10数年前の話になります。
当時、僕は高3でした。
早生まれなので17歳です。

夕方の4時頃だったと思います。
ある公園で1人、サッカーの練習をしていると、制服姿の女子中学生が小走りで公園に入ってきて、草むらの中にザクザク入っていき、もう使われなくなった掃除用具入れの小屋の後ろに隠れたんです。

(すわ!野ションか!?)

ダッシュで女の子の所に行くと、案の定、オシッコをしていました。
初めて目撃した女子の放尿シーン。
しかも相手は女子中学生。
制服のスカートを捲り上げていたので白いお尻も丸見え。
何とも言えぬ興奮を覚え、僕はこっそりと後ろから眺めていました。

痛いくらいに膨張したペニスが短パンの中で擦れて、亀頭ヒリヒリするくらいでした。
女の子はオシッコが終わったようで、立ち上がって白いパンツを上げました。
紙を持っていなかったのか、アソコを拭いてませんでした。
そして女の子がこっちを向いた時に、僕の存在に気付き、ビクッッと反応したあと固まっていました。
この時に初めて女の子の顔を見ましたが、黒ぶちの地味な眼鏡をかけていましたが、メガネを取れば美人だとわかる女の子でした。

オレ「ごめん、オレも立ちションしようと思って・・・」

嘘をついてその場を取り繕おうとしましたが、彼女はずっと俯いていました。

オレ「オレも立ちションするところを見せるから、それで許して」

特に反応なし・・・。

さらに女の子に近づき、再度、「オレだけ見ちゃって悪いから、オレも見せるね」と言ってズボンを脱いでチンコを出しました。
短パンとパンツを下ろすと同時に、赤くパンパンになった亀頭が上を向いて飛び出しました。

彼女「えっ・・・」

女の子は初めて声を出しましたが、思いっきり固まって僕のチンコを見ていました。

オレ「キミ、◯◯中でしょ?」

彼女「はい・・・」

オレ「オレも◯◯中だったから後輩だね。何年生?」

彼女「2年です・・・」

オレ「ションベンしていい?」

彼女「あ、はい」

オレ「じゃあ見てて」

そう言ってオレはペニスを持ちましたが、勃起してるし、あんまり尿意もなかったのでオシッコなんて出ません。
彼女はそんなオレをジーッと見つめていましたが、「嘘、ついたんですか・・・」と涙目になってきました。

オレ「オレだって男だよ。キミみたいな可愛い子のアソコを見れば勃っちゃうよ・・・。オレも見せたから許してくれる?すげえ恥ずかしいし」

オレの言い方がおかしかったのか、彼女は少し笑みを浮かべながら僕のチンコをずっと見つめていました。
当然、全く膨張は収まりません。

女の子はまだ見続けていたので、「チンチン見るの初めてなの?」と聞いてみました。

彼女「パパとお兄ちゃんのはあります」

この辺から、女の子の警戒心が薄くなってきていました。

オレ「勃ってるのも?」

彼女「あ・・・はい。あります」

オレ「オレのってパパやお兄さんと同じくらい?やっぱ気になるんだよね。こんなこと、もう二度とないと思うから率直な意見を聞かせてよ」

彼女はジーッとオレのペニスを見ながら言いました。

彼女「先輩のがちょっと長いです。パパは似た形だけど、お兄ちゃんは先がそんな風には出てないです・・・」

オレ「そっか、ありがとう」

彼女「全然、小さくならないですね」

オレ「オシッコすると収まるんだけど、出さないと無理みたい」

彼女「え?」

オレ「オナニーしないと駄目みたい。ここまで見たんだから出るところも見てよ。お互いに大事なところを見せちゃったんだからさ」

オレは女の子の返事を待たずにオナニーを始めました。
そして、黙って見ている女の子に、「触ってみてよ」と。
彼女は恐る恐るオレに近付くと、そっと手を伸ばして指でツンツン。

彼女「硬い・・・」

オレ「ちゃんと触って」

そう言うと、握ってくれました。

彼女「熱い、です」

オレは彼女に握ってもらったまま腰を前後に動かしました。
そしてオレが腰の動きを止めると、女の子は皮を前後に扱いてくれました。
すぐにイキそうになりました。

オレ「あ、出そう!」

その直後でした。
3メートルは飛んだと思います。
彼女は慌てて手を離すと、逃げるように走り去っていきました。