私が19歳の時の出来事。
39歳の母と2人暮らしでした。
母は昼働き、夜は週3日、スナックで働いていました。
父は病気持ちで私が高校のときに他界していました。
まだ若く美人だった母でしたが、男はいなかった。
父のことが好きで忘れられなかったようです。

当時、母の携帯に毎日電話してくる男がいた。
お店のお客で、「交際を迫られてる」と母が困っていた。
家には男からのプレゼントが沢山ありました。
母が言うには、56歳で禿げて顔も好みじゃないと。
土建関係で身なりが汚く、同伴とかも恥ずかしいと。
母は父のような細身のイケメンが好きでした。
その男は全く違うタイプで、上客でも母は嫌っていました。

そして悪夢のような日・・・。
私は交際してた彼と泊まりの海水浴から戻った。
夕方4時頃。
私は彼を、「寄ってかない?」と誘った。
母公認の彼でしたし、もう少し一緒にいたかったから。
私の家は近所から離れた一角にありました。
土地の形が悪く、とても安く購入できたそうです。
小さいけど一軒屋。
父の形見でもあります。

私と彼が玄関に入ると、すぐに異常に気がついた。
2階から聞こえてきた母の声は普通ではなかった。
明らかに母は誰かとセックスしてる・・・。

「さくら(母)いいまんこしてるじゃねーか」

「嫌だって、やめてよ、そこはあんたの物じゃないから」

廊下には母の服や下着が散乱。

「お母さん・・・もしかしてレイプされてる?あの男か?」

事情を知ってる彼も私と同じ考え。
2人で2階に上りました。
場所は父と母の寝室。
目の前で母が大柄なあの男に犯されていました。
激しいバック。
小柄で小さな母が男の玩具にされてました。
男は母のお尻を乱暴に掴み激しくピストンしてました。

「まじかよ、すげー」

あんな男にされて母は確実に感じていました。
私が生まれてきた穴に男のデカいチンチンが奥まで。
時々濡れたそれを抜き、母のお尻を叩く。
重そうな音がする。
残念すぎる光景。
猛烈な悔しさと怒り。
彼はビビってる。
それは私も同じでした。

私は彼を指で突いた。
彼は部屋に入ったけど震えていた。
数秒後、男と彼が口論。
21歳の彼も激しく言い返す。
男はデカいチンチンをビンビンにしたまま彼に凄む。
母の悲鳴。
直後に彼が吹っ飛ぶ。
失神した。
彼が先に手を出し、男に数発殴れた。
怖くて今にも失禁しそうだっけど、眼下の彼は失禁してた。
お腹を殴られたから?
短パンから染み出している。
母は私にも危害が及ぶことを恐れて酷く動揺してました。

「私の体はあなたの自由にしていいから、逆らわないから。だから娘には手を出さないで。お願いだから。彼も許して」

私は逃げられないように下着姿にされた。
彼は私が全部脱がした。
漏らしたおしっこが凄く不快でした。
男の命令で彼の服は窓から投げた。
シャツで汚れた廊下を拭いた。
私と彼と母の携帯は男に取られ、やはり窓から捨てられた。
彼と私は廊下で別々に縛られた。

寝室のドアが閉まり、2人のセックスが再開した。
聞きたくない母の喘ぐ声。
男のセックスでイカされる母。
数十分すると母の声が聞こえなくなった。
ドアが開き男が仁王立ち。

(やばい、やられる)

私は直感した。
彼は変な呼吸をしていた。

(意識が戻りそうなの?)

縛られた私は解放されたが、やはり裸にされた。
デジカメで私も彼も撮影された。
室内の母は大股開きにまま。
口が半開きのまま寝てるようだった。
手はベッドに縛られていた。

私は彼が横たわる場所でしゃぶらされた。
たぶん母のあそこの匂い、それと男の精子の臭いがした。
彼の倍ぐらいあると感じた。
あまりに大きさが違い過ぎてビビった。
男が彼を足で叩く。
彼が目を覚ました。
私が男のデカチンをしゃぶってる姿を見てる。
何も言わずにジッと見てる。
悲しそうな顔。
あまりにも太く、顎がキリキリと痛む。

「ガキは下手くそで駄目だな」

男は背後に回り、私の股を彼の前でいっぱいに開いた。
彼の前で執拗におまんこや乳首など弄られた。
自然と涙が流れたけど、それはあそこも同じでした。
男に反応する自分の体が嫌になった。

彼の前で声を発して潮噴き。
乳首も痛いくらい尖っていた。
彼のそそり立つモノに私は腰を下ろす。
もうどうしようもない。
初めて生でしたのがそれでした。
彼では届かない場所ガツンと押された。
おまんこがビックリしてる。
だって長くて太過ぎるから。

まじで意地悪な酷い男。
彼の前で私を抱えて上下させる。
小さくて華奢な私をぬいぐるみのように軽々と扱う。
彼は上下する私を見てました。
時々目を逸らすけど、またジッと見るの繰り返し。
その顔は泣きそうだったり、私を軽蔑してたり・・・。

イクことを知らなかった私。
気が遠くなってきた。

「彼氏の前でイッてしまうな。デカいのはいいだろ。お前のキツまんこがデカいの咥えて嬉しそうじゃないか」

そんな男の声も遠くから聞こえる感じ。
悔しい悲しい・・・でも私はイッてしまった。

そこからしばらく記憶がありません。
時間経過も不明。
男が母と話す声が聞こえてるけど起きられない。

私は母に起こされて、終わったことを知った。
男はいないし、彼もいなかった。

私と母は男に中出しされていました。
産婦人科で処置をしてもらいました。
緊急避妊です。
医者から警察行くように薦められ、病院から行きました。
根掘り葉掘り聞かれて最低でした。
興味本位な気がしました。
途中から女性の警官に変わりましたが、やる気が感じられませんでした。
男の住所も本名もわからず、しかも単身赴任の身。
私達の行動も遅かったようで、結局その男は逃げて捕まらず。

大好きだった彼とは絶交。
私達は家を売り引っ越しました。
親子でレイプされた噂が広がったから・・・。

母は昼職を辞め、温泉街のコンパニオンをはじめましたが、完全に風俗です。
母は美人でスリムなので人気でした。
すぐに母はヤクザの愛人になりました。
性格も変わり、以前の優しさがなくなった。
その頃アナルを知り、母はその快楽に溺れていました。

そんな母の影響で私も夜働くようになった。
私は母とは別に暮らし、色々な男に抱かれました。
そして結局、私もヤクザの性処理女になった。
デカチンで玉が入ってる絶倫男。

そんな生活が嫌じゃない私と母。
全てはあの夏の出来事から始まりました。