今週は仕事が忙しく、家に帰ったら寝て、また会社という生活を送っていました。
仕事で疲れていたということもあり、5日間精子を出していません。
今までオレはオナ禁なんてしたこともなく、いつからか覚えたオナニーで1日2、3回はオナって射精してた人間です。
それ故に、こんなに我慢できない性欲を感じたのは初めてでした。

(出したい!出したい!!)

何もしてないのにビンビンに勃起してました。
我慢できずにとうとうオナろうとした時に彼女から、「今日会えない?」と電話がありました。
彼女は23歳でオレより一つ年上です。
お互い大学生の時にアルバイトを通して付き合うようになりました。
身長は153センチで、aikoに似ています。
大人しい子で、オレと一緒の時はそうでもないのですが人見知りする子です。

彼女と会うのは仕事の都合上1週間ぶりで、どうせなら彼女に抜いてもらおうと思いました。
ムラムラしながらご飯を食べてラブホに行きました。

「シャワー浴びたい」と言いましたが許さず、そのままベッドに押し倒し、激しくディープキスをして何度もオレの唾液を飲ませました。
興奮してきて、溜まりに溜まっていたのでギンギンでした。

「しゃぶって」

彼女に口だけでフェラさせました。
時々「うぇ」と言うくらい喉の奥まで咥えさせていると射精感が高まってきたので、挿入することにしました。
彼女の処女は学生時代にオレが奪い、それ以来ヤリまくってますが、まだキツキツで凄く締まります。

「入れるよ、足!」

そう言うと彼女は手で自分の足を掴み、オレが挿入しやすいようにマンコを広げます。
そうするようにオレが教えました。
チンコを当ててみるともうヌルヌルだったので、そのまま入れてやりました。

「ひィ、あぁーー」と鳴きましたが、気にせずにガンガン突きまくりました。

「あーー、いい!うぁ」

射精しそうになったので、彼女の耳元で、「溜まってんだ、中に出すよ」と言いました。

「え?嘘でしょ?中はダメだよ、ね?」

彼女は顔を赤くして涙目で言いましたが、マンコの一番奥に溜まりに溜まった精子を出しました。

「アァーー!熱いよ、ダメって言ったのに・・・バカぁ」

初めて生で女の中に精子を注ぎ込みました。

「出来たら責任とってやるよ!」

そう言って何度も何度も彼女をレイプするように抱き、その夜は様々な体位で中出しをしました。
限界までオナ禁した後で射精すると最高に気持ち良かったです。
彼女が、「凄い量だよ」とティッシュでマンコを拭いているの見てたらまた勃起してきて、そのまま挿入してやりました。
マンコからは何度も中出ししたオレの精子が逆流してきて、グチャグチャと泡立ってました。

彼女は、「ダメダメ、いや、もぅ・・・ウァァー!!」とビクビク痙攣してイッてしまいましたが、気にせずにピストンを続け、最後は口の中に射精しました。
チンコに残っている精子を全部吸わせ、綺麗にフェラさせ終わると、彼女の口の中には大量の精子が見えました。

「飲むよな?」

オレが言うと彼女は頷き、目を閉じてゴクッと飲み込みました。

それ以来、オレはオナ禁を習慣として心がけ、限界になると彼女の中に大量に射精するようにしています。
危険日でどうしても中出しできない日には、嫌と言うほどフェラで精子を飲ませてます。
読んで頂いてありがとうございました。