昔住んでいた家の近くに銭湯があり、日曜の決まった時間に親と行っていた。
小1のある日、クラスの中でもかなりお転婆な智恵子とその弟がオヤジに連れられて男湯に入ってきた。

「ん?お前、やっぱり男だったのか」

「女に決まってるでしょ!」

「だってここ、男湯だぞ」

そこで智恵子のオヤジが・・・。

「智恵子のお友達かい?ごめんよ。今日は智恵子の母さんが出かけているんだ」

そう言って入ってきたので、自分はサウナに入った。
サウナの中には誰もおらず、91度だったのを覚えている。
そしたら智恵子もサウナに入ってきた。

「私、女だから。男用のお風呂にいたって言わないでね」
「イヤイヤ、お前、本当は男なのを隠してるんだろ?」

「だって私、チンチンないよ」
「うそうそ、こーやって隠してるんだろ」

自分はチンチンを股に挟んで隠して見せた。
そうしたらなんと!!

「私がどこに隠してんのよ!」

智恵子は座っている片足を上げて、何もついていない股間をもろに見せてくれた。
それも少し割れ目が開くほど大胆に広げて。
その股間は、明らかに男のものではなかった。

「あ、ホントにないんだな」
「今日はお母さんがいないから来てるだけなの。私、男じゃないから」

「わかった。女だけど男用なんだな」
「それも言わないで!」

「ふーん。考えとくわ」

風呂をあがり着替え終わったところで智恵子のオヤジ・・・。

「今日は智恵子を連れてきて恥ずかしかったな。ごめんよ。でもさ、智恵子は女の子だし、男湯にいたのを学校のみんなに話すのはやめてくれよな」

自分は、「わかりました」と答えた。

「お、君はいい奴だ。おじさんと指切りしよう」

そう言われ、指切りげんまんしたら瓶入りのアップルジュースをくれた。
ムチャクチャ美味かった。
しばらくしたら智恵子が寄ってきた。

「お前、父さんに俺が黙ってるように頼んだろ?」
「うん」

「言わないから」
「それと、さっき、女のチンチン見せちゃったけど、私のがああなっているって誰にも言わないでね」

「お前も女なら、誰でもああなっていることくらい知ってるだろ?」
「それでも見たことは言わないで!」

あんまり可哀想だから黙っていてやることにした。
智恵子は5年生くらいまではお転婆だったが、中学になったらびっくりするほど美人になった。
なんであのとき、もっと股間を観察しておかなかったのか、後悔あとを絶たずだ。