グッとくるエロい体験談SP

【Hな体験】お化け屋敷の待機中に巨乳娘とこっそりエッチ

とある夏のことでした。
夏と言えばお化け屋敷。
僕らは友人らと一緒にお化け屋敷を作る側になりました。
地域の演劇サークルに入っている友人からの頼みで、小さなビルのワンフロアを使ってお化け屋敷をやりたいけど、お化けの人数が足りないということで急遽声がかかったのです。
夜なら空いているし、他人を脅かすのも楽しいかなと思い、参加することになりました。

仕事が休みの日、そのサークルの方たちと顔合わせをして、ストーリーと共にどんなお化けをやるのか、そしてどういう演技で脅すのかを話しあって練習したのです。
お化けは総勢10人の設定ですが、その中に1人、21歳の小柄で元気なアイドル顔の女性がいました。
最初に言っちゃいますが、僕はお化け屋敷の中でその彼女とエロいことをすることなります。

名前はヒトミ(仮)、ややぽっちゃりタイプ。
いわゆるロリ巨乳のグラビアアイドルにいそうな感じとでも言いましょうか。

彼女はこのサークルの中でもムードメイカーのような感じで、僕もすぐに仲良くなれました。
お化けの設定を話し合っていく中で、僕はヒトミと一緒に、お客さんの後を追いかけて脅す役に決まったのです。
練習を重ねていくうち、なんとなくですがヒトミと心を通わせるようになりました。
軽い冗談も気軽に言えるようになりました。

そんな中、いざ本番を迎えることになりました。
ヒトミと僕はストーリーの中で、悪魔に食べられてしまった農民の幽霊という役でした。
傷や血のりで演出はしているものの、服装は破れたシャツやちぎれたジーンズだったりとシンプルなものです。
ヒトミは破れたスカートを穿いていたので、太ももはバッチリ見えています。
それに胸が大きいので、破れたシャツから谷間が見えていたりして、セクシー路線なお化けです。
まあ、部屋の中は暗いので、そこまで気づくお客さんがいるかどうかはわかりませんが。

本番中は、お客さんが来るまで小さな空間で待機。
真っ暗な中で待つわけにもいかないので、わずかな明かりがあるのですが、それが逆に僕の視線を困らせます。
僕とヒトミはストーリーの一番最後に登場するので、それまで狭い空間で待っていなくてはなりません。
体もやや密接していて、わずかな光がヒトミの胸の谷間や太ももを照らしていました。
もちろんジロジロ見たりはしませんでしたが、仲良くなっていたこともあり、出番までのおしゃべりが下ネタ方向に行ってしまいました。

「ヒトミちゃんって、おっぱい何カップなの?」

「そんなこと教えませーん。チンチンの大きさだって教えてくれないでしょ?」

「教えたら触らせてくれる?」

「どうやって教えるのよ!」

「触りっこしようか?」

ヒトミは一瞬ムッとした表情になりましたが、どうせ冗談だろうと思ったのでしょう、話に乗ってきました。

「じゃあ、先に触らせてよ」

しかし僕は本気だったので、その場でジーンズを半分下して、生のムスコをヒトミに触らせました。

「ちょっと・・・本気なの・・・?」

「本気だよ、じゃあ僕も触らせてもらうね」

僕もヒトミの服の中に手を入れて、生の胸を揉ませてもらいました。
ヒトミの胸は思った以上に柔らかく、とても触り心地がいいものでした。

「ね、ねえ・・・私たち・・・何してるの?」

「誰にも言えないよね、こんなこと」

「お客さん来たら・・・やばくない・・・?」

「入場してきたら分かるし、それから準備しても間に合うでしょ」

お客さんが入ってきたら他のお化けが脅しにかかって騒がしくなりますので、僕らの出番には余裕があるのです。
僕のムスコも大いにガチガチになっていますが、ヒトミもだんだんとエロいモードに入ってしまったようです。

「ねえ・・・なんか変な感じだよね・・・」

「エッチな気分になっちゃった?」

「えっ、す・・・少し・・・」

ヒトミの太ももを弄りながら少しずつアソコに指を当てていくと、ヒトミはいやらしい声を漏らしてきました。

「あん・・・はあ・・・やばい・・・」

「ヒトミちゃん、声出したら周りにバレちゃうよ」

「でも・・・出ちゃうんだもん・・・」

必死に声を我慢しながらが感じているヒトミの姿のエロいことエロいこと。
少しずつ指をクリトリスに近づけながら振動を与えていくと、ヒトミは口を押さえて必死に声を我慢していました。

「はあああん・・・やめ・・・ダメだって・・・」

「パンティーも染みちゃってるよ」

「いやああん・・・そんなことされたら・・・」

もう完全にエロモードに入っているヒトミ。
パンティーを脱がして指をアソコに入れると、ヒトミは僕のムスコを握っておねだりしてきました。

「あんん・・・これ・・・挿れてよ・・・」

「絶対に声を出しちゃだめだよ」

「わ、わかったぁ・・・」

狭い空間で四つん這いにさせたヒトミを、遠慮なくバックで突きました。
ぽっちゃり体型のせいか、膣壁がムスコにまとわりつくようで、中はとても柔らかくてフィットします。

「ああああん・・・あん・・・はああん・・・」

必死で声を抑えようとしても、やはりどうしても漏れてしまいます。
ダクトの音で少しは防がれているかもしれませんが、他のメンバーに聞こえていてもおかしくはありません。

「あんん・・・ねえ・・・私ヤバい・・・」

「僕も、もう我慢できないかも・・・」

非日常の状況がお互いの興奮度を上げてしまっていました。
挿入してからそこまで時間は経っていませんが、2人とも限界に近い状態になっていました。

「ヒトミちゃん、ここで精子出せないから、最後は口に出すよ」

「え・・・分かった・・・いいよ・・・」

最後はヒトミをしっかりと抱き締めて思う存分にピストンをしました。
ヒトミも僕の手をしっかり握り締めて今にも果てんばかりです。

「ヒトミちゃん、イクね・・・」

「あはんん・・・私も・・・!」

僕はイク瞬間に抜いて、ヒトミの口の中にムスコを押し込みました。
思いっきり出た精子をヒトミは全部飲んで、その後はムスコをキレイに舐めてくれました。
それからすぐに最初のお客さんが来ましたが、この時ヒトミがノーパンだったことを、他のメンバーは知りません。

月別アーカイブ
18歳未満閲覧禁止
当サイトには性的な描写が含まれるアダルトサイトとなります。18歳未満の方の閲覧はご遠下さい。

また、当サイトは個人で楽しむ目的で運営しておりますが、その著作権は引用元にあります。
サイトの閲覧、リンク先のご利用は自己責任で行っていただきますようお願い致します。
その他、相互RSSやご要望等は「お問い合わせ」からお願い致します。
オススメ!怖い体験談
[鵺速]あなたの傍の怖い話
媚薬・精力剤を使ってみた
脱毛してモテようぜ!
[PR] 今!VRが熱い!!
相互RSS(エッチな体験談)
相互RSS(怖い体験談)