グッとくるエロい体験談SP

【乱交】平凡な主婦だったのに変態プレイが止まりません[中編]

LINEのグループは作ったものの、私はこれきりと決めていた。
実際1ヶ月ほどは何の連絡もなかった。
私はオナニーを始めた。
もちろん、あの出来事を思い出しながら私はした。
自分の指だけでは物足りず、思い切ってネットでバイブも買った。
とても気持ち良かったが、やはり何か物足りない。
一度、快楽の味を覚えた牝の野獣は、もうやめられないのだ。
私は若いイケメンを見ただけで、濡れるようになった。

8月、A君からグループに投稿が来た。
ノーパン、ノーブラ、ミニスカート、アソコの毛は全剃り。
変態なドレスコードが私に課せられた。
私は自分でアソコの毛を剃った。
ミニスカート、ノーパン、パイパンなので、夏なのに股間が涼しかった。

(誰かに見られるかもしれない・・・)

見慣れた道を歩きながら私は恥ずかしさで少し濡れてきた。
待ち合わせの駅に着くと、『シーザー』というグループの旗があったので、そこに集まった。
周りから見るとただのオフ会。
しかし実態は乱交サークル。
私は聞かされていなかったが、順子さんの他にも何人かの奥様方が来ていた。
みんな上品そうな人ばかりだった。
とても乱交をするようには見えない。

金品のやりとりは禁止。
嫌がることはしない。
ヤクザお断り。
動画は撮ってもいいがSNSなどにアップするのは禁止。

などといった規約が書かれた紙が配られる。
ひとつでも破ると出禁になる。
いつの間に、こんな規則が・・・?

Eの家に入ると、すぐに乱交が始まった。
酒池肉林、阿鼻叫喚とはこのこと。
乱れに乱れ、イキまくったが、初めての時ほどの興奮も勢いはなく、何かが物足りなかった。

G子「真澄さん。ここじゃ物足りないでしょ?屋上に行きましょう」

G子だった。
黒のエナメルブーツを履き、ハイレグ、コルセット、ロンググローブ、網タイツをしている。
まるで女王様だ。
私はG子に屋上に連れて行かれた。
他にA、B、C、順子さん、Dの彼女、その他、初めて見る熟女がいた。
マンションの屋上に生暖かい風が吹いていた。
G子が着ていたのと同じようなエナメルブーツ、ハイレグ、コルセットロンググローブ、網タイツが渡された。

G子「早く着なさい」

私はさすがに躊躇していた。
しかし順子さんが普通に着ていたので、思い切って着た。
初めてだったから着るのに難儀した。
ハイレグが著しく私の体や尻の割れ目に食い込んでくる。
G子のとは違い、紫色のハイレグは乳房だけ出るようになっていた。
後ろからジッパーで締めるタイプだったので、そこだけはBに手伝ってもらった。
ドMな私は、その締め付け感だけでマンコをビショビショにしていた。
ハイレグの生地でお尻の割れ目が擦れて、とても気持ち良かった。
12センチはあるだろう赤色のサイハイブーツのピンヒール。
思わず転びそうだ。

G子「やっぱり気に入ったようね。もうアソコがビショビショよ。さすがにいい年をした変態ババアは違うわね」

G子が舌舐めずりをしながら言う。
そういうG子も、アソコに付けているピアスを白い粘液で濡らしていた。
G子もドSの快感で恍惚となり、ヨダレを垂らしている。
ブーツを履いた足は快感でブルブルと震え、今にも倒れそうだ。

G子「マスクをしなさい」

私のしているハイレグには全頭マスクが付けられている。
ショートヘアであったが髪をまとめ、私は言われるがままにマスクを付ける。
Bに後ろからジッパーで締められた。
ハイレグの生地がますますお尻の割れ目に食い込む。
首や頭も締め付けられた。
生地越しに前が見えるので、さらに上から目隠しをつけられた。
結束バンドで両腕を縛られて、さらに乳房まで締め付けられた。
足枷もされ、自由に身動きができず、BとDの彼女に何とか支えてもらった。
被虐感だけでイッてしまい、倒れそうになった。
生暖かい風が吹き付け、ハイレグはあっという間に汗まみれになった。

G子「こうして見ると、淫乱牝犬奴隷ね」

G子が冷たい声で言う。

B「ほんとそうだな」

普段は優しいBも私を嘲笑する。
私はそれだけでまたアソコをビショビショにした。

B「おらあ、ババア、勝手にイッてんじゃねえよ!」

Bが私の腰を平手打ちにする。

私「ひいん!」

私はまたイッた。
ヨダレがダラダラと垂れてきて、マスクの中は唾まみれになる。
私はたまらなくチンポが欲しくなった。

私「お願い。淫乱牝犬ババアの真澄の汚いガバガバマンコに若いチンポを頂戴」

私はその台詞を何度も言い、ようやく挿入してもらった。
生地越しにG子のマンコとピアスを舐めながら、後ろから男達に犯された。
マスクはG子の粘液と私のヨダレでグチョグチョになった。

B「おらあ、変態ババア!ヨガってんじゃねえゃ!」

私「ひいん。許して、若いチンポが欲しくて、ガバガバマンゴが疼くのよ!」

B「そんなにチンポが欲しいか?」

私「そうよ。3度の飯より若いチンポが好きなの。若いチンポがないと生きていけない!真澄にもっとチンポまみれの生活をさせて~~!あフン!」

そこでも私はイッた。
あまりの快感に腰がガタガタする。
支えてもらっていないと立っていられない。
支える方も大変だと思う。
隣では、順子さんはじめ熟女達がこの世のものとは思えないヨガリ声を出していた。
生暖かい風が吹く。
他の人には聞こえそうで聞こえない出来事。
ただ夏の空だけが知っている。
あの時は、暑い空気でさえも淫靡に感じた。
私達は汗まみれになりながらヨガリ狂い、最後は立ったままで順子さんと互いに全頭マスク越しにキスをしながらマンコを貪りあった。

A「淫乱ババア同士で貪りあっているな」

B「これが上品な奥様の正体か。最近の熟女は怖えーな」

F「B君。昔から熟女はこうなのだよ。俺も初体験は熟女だったけど、そりゃあおっかなかったから」

A「それにしても、旦那がこれを知ったら卒倒するだろうな」

私は、そんな会話を聞きながら、生まれて初めて潮を吹いた。
ついでにおしっこも漏らした。

私「ひいい!ぎもぢいいい~~~ん!」

G子に支えてもらい、頭をコンクリートに打ち付けるのはなんとか避けられたが、一時休止。
その後は、水分補給をこまめにしながら、また部屋でやりまくった。

あの後、汗まみれになったコスチュームの保管を命じられた。
洗濯は一切禁止。
その後の乱交でも汗まみれのハイレグとマスクを着せられて、ありとあらゆる体位で挿入され、舐め回された。
当然臭くなったが、それでも着させられてセックスをした。
被虐感でますます私はヨガった。

C「淫乱ババア!臭えな。どうしたらそんなに臭くなるんだよ!」

暗闇の中、Cとベッドの上で抱き合いながら罵られる。
全頭マスクはハサミで口だけ開けられたが、それは人間の言葉を発するためではなく、野獣のようにチンポを咥えるためだ。
私が必死で狂いイキをしていると・・・。

G子「知らない男のチンポを舐めると、そうなるのよ。思い切り舐めさせてあげる。あなたの好きな若い男のチンポをね」

私は地下室にいた。
グループLINEで交流があったとは言え、そこで初めて会った名前も顔も知らない男達のチンポを咥えるように命じられた。

私「ひいん!ヂンボ好きいん!」

私は1回イクたびにペットボトルの水を飲む。
そして、「淫乱牝犬ババアの真澄にチンポを舐めさせてくれてありがとうございます」と、床を舐めながら土下座をした。
若くて臭いチンポ。
その匂いだけで私はイッた。
G子にペニスバンドで突かれながら、若い汗まみれの臭いチンポを順番に舐める。
その後は、彼らのうちの何人かとセックス。
お互いに顔も名前も知らないまま、野獣のように貪りあった。

熟女達のあまりにもの変態プレイに、怖気付き、逃げ出す男もしばしばいた。
イカついヤンキーやラガーマン、ちょいワル風の親父でも顔を青ざめて逃げたりした。
参加人数も多いが脱落していく者も多かった。
逆に女のほうが肝が座っていて、清楚な女性や貞淑な人妻でも乱交や変態プレイにハマっていき、咲き乱れていった。

清楚なお嬢様が来たこともあった。
あどけない瞳をした小さな女子大生。
一応、仲間に入れてもいいかどうか面接をした。
話してみると芯の強いしっかりとした女性だったが、経験が全くないと聞いたので、最初は大丈夫かなと思った。
しかし逆に彼女には新鮮だったようだ。
初めは興味本位で来ていた彼女も徐々に乱れ、触れたり罵られたりする度に洪水、キスをしただけで白眼をひん剥きながらイキまくるという状況になった。
彼女はパイパンにし、マンコやアナル乳房に際どい入れ墨までした。
精神だけではなく肉体までド淫乱になっていった。

やがて彼女は来なくなった。
聞くところによると、有名出会い系サイトやクラブで男を食い散らかし、セフレを作りまくっているそうだった。
実はつい最近も彼女に会ったが、立派で綺麗なビジネスパーソンになっており、とてもそんな風には見えなかった。
しかし喫茶店で話してみると、セフレが10人以上いると教えられた。
ムラムラする度にセフレ達を呼びつけ、乱交したり、クラブで男を食い散らかしていると言った。

私も半年も経たずにすっかり淫乱ババアに変わり果てた。
後悔はなかった。
ただ当時は、寂しさを埋めていただけかも知れない。

<続く>

月別アーカイブ
18歳未満閲覧禁止
当サイトには性的な描写が含まれるアダルトサイトとなります。18歳未満の方の閲覧はご遠下さい。

また、当サイトは個人で楽しむ目的で運営しておりますが、その著作権は引用元にあります。
サイトの閲覧、リンク先のご利用は自己責任で行っていただきますようお願い致します。
その他、相互RSSやご要望等は「お問い合わせ」からお願い致します。
オススメ!怖い体験談
[鵺速]あなたの傍の怖い話
媚薬・精力剤を使ってみた
脱毛してモテようぜ!
[PR] 今!VRが熱い!!
相互RSS(エッチな体験談)
相互RSS(怖い体験談)