これは、私が25歳の頃のことです。

私は仕事が終わり、家に帰ろうとしていました。
いつも近所の公園の横を通って帰るのですが、そこに中学生ぐらいの子供たちが5~6人ぐらいで遊んでいました。
すると、そのうちの1人が私の方に近づいて来て、「お姉ちゃん、ちょっと来てよ」と言うのです。
公園の中に入ると、彼らは私の方を見てニヤニヤしていました。
そして1人が「こっちこっち」と言って、私をトイレの裏に誘ってきました。
私はどうもおかしいと思いましたが、とりあえずついて行きました。

トイレの裏に行くと、彼らがいきなり私に抱きついてきました。
びっくりして言葉が出ませんでしたが、激しく私に抱きついてきます。
私は、「ちょっとやめてよ!」と叫びました。
でも、その言葉に興奮したのか、彼らは私のスカートを捲り、脚をペロペロと舐めてきました。
もちろん抵抗したのですが、複数の中学生に囲まれて、押さえられて・・・。

「お姉ちゃんの脚、色白でキレイだね、いい匂いもする」

私の脚を舐め回したり、触ったりしてきました。
さらに別の子が、私の脚に股間を激しく擦りつけてきました。
私は、(もう抵抗しても勝てない)と諦め、抵抗をやめました。
さらに別の子は、脚に直接チンコを擦り付けてきました。
その子は激しく擦り付けた後、私の脚に向かって射精しました。

「おねえちゃんの綺麗な脚、汚しちゃった」

そう言いながらニヤニヤしていました。
続いて別の1人が射精しました。

(中学生でもこんなに出るんだ・・・)

びっくりするぐらいの精液の量で、私の脚は精液まみれになってしまいました。
すると今度は、さっきまで見ていただけだった子が、急に私に襲いかかってきました。
どうやら彼がリーダー格のようで、力も一番強く、私は恐怖を覚えました。

「お姉ちゃんの可愛い顔、汚してあげるね」

そう言ってキスをしてきました。
顔中を舐め回され、口の中まで舐められました。
その後、私の顔にズボン越しにチンコを激しく擦り付けてきました。
すると別の子たちも私の顔を舐めてきました。

「お姉ちゃんの顔、なんでこんなに可愛いの?もう止まらないよ」

そんなことを言いながら、数人のうちの1人が私の顔に顔射しました。
物凄い量で、目の前が見えなくなるほど精液を浴びせられました。
その後も次々に顔射され、私はもう何が何だか分からなくなってきました。

最後に、リーダー格の子が私に顔射をしました。
リーダーだけあって出る量もダントツでした。
その子は一度だけでは興奮が収まらないらしく、2発目を口の中に出されました。
ついさっき射精したばかりだというのに、大量の精液が口の中に入ってきました。

「こんな可愛いお姉さんをこれだけで逃がすわけにいかないよね」

彼は別の子たちに私を押さえつけるように命令しました。
複数の中学生に押さえつけられた状態で、リーダー格の子が私の服を脱がしました。
私は生まれたままの姿にさせられました。
すぐに彼らは襲いかかってきて、体中を舐められ、胸を揉まれ、もちろんアソコも舐められました。
なんとか挿入はされずに済みましたが、とにかく私は全身を舐め回されました。
途中でリーダーの子が、私のお尻に3回目の射精をしました。
パンティーを奪われ、「お姉ちゃんのパンツだ、ハアハア」などと皆で私のパンティーの匂いを嗅いだり、クロッチの汚れた部分を舐めたりしていました。
なぜか、彼らはすごく私のパンティーに反応していて、最後には皆で射精して、私のパンティーは精液まみれになりました。
しかも、そのパンティーを無理やり穿かされました。

彼らが逃げるように去った後、公園に1人取り残された私はヨロヨロと家に向かって歩きました。
家に着いたあとで気づきました。
知らないうちにスカートにも大量に射精されていました。
その日一番の恐怖を感じた出来事でした。