卒業の話を読んでると俺の悲しい思い出が蘇ってくる・・・。

もう15年以上前の話なんだけど、当時大学2年だった俺はとある町工場でバイトしていた。
町工場といっても従業員が30人くらいいる、そこそこ大きな町工場だった。
たぶん正社員というか職人さんは5人くらいで、あとは地方から出稼ぎに来てる季節労働だったりバイトだったんだと思うが、結構居心地の良い職場だった。
社長ってのは60歳を過ぎたいかにも頑固そうな職人さんだったけど、その息子の工場長ってのが実際にその会社を切り盛りしていた感じで、人当たりも良く仕事はすごいしやすかった記憶がある。

当時はバブル真っ只中ということもあったんだろうけど、その会社も景気が良かったのか年に1回、温泉1泊の社員旅行があって、バイトでもタダで参加させてくれていた。
町工場ってのはいわゆる3K(キツイ・汚い・危険な仕事)と思われたのか、給料が良い割に若いバイトは全然おらず、10代の俺を除くとあとは皆30歳オーバーだったと思う。
そんな中で、俺は結構可愛がられていたと思う。
宴会でも、「若いんだからジャンジャン喰え!」なんて言われて、美味いもんが回ってきたりしていた。

で、酒も入ってくると、当然のように下ネタ話に花が咲くw
普段も学生仲間で下ネタは話すが、いい年したオッチャン連中の話ときたら童貞には刺激の強いものだったw
話の流れで俺が童貞だということがバレると、これが同じ学生仲間だとバカにされたりもするんだろうけど、オッチャン連中は新鮮に感じたらしく、自分達の童貞時代のエピソードなどで盛り上がったりしてた。

まあ結構楽しい時間が過ぎたんだけど、宴会が終わりに近づくと工場長が、「このあとストリップに行かないか?」と誘ってきた。
当時、女性のアソコは無修正のビニ本くらいでしか見たことがなく、ぜひとも生で見てみたいと興奮しながら、「連れてってください!」と頼んでいたw

総勢8名で夜の温泉街に繰り出し、小さなストリップ小屋に辿りついた。
入口にオバチャンがいて工場長と話をしていた。
そもそも俺はストリップの相場なんて知らなかったが、そこは1人8000円と確か書かれていた。
ただ工場長が話をしたところ、その日はストリッパーが1人しかいないと・・・だから8名で2万円でいいとか、そんな交渉があったようだった。
ただ俺は興奮しまくっていたので、そんなことより早く裸が見てぇ~と思っていて、交渉決裂でストリップ自体が無しになることがないように祈っていたw

で、交渉がまとまり8人で小屋の中に入っていった。
明らかにさっきまで電気が消えていて、今明かりを灯けたばかりなのってわかるじゃない。
シーンと静まり返った小屋の中は、小さなステージにその周りを囲むように椅子が10脚くらいと、端っこの方にソファーがある状況だった。
突然明かりが暗くなり、音楽が流れ始め、ストリッパーのシルエットが現れる!

(・・・って、さっき受付にいたオバチャンじゃん!!!)

ちょっぴり衝撃を覚えながらも気が付くと、周りのオッチャン連中に合わせて俺も手拍子をしていたw
まあストリッパーのオバチャンも、たぶん30年前は美人と評判だったんだろうなぁと思わせるような風貌で、芸能人で言うと奈美悦子みたいな感じ。

音楽に合わせて1枚ずつ服を脱いでくオバチャン!
恥ずかしながら俺はその当時、ストリップのシステムというのをよく理解していなかった。
深夜番組の『トゥナイト』なんかでストリップ特集とかやってても、モロ出しはないじゃない(テレビだから当然なんだけどw)
モロだと公然猥褻だかなんだかで問題だから、見えそうで見えない微妙なところだろうと思っており、それでも生で踊ってるんだからハプニングとかで見えるかもしれないと期待して、一番前で目を皿のようにして凝視していたw

そうこうしていると、ホント目の前20センチくらいのところで御開帳!!!
この瞬間、本当に失神するかと思うほどの衝撃だった!
まさかここまでモロに見えるとは!
オッチャン連中は、「相当使いこんでるなぁ!」などと言っていたが、見比べたことがない俺は、ビニ本と違って目の前で動いてることに感激していたw

で、なにやら工場長がこのオバチャンと交渉して、俺の筆おろしをさせてやってくれと言っていた。
筆おろしの意味も知らなかった俺は、たぶん直接ストリッパーに触っちゃダメだから、筆を使ってストリッパーにいたずらとかすることだろうと考えていて、普通に「お願いします!」と頼んでいた!

端っこの方にあったソファーを2つ向かい合わせで並べてベッドらしきものを作ると、そこにオバチャンが寝る。
そして俺はズボンとパンツを脱ぐように言われ・・・そこで初めて俺は・・・。

(これからセックスをするんだ!)

ということに気付いたw
さすがに知り合いのオッチャン達がいる前だから躊躇したんだが、皆に励まされ(?)、あと欲望にも敵わず、ついに下半身を晒してしまった。

とりあえずオバチャンはおしぼりでフキフキしてゴムを装着してくれたんだが、もう元気一杯になっており、オッチャン達は「おぉ~!」とか言いながらニヤニヤしていた。
この時はあまり視線は気にならなかったんだが、前戯も何もなしでいきなり挿入するも、ちょっと動くとすぐに抜けてしまう。

で、次に俺が下になって騎乗位の体勢になると、みんなの視線が集中していることに気付いてしまう。
最初に挿入した時は中の温かさとかに感激していたんだが、今度は視線が気になってそれどころじゃなくなる。
最初はすぐにでも射精しそうな勢いだったんだが、こうなるともうダメで、さっきまで脳内で美化していたオバチャンが気持ち悪いものに思えてきたりした。
ただ射精感はなくなったものの相変わらず元気ではあったんだけどねw

5分くらいかな?
オバチャンが腰を振ってたんだけど全然イキそうもない・・・。

「童貞なのに頑張るじゃんw」

なんて笑っていたけど、そのうち工場長が、「なぁ、人数分払うからこっちも頼むよ。温泉入ったばかりだから汚くないしさ」と言ってズボンとパンツを下ろして、オバチャンの前に出してきた。
オバチャンもOKして、俺の顔のすぐ上でフェラが始まった。
なんか、その異様な雰囲気に異常に興奮して、俺は瞬間的に射精してしまった。
オバチャンが、「あら!?」とか言って抜いておしぼりで拭いてくれたけど、なんか俺はショックでフラフラとその場を離れてしまった。

ちょっと離れたところでオッチャン連中が代わる代わるやってる光景をぼんやりと眺めながら、なぜか涙が流れてきた・・・。