グッとくるエロい体験談SP

【乱交】某宗教団体の卑猥な勧誘

私の友達は某宗教団体に入っています。
マンションも3軒隣で、よく買い物とか子供をお互いに預かったりとかで仲良くしていた奥様なんですが、選挙前になると忙しく動きまわって・・・。
仲のいい奥様だけど、嫌な時期でした。
その奥様は宗教のことになると熱心で、、聞いてる分には楽しいけど、実際に勧誘されると困ることが多かったんです。
ちなみに私は36歳で、その奥様は40歳です。

で、この前、奥様の部屋で2人でお茶してると、また選挙の話になって、誰々に投票してだのなんだの言われて、いつものように適当にかわしていたんですけど、その日はなんか変なんです。
奥様から出された紅茶を飲んでいると、目の前がぼーっとしてきて、眠いような体が熱くなるというか、とにかく急に体が変になって・・・。
すると奥様が私の横に座り、手を握ってきたんです。

「ゆみこさん、私、前からあなたのことが・・・」

私は拒否反応を示しながらも体に力が入らず、奥様のなすがままになっていました。

「いや、私、そういうあれでは・・・」

すると奥様がキスをしてきたんです。
体がピクっと反応したかと思うと、私も1ヶ月くらいご無沙汰のせいか体が熱くなり、奥様の舌が私の中に入ってくると私の中のムラムラとした感情が溢れ、奥様の舌が唇を舐めたり、舌を絡めたりしてきて・・・。

「あ~、奥様、あ~ん・・・」
「ゆみこさん好きなの、あなたのことが好きなの」

「あ~ん、なんか力が入らないんです」
「感じてる証拠よ、レズは初めて?」

「あ~ん、は、はい・・・」

奥様の手が私の胸を触り、着ていたポロシャツを捲り上げられ、ブラの上からおっぱいを強く握られると・・・。

「あ~ん、いや~ん、奥様~」

「ゆみこさんのおっぱいって案外大きいのね、好きよ」

「あ~ん、奥様~、もっと強く~・・・」

そのまま奥様はポロシャツを脱がし、ブラのホックを外すと、すでに硬くなっている乳首を舌で転がすように舐めてきました。
もう片方の手でおっぱいを掴み、丁寧に揉みほぐされ、久しぶりの快感に私は我を忘れ、アソコも濡れてきているのがはっきりとわかりました。

「ゆみこさん、どこが感じるの~、教えて~」
「あ~ん、奥様~、聞かないで~、わかるでしょ」

「いいえ、口で言わないとわからないわ」
「も、もう、いじめないで~、私、こんなこと~・・・」

「さあ、言うのよ、どこなの?」
「いや~ん、ち、乳首が~・・・あ~ん」

「乳首だけなの、さあ言いなさい」
「お、おまんこが~・・・クリ、クリト~・・・あ~ん」

奥様の舌が私の乳首を噛んだり舐めたりして、体がピクンと反応して、もうアソコはグチョグチョで、早くクリトリスを舐めて欲しくなって・・・。

「クリトリスを舐めて~」

「ゆみこさんったら上品な顔していやらしいのね」

すると奥様はジーンズを脱がし、そして奥様も1枚1枚いつの間にか服を脱いで下着だけの姿になっていました。
ソファに座っていたのですが奥様は私の両足の前に座り、両足を大きく開かせると、そのまま顔をおまんこに埋め、クリトリスを舌でベロンベロンと刺激したかと思うと、おまんこの周りを舐めたり、太ももを擦ったり。
それが主人の愛撫の何倍も気持ちよくて・・・。

「あっ、あっ、あっ、だめ~、あっ、い、イクっ、イクっ」

私はそのままソファの上で足を大きく開き、絶頂を迎えてしまいました。

「ゆみこさん、すごいわよ、今度は私のも舐めてくださる」

「はあ~、は、はい・・・」

奥様は私の前でブラを取り、パンティを下ろすと、少し濃い陰毛が私の顔の前に来ました。
奥様の陰毛を掻き分けておまんこを触ってみると奥様のおまんこもかなり濡れていて、クリトリスは私の倍以上の大きさで、摘めるくらいに大きくなっていて、クリトリスを摘んでみると・・・。

「あああ~ん、いや~ん、ああ~ん、ゆみこさん~・・・上手・・・」
「奥様のクリトリス、大きいわ~」

「いや~ん、ゆみこさん、言わないで~」
「だってすごいんですもの、舐めてもいいですか?」

私は奥様をソファに押し倒し、自分がされたように両足を思いっきり開かせ、奥様の愛液で光っているおまんこに顔を埋め、吸い甲斐のあるクリトリスに思いっきり吸いつきました。

「ああああ~っ、ああああ~っ、だめ~っ、だめ~っ・・・」

「もっと声を出して~、奥様、もっとよ」

「あああ~ん、あああ~ん、も、もうだめ、あっ、イク~っ・・・」

奥様はすぐさまイッてしまった。
私より早かったと思います。
そして2人でキスをしながらお互いの体を愛撫し合い、69になったり私の上に奥様が乗ったりして全身を隈なく舐め合いながらレズという快楽を存分に味わっていると・・・。

「ゆみこさん、入れて欲しい?」
「え、何をですか?」

「あれよ、男のペニスよ」
「え、でも男の人なんていないし・・・」

「ちょっと待ってて」

奥様は奥の部屋に行くと、顔を出して私に来るように手招きしてきます。
誘われるように暗い部屋に行くと、なんと男性の姿があるではありませんか。
それも全裸で、ペニスは勃起していました。
まだ20代でしょうか、なかなかのイケメンでした。
でも私が一番に目が行ったところは、その男性の勃起したペニスでした。

「え、ええ~、なんですか、この方は?」

私は自分が全裸であることよりも男性が奥の部屋にいることに驚いて、裸のままただ呆然と立ち尽くしていました。

「ゆみこさん、これが欲しいんでしょ?」

奥様はその男性の勃起したペニスを握り、フェラチオをしながら私の方を向いてニヤニヤしていました。
私は最初に紅茶をいただいた時から頭がぼーっとしていて、今の状況が理解できませんでした。
しばらく私はその場に立ち尽くしていましたが、奥様に手招きされてその男性に近づくと、私の腕を握り、抱き寄せ、その男性からキスをされました。
すでに私の体はスケベ状態になっていて、力も入らずに男性の舌を受け入れてなすがまま。
男性におっぱいを揉まれ、奥様は私のお尻を舌で丁寧に舐めながらおまんこに指を入れ、そしてお尻の穴も舌で舐められる感触がして、愛液が急にいっぱい出てきて・・・。

「う、ううう~ん、あっ、ううう~ん、あっ」

男性がキスをしたり乳首を舐めたり交互にされるので、口を塞がれたかと思うと今度は乳首を吸われ、そして下半身は奥様の舌が私のお尻や太ももを愛撫していて・・・。
これほどの快感を感じたことは人生で初めてでした。
いけないという感情と、(もっと舐めて、もっといじめて)みたいな感情が入り混じり、次第に私はこの快楽に負けていったのです。

男性にベッドに寝かせられ、私は大の字になって、奥様とその男性から愛撫されるまま。
快楽の感情がどんどんと昇っていき、頭はすでに真っ白で、とにかくこの男性のギンギンに勃起したペニスが欲しくて欲しくてたまらなくなっていました。
今度は私は四つん這いにされ、顔の前には勃起したペニス。
お尻は奥様の舌が休むことなく動いていました。

「ゆみこさんのお尻、美味しいわ~」

私が男性のペニスを握りフェラチオをすると、男性の感じる声が聞こえてきました。

「ゆみこさん、いいよ、舌の動きが気持ちいいよ」

男性のペニスは大きくてカリの部分も大きくて、私の口では全部入りきれなくて、でも、(このペニスが私の中に入ってきたら・・・)と考えると、いやらしい気持ちを抑え切れなくて・・・。

「欲しいの~、入れてちょうだい」

すると今度は奥様と男性が入れ替わり、そのぶっといペニスが私のおまんこに一気にずぼっという感じで挿入されました。
ペニスが大きいので膣の奥まで当たります。
その突き上げられる快感が最高でした。

「あああ~っ、あああ~っ、いい、いい、もっと突いて~」

私は悲鳴のような声をあげ、おっぱいは奥様にビチョビチョになるくらいに舐められ、突き上げられる快感と乳首を吸われる快感で、もう完全に理性なんてどこかへ行ってました。
そして男性の腰の動きはさらに加速され・・・。

「ああ~っ、イク~、イク~、あああ~っ」
「ゆみこさん、中でいい?」

「いいわ~、中で、中でいっぱい出して~」
「ああ~っ、イクよ、イクよ」

「ああ~っ、私もイク~、イク~っ、あああああ~っ」

私はそのままうつ伏せの状態でベッドに倒れこみ、男性も上に乗ったまま動けなくなりました。
数分くらいして横にいた奥様が・・・。

「ゆみこさん、すごくよかったわよ」
「奥様ひどい、私をこんなにいじめて~」

「だってゆみこさんが欲しいって言うから・・・」
「奥様、男の人がいるって言わないから・・・奥様、この方は?」

「私のセックスフレンドよ、教団の幹部の方」
「え、でもまだ若いでしょ?」

「そうよ、まだ26歳よ。すっごく私を喜ばせてくれる方よ」

私はようやく我に返って行く感じがして、急に裸を見られていることが恥ずかしくなり、男性がベッドから下りると毛布で全身を隠しました。

「ゆみこさん、恥ずかしがることないのよ、今、この方とセックスしてたんだから」
「い、いえ、恥ずかしいです」

「だめよ、もうゆみこさんのアソコもばっちり見られてるの」
「わ、私・・・浮気したことないんです」

「これは浮気じゃないの、儀式なの」
「え!?儀式?」

「そうよ、あなたはこれで教団審査にパスしたのよ」
「え、私、宗教に入る気はないんですけど・・・」

「また快感を味わいたくない?」
「いえ、その・・・」

「旦那だけでいいの?若い男は最高よ、それにこんなに硬いのよ」

奥様が男性のペニスを触りながら言うと、みるみる勃起してまた太くなりました。
たしかに旦那とは比べ物にならないくらい・・・硬くて大きい。
旦那はすぐに終わるけど、この男性のペニスは・・・。

「ゆみこさん、今晩旦那さんとセックスしてみたら?わかるから」

そう言われ、そろそろ子供を迎えに行く時間になったので、私は服を着て失礼しました。
おそらくその後、奥様はあの男性と思いっきりセックスしてるのでしょう。
それを考えるとなぜかアソコが濡れてきて、まだ下半身に男性の太いペニスで突かれた感触が残っていて・・・また濡れてきました。

その日の夜、私は奥様に言われるままに旦那とセックスをしました。
いつもよりはセックスの時間は長かったけど、満足感には程遠いものでした。

月別アーカイブ
18歳未満閲覧禁止
当サイトには性的な描写が含まれるアダルトサイトとなります。18歳未満の方の閲覧はご遠下さい。

また、当サイトは個人で楽しむ目的で運営しておりますが、その著作権は引用元にあります。
サイトの閲覧、リンク先のご利用は自己責任で行っていただきますようお願い致します。
その他、相互RSSやご要望等は「お問い合わせ」からお願い致します。
オススメ!怖い体験談
[鵺速]あなたの傍の怖い話
媚薬・精力剤を使ってみた
脱毛してモテようぜ!
[PR] 今!VRが熱い!!
相互RSS(エッチな体験談)
相互RSS(怖い体験談)