一回り以上も年の離れている夫がいるのですが、40歳を過ぎてからは夜の生活は完全になくなりました。
以前から淡白で、勝手にイッてしまうので、私は満足できず、熟した体を悶々と持て余していました。

そんなある日、駅前でステキな男性に声を掛けられたんです。
最初は誰かわからないくらいに成長した、昔、家庭教師をしていた時の教え子でした。
うぶで私と目を合わすこともできなかった男の子が、もうすっかり大人の男性になっていました。

私は思わず彼の腕をとって歩き出していました。
どこに行くともなく15分くらい歩いて適当な居酒屋に入りました。
昔話をしながら飲んでいると、お互いに酔ってきて・・・。

「家庭教師をしてもらっていた時からずっと好きでした」

急に彼に言われたんです。
ビックリしたけど、酔っていたせいもあって、それにもうずっとセックスなんてしてなかったから体が疼いて・・・。
彼をホテルに誘いました。
裸にすると、昔はなよっとしてた体も、今は筋肉がついてガッチリしてて、アソコも大きく硬くなっていました。
私は彼の逞しいペニスを夢中でしゃぶりました。

「そ、そんなにしたら出ちゃうよ」

そんな彼の言葉も無視して舐め続けました。
すぐ果ててしまう夫にはしたことがないように激しく、タマやカリを舐めたり、お尻の穴とかも舐めました。

「すごいよ、もう出そうだ」

そう言った途端に私の口の中に発射したのです。
すごい量でした。
それに味も濃いみたいです。
もちろん私は全部飲み干しました。
舐めて綺麗にした後も、私はまだまだ舐め続けました。
若いだけあって、彼は立て続けに私の口の中に3発出しました。

「先生となら何度でもできるよ」

「じゃあ入れて。生で入れてちょうだい」

それから彼は、正常位、騎乗位、バックと色んな体位で私を喜ばせてくれました。
夫とは比較にならない持久力に、私は久しぶりのエクスタシーを予感していました。

「もっと、もっと激しくして、お願い」

私は何度もお願いしていました。
そして結婚してから初めて、ペニスによるエクスタシーを感じることが出来たんです。
同時に彼も発射しました。
もちろん私の中に。

たった1回のつもりだったけど、私の方が彼の体に溺れてしまったようでした。
その後、私の方から連絡をとって、週に1度のつもりが・・・日に日に会う回数が増えていきました。
今では夫との離婚を考えてしまうくらい彼に夢中です。
もちろん、いつまでもこんな関係が続くなんて思っていません。
どうしていいのかわからないけど、今は幸せです。