グッとくるエロい体験談SP

【女×女】ナースのお姉さんのオモチャになりたくて

高校生のあけみです。
ちょっと前に体調を悪くして入院してました。
私は担当のナースのお姉さんが気になって仕方がなくて、いつもドキドキしてしまいます。
検診時間になり病室にお姉さんが来ると、気付かれないように白衣の身体をエッチな目でジロジロ見てしまうようになってしまいました。
後ろ姿のお姉さんの下着のラインとか透けてるのとかを見てしまうと、何だかたまらない気持ちになってしまいます。
お姉さんが帰った後、お姉さんの残像を思い出してオナニーをしてしまいます。
私もちょっとだけお姉さんに見て欲しくなり、ノーブラだったりするときもあります。

気付いてくれてますよね?
私の乳首、見てくれてますか?
お姉さんに触られたい・・・。

お姉さんの検診が待ちきれなくて濡らしてしまいます。
もっとドキドキしたくなり、お姉さんが来る時間のちょっと前に、パンツの上から撫でて濡らしていた時もありました。

エッチな匂いがしちゃうかも・・・。
もしかして気付かれたらどうしよう・・・。

なんて思うとすごく興奮してしまってパンツの中はヌルヌルです。
検診中にお姉さんの顔を見るのも恥ずかしい・・・。

いつも通り検診を受けていると、お姉さんの視線は私の胸を見ていました。

(気付いてくれてる・・・。乳首、見られてる!)

思わず着衣を押し上げてしまう私のいやらしい乳首。
恥ずかしくてたまらないけど、(もっと見て!)って思ってしまいます。
検診が終わるとお姉さんが私の耳元で・・・。

「今日もノーブラなのね!」

って囁いて部屋を出て行きました。
やっぱり気付かれてたんです。
見て欲しいと思ってたけど、指摘されたりするとは思ってなかったので、すごく恥ずかしいけど嬉しかったです。

私はお姉さんに、濡らしてたり、オナニーしてるのも気付いて欲しくなりました。
だから次の日もノーブラで検診を受けました。
いつもよりお姉さんが近くに感じます。
私へのボディタッチも増えた気がします。
お姉さんの身体が私の腕に触れる機会が多く感じます。

(今日もおっぱい、見てくれてる・・・)

私、触って欲しくて我慢できない顔をしてるかもしれない・・・恥ずかしい。

検診の時間以外は、もちろんブラは着けています。
病室以外でお姉さんが私に気付いてくれた時は、ノーブラじゃないか胸をチェックしてくれてる気がするようになりました。
次の日も次の日も、ノーブラでお姉さんを待ちました。
そんな日が何日か過ぎると、『この子、また今日も』・・・ってお姉さんが思ってくれてるのか、「また見えてるわよ」って、乳首を指でツンってしてきたんです。
とっさのことで何の反応も返せないまま、恥ずかしくてたまりませんでした。

(もっと触ってもいいのに・・・だから乳首を見せてるのに・・・)

そう思った私は次の日、乳首が一番透けてしまう服でお姉さんを待ちました。

(何も言わなくてもお姉さんはわかってくれるばす・・・)

私はお姉さんの目をじっと見つめ、ゆっくりと目を閉じました。
すると、乳首を優しく触ってくれたんです。
身体はビクビク反応して、ドキドキもすごくて、思わず声が出そうになりました。
お姉さんに耳元で囁かれました。

「ダメよ、診察中でしょ?可愛いわね」

もう恥ずかしくて、私は目を開けることができないまま検診が終わりました。

当然、私は次の日も期待してましたが、何もありませんでした。
もっとアピールしなきゃと思いきって、パジャマのズボンを脱いで、パンツのみでお姉さん待ちしました。
時間になり、お姉さんがカーテンを閉められたら、布団を脚で挟むようにモゾモゾ。

「エッチな子ね」

太ももを撫でられ、パンツの上からクリクリされました。
おっぱいも揉まれ、乳首を摘まれながらクリを触られ・・・。
もう我慢できませんでした。。
私の方からキスをおねだりして・・・。

「私で遊んでください」

って気持ちを伝えました。
お姉さんがニコッてしてくれて、すごく嬉しかった。

次の日、私は全裸で待ちました。
短い時間だったけど、楽しそうに私で遊んでくれるお姉さん。
私はオモチャになった気分になりました。

月別アーカイブ
18歳未満閲覧禁止
当サイトには性的な描写が含まれるアダルトサイトとなります。18歳未満の方の閲覧はご遠下さい。

また、当サイトは個人で楽しむ目的で運営しておりますが、その著作権は引用元にあります。
サイトの閲覧、リンク先のご利用は自己責任で行っていただきますようお願い致します。
その他、相互RSSやご要望等は「お問い合わせ」からお願い致します。
オススメ!怖い体験談
[鵺速]あなたの傍の怖い話
媚薬・精力剤を使ってみた
脱毛してモテようぜ!
[PR] 今!VRが熱い!!
相互RSS(エッチな体験談)
相互RSS(怖い体験談)