなかった。
それ以上にあの真里ちゃんが俺のチンポを扱いているというのが興奮させた。

完全に勃起するという直前のことであった。
真里ちゃんは早く勃起させて挿入しようとしていたと思うが、完全に勃起する直前に扱く手をさらに速めてシュコシュコシュコ・・・と高速で扱き出したのだ。
あまりの興奮と快感で高速で扱かれた瞬間、射精感が高まり、一気に精液が放出に向けて上がってくるのがわかった。

(・・・や、やべぇ!!)

俺は手を止めるように言おうとしたが、口は真里ちゃんの口で塞がっていたので、「んんっ!!」という声しか出すことができず、真里ちゃんは気付かずに扱き続けている・・・。

ドピュッ・・・ピュッ・・・ピュッ・・・。

あまりにも呆気なく射精してしまった。
俺が痙攣しているのを変に思ったのか、真里ちゃんは俺のチンポに目を向けた。
そのとき小さい声で思わず本音が漏れてしまったのか・・・。

「え?うそっ??」

確かに小さい声でそう聞こえた。
もう終わったと思った。

憧れの真里ちゃんとせっかく付き合ったのに・・・。
かっこ悪すぎる・・・短い春だった・・・。

俺は完全に諦めた。
ところが真里ちゃんの行動はというと、俺のチンポを見ながら射精が終わるまで扱き続けてくれたのだ。
そして射精が終わるとティッシュで丁寧に拭き取ってくれた。
俺は気まずくて終始無言だったが、精液を拭き終わると俺の上に乗っかって抱きついてきた。
俺は真里ちゃんの耳元で「ごめん・・・」と、かっこ悪いけど謝った。
すると真里ちゃんは・・・。

「ううん、気にしなくていいよ。また今度しよ。気持ちよかった?」

「うん・・・」

「よかった」

笑顔でこう答えてくれた。
なんて心が広いんだろうと思った。
真里ちゃんなんて俺じゃなくてもいくらでも彼氏になりたがってる人がいるのに、こんな俺に対してこんなに優しくしてくれて・・・。
俺は絶対に真里ちゃんを離さないと誓った。
そして次の機会を待った。

あれから俺は格好悪くて会社でも真里ちゃんと面と向かって話ができなかった。
しかし真里ちゃんが積極的に話し掛けてくれたおかげで、数日でなんとかいつも通りに話せるようになった。
真里ちゃんの優しさに感動する日々を送っていた。
さすがに次のエッチのことは、こちらからは持ちかける勇気がなかった。

(自分から誘って、また次もあんな感じだったら・・・)

そう思うと恐くて誘うことができなかった。

あれから3週間くらい経ったときであろうか、真里ちゃんがご飯に誘ってきた。
俺は(もしや?)と心の準備をしながら食事に行った。
居酒屋でお酒を飲みながら楽しい一時を過ごし、2人ともほろ酔い気分で店を出た。
どうやってこの後誘おうか考えていたが、なかなか思いつかない。
もし誘って、「今日は帰る」とか言われたらどうしようか・・・。
そう考えると恐くて誘えないのだ。
そんな不安を打ち消すかのように真里ちゃんが口を開いた。

「ねぇ・・・今日一緒にいたい」

もう感激するしかなかった。
あんな格好悪いとこを見せたのに・・・。
会社でみんなの憧れの人なのに・・・。
こんな俺に対してこんなに尽くしてくれるなんて・・・。

俺は「ホ・・・ホテルに泊まる・・・?」

自信無さ気に勇気を振り絞って言ってみた。

「うん」

真里ちゃんは下を向きながら首を縦に振った。

俺達は部屋に入ると真里ちゃんがシャワーに行き、真里ちゃんが出てから俺がシャワーに入った。
シャワーを浴びている間も、(今回はうまくいきますように!)と神頼みをしていた。
俺はシャワーを出て、真里ちゃんの横に腰を下ろした。

さぁ・・・いよいよだ・・・。

俺は横に座るといきなり真里ちゃんに抱きつきキスをした。
いきなりで少し驚いた様子だったが受け入れてくれた。
真里ちゃんを抱き締めながら激しくキスをし、そのままゆっくり押し倒す。
押し倒した後も激しくキスをし続けた。

それから真里ちゃんの浴衣の帯を解き、浴衣を脱がせた。
綺麗な真里ちゃんの身体が姿を見せた。
パンツ1枚のみを身に着けている真里ちゃん・・・。
とても綺麗だった。
俺はゆっくりと真里ちゃんの胸に手を合わせ、ゆっくりと揉みしだいていった。

(柔らかい・・・)

2回、3回と胸を揉むと、真里ちゃんの左胸の乳首を親指と人差し指で摘んでコリコリっと弄った。

「あんっ」

小さな声が聞こえた。
俺は乳首を弄りながら右胸の乳首を口に含んで舐め始めた。

(あの真里ちゃんの乳首を舐めてる・・・)

そう思うと俺のチンコは爆発寸前になっていた。
乳首を舐めながら右手を下半身にスーっと移動させ、パンツに手をかけた。
パンツを摘むとゆっくりと脱がせていった。
俺は起き上がると真里ちゃんの全身を眺めた。
真里ちゃんの一糸まとわぬ姿・・・。
ものすごく綺麗だった。

俺は真里ちゃんの下半身に移動し、両膝を持ってゆっくりと左右に開いていった。
真里ちゃんは恥ずかしそうに手であそこを隠したが、脚が開ききったところでゆっくりと恥ずかしそうに手をどけていった。
おそらく俺の為に恥ずかしさを我慢してのことだと思う。
真里ちゃんのパックリと割れたあそこがはっきりと見えた。

(・・・真里ちゃんのおまんこ・・・)

両手で真里ちゃんの割れ目をグイっと広げた。
綺麗なピンク色だった。
指で広げたまま顔を近づけ、真里ちゃんのヌルヌルした性器に舌を這わせた。

「ああんっ!!」

真里ちゃんの喘ぎ声だ。
俺は興奮して無我夢中で舐めまくった。
テクニックなんて知らないし、上手なのか下手なのか、気持ちいいのかよくないのかなんてわからない。
とにかく俺の舐めたいように舐めまくった。
真里ちゃんのあそこからはどんどん愛液が溢れてくる。
もっと舐めていたいけど、今回決めなくてはいけないので早々と挿入することにした。

俺は状態を起こして挿入する体勢に入った。
だが、なんと!
さっきまでビンビンに勃起していたチンポが緊張のあまりか縮こまっているではないか!
なんてことだ!
人生最大のピンチを迎えたような気分と同時に絶望感が湧いてきた。

(終わりだ・・・今回までもこんな格好悪い形で・・・どうしたらいいんだ・・・)

頭が真っ白になって固まっている俺を見て真里ちゃんが起き上がってきた。

(・・・ああ・・・終わった・・・絶対嫌われる・・・)

「緊張しちゃった?」

そう言って俺にキスをしてきた。

(・・・え?・・・)

そして俺の縮こまったチンポをゆっくりと揉んできた。

(なんていい子なんだ!)

俺はこんなに感動したことはなかった。
俺のチンポが真里ちゃんの手の刺激を受けて半勃ちになると、真里ちゃんの顔がゆっくりと俺の下半身に向かって下りていった。

(・・・え??まさか!?)

そのまさかだった。
俺の半勃ちのチンポを握るとペロペロをチンポを舐めてきたのだ。

(真里ちゃんが俺のチンポを舐めてる)

俺のチンポはどんどん硬くなって完全に勃起状態となった。
次の瞬間、俺のチンポは温かいものに包まれた。
真里ちゃんが俺のチンポを口で咥えこんだのだ。
俺のチンポを咥えたまま、チュパッと音を立てながら真里ちゃんの頭が上下する。

「あうっ」

気持ち良すぎて大きな声が出てしまった。
しかし、そのまま2~3回ジュパジュパっと音を立てて上下すると、あまりにも気持ち良すぎて、あっという間に射精感が込み上げてきてしまったのだ。

(・・・ああ・・・駄目だ・・・我慢できない・・・)

さらに2~3回上下したところで射精に向けて精液が上がってきた。

(ああ!やばい!!)

俺はすぐさま真里ちゃんの頭を両手で掴んでチンポから離して上半身を起こした。
真里ちゃんは『どうしたの?』っていう顔で俺を見て、「気持ちよくなかった?」って聞いてきた。

「え?いや、ちが・・・」

俺はうまく答えれなかった。
まったく逆なのだ。
気持ち良すぎてこんなに早く射精してしまうなんて言えなかったのだ。
真里ちゃんはそうとは知らず俺にキスをしてきて、そのまま俺のチンポを握ると結構速い速度で上下に扱いてきた。

(・・・えっ?ちょっ!!)

射精感が治まっていない状態で高速で扱かれ、すぐさまイキそうになった。
このままだとこの前と同じ状態になってしまう。
しかし、今日はそんな醜態を晒すわけにはいかないのだ。
これ以上格好悪いところを見せられない。
俺は真里ちゃんの腕を掴んで扱くのを阻止し、誤魔化すかのように真里ちゃんをゆっくりと押し倒して挿入の体勢に入った。
自分のチンポを掴んで真里ちゃんの性器に宛てがった。

しかしそこで大きな問題が発生した。
童貞の俺は入れる場所がはっきりとわからないのだ。
もちろんAVビデオは何回も観たが、モザイクがかかっているのではっきりとはわからない。

(・・・やばい・・・こんなときに・・・)

とにかく入り口を見つけなければと思い、チンポを持ったまま割れ目に沿って上下に擦った。
しかしここでまた問題が発生した。
憧れの真里ちゃんの割れ目にチンポを押し付けているという状況に異常に興奮して、すぐにでもイキそうになったのだ。

(・・・そんな・・・入れる前に射精なんて・・・格好悪すぎる・・・)

早く見つけなければと思い、割れ目に押し付けながら激しく上下に擦った。
しかし、割れ目と擦れる快感で射精に向けて精液が勢いよく上がってきたのだ。

(・・・あ・・・駄目だ・・・出ちゃう!)

そのときであった。
俺のチンポが割れ目のどこかに引っ掛かったのだ。

(ここだ!!!)

初めての経験だが、このまま腰を前に突き出せば真里ちゃんの性器に挿入できるんだということを察知した。
しかし、どうする?
俺のチンポはすでに射精寸前の状態だったのだ。
しかし、もう迷っている暇はなかった。
挿入前に射精なんて格好悪いことはできなかったし、挿入経験もない俺は、挿入した瞬間に射精感が収まるかもしれないと思い、腰に力を入れて前に突き出した。

生暖かいヌルヌルの粘膜と擦れ合うと同時に、初めて味わう凄まじい快感が伝わってきた。
それと同時に物凄い勢いで精液が外に向かって飛び出そうとしているのがわかった。
腰を突き出して、俺のチンポが半分くらい入ったところで・・・。

(やべぇ!出るっ!!!)

さすがに中に出すわけにはいかない。

「真里ちゃん、ごめんっ!!!」

俺は慌てて腰を引き、真里ちゃんの性器からチンポを抜いた。
抜いたはいいけど、どこに向ければ?
ベッドにかけると寝るときに困る。
俺はすかさず真里ちゃんのお腹の上にチンポを置いた。
まさにその瞬間だった。

ピュッ・・・ピュッ・・・ピュッ・・・。

真里ちゃんのお腹目がけて断続的に俺の精液が溢れ出た。
真里ちゃんは一瞬ビックリしたが、すぐさま俺のチンポを握ると高速で扱いてくれた。

「あっ!ああっ!!!!」

ものすごい快感で大きな声が出てしまう。
真里ちゃんに扱かれながらビクンッビクンッと痙攣して、俺は真里ちゃんのお腹の上に精液を出し尽くした。
真里ちゃんは最後の一滴が出るまで扱き続けてくれた。
俺は全て吐き出すと我に返り、すぐさまティッシュで真里ちゃんのお腹にかかった大量の精液を拭き取った。
その間は無言で気まずい雰囲気となった。

拭き終わり、真里ちゃんの方をチラッと見てみる。
すると真里ちゃんも俺を見ていて目が合ってしまった。
その瞬間、俺は情けなくて涙目になってしまった。

「ごめんなさい・・・」

俺の口からはごめんの言葉しか出なかった。
もう完全に嫌われたと思った。
しかし真里ちゃんは・・・。

「気にしなくていいってばぁ~。平気だって!」

俺に抱きつきながら笑顔でこう言ってくれたのだ。
抱き合ったまま横になって話をした。

「徐々に慣れていけばいいって~」

「それに今日はちゃんと私の中に入ったじゃん」

明るくこう言ってくれて涙が出てきた。
俺はこんないい子を一生手放すもんかと誓った。
そのときはまだ最悪の事態が待ち受けているなんてことは知らずに・・・。

<続く>