私は27歳のOLです。
先月、会社の会議室で部長と数名の同僚に犯されました。

最初、会議室で部長と2人きりのとき、無理やりキスされ抱き締められて、元々部長のことが嫌いじゃなかった私は咄嗟に抵抗することもなく、身を固くしていました。
部長は腕を腰にまわしてぎゅっと自分の方へ引き寄せながら、私のスカートに手を入れて、ショーツとストッキングの上からクリトリスの辺りを刺激してきました。
キスされながらも喘ぎ声が出てしまい、体がガクガクして、部長にしがみついていました。
やがて会議室横のソファに横たえられ、スカート、ストッキング、ショーツを脱がされました。
ブラウスもボタンを開けられ、ブラを上にずらして乳首を吸われました。
私は目を閉じたまま、じっとしていました。

(このままここで部長から犯されるんだ)

そう思うと、体の奥からじんわりと熱いものがこみ上げてくるのが分かりました。
部長が指で直接その熱い汁をすくいとり、クリトリスになすりつけるように繰り返し触っているとき、私は短く喘ぎ声を出し続けていました。
部長が私の両腕を後ろにまわし、ネクタイで肘から手首まできつく縛られました。

(そんなことしなくても、私は抵抗しないのに)

部長は巧みに指を出し入れして、また空いている手でクリトリスを擦り続け、私の快感を引き出します。
私の足をM字に開いて、部長が硬く熱くなったペニスを押し入れてきたとき、私はもうイク寸前でした。
部長は掻き回すように腰をまわしながらピストンし、私に目を開けろと命令し、目が合うと、「君のおまんこはなかなか悪くない」と私の目を覗き込んで薄ら笑いしました。
しかし、その後すぐに部長は、「うっ」という呻き声とともにあっという間に達してしまい、私はイキそびれてしまいました。

部長はすぐに体を離しました。
すると隣の部屋から同じ課の同僚の男性たちが3人(36歳、32歳、27歳)、ビデオカメラとデジタルカメラを持ってどやどやと入ってきました。
私は開いた足を閉じることもできずに呆然としていました。

32歳と27歳が私の両側に来て、私の両膝をがっちり押さえ、足を閉じることができないようにしました。
部長は後ろに回り、私を背中から抱きすくめるようにして一緒にソファに座り、ネクタイで縛っていた両腕を解いてくれました。
そして後ろから人差し指で触れるか触れないか程度に乳首を刺激しています。
私は顔を赤くして、何も言えずに顔を伏せています。
私の両腕は行き場がなく、だらんとしています。

36歳の主任が私の前に姿見を持って来たため、私のぱっくり開いたおまんこも、そのポーズも、赤くなった乳首も、膨張してぷっくりしているおまんこも、濡れてテカテカ光っているのも丸見えでした。
部長のザーメンが入り口まで下りて来ているのも・・・。
主任はその鏡の横でビデオカメラを構えています。
部長が耳元で、「今すぐにここでオナニーしなさい」と命令しました。
私がびくんと動いて固くなっていると・・・。

「危害を加えるつもりはない。君が気持ちよくなる手伝いをしたいだけだ。君が恥ずかしくても、君の体が今何を望んでいるのかは鏡に映ってしまってるだろう。今日のことは僕たちだけの秘密にするから。安心して見せなさい。君が大声をあげてイクところを見たいんだよ」

両膝を押さえ込んでいた2人も、手を太ももに這わせ、優しくマッサージします。
部長は乳首を摘んで、こねくりまわすように引っ張ったりり、潰すように挟んだりし続けています。
私は観念して左手でクリトリスの皮を引っ張り上げ、右手でクリトリスを擦りはじめました。

「うっ、あああああ、んんううううう、いっいい、あっあああ・・・」

声が漏れます。
か細く、でもはっきりと快感を告げる声。
鏡には、虚ろな目で体を紅潮させた自分が映っています。
私はすぐに達してしまいました。
しかし部長は、「まだだめだよ、もっと触り続けなさい」と言いました。
そのままクリトリスを刺激し続けました。
おまんこはイッたときからの続きで痙攣してヒクヒクしています。

私は、おまんこにペニスを入れて欲しいと思いました。
どうして誰も入れてくれないんだろうと。

「お願い、私を犯してください」

思わず、そう呟いてしまいました。
すると部長が目で合図したのか、主任がカメラを同期に手渡し、ズボンのベルトをかちゃかちゃと外しはじめました。
ソファの傍に跪くと、私を睨み上げながら薄ら笑いして、指を2本乱暴に突っ込んで、引っ掻き回すように動かされました。
私は目を逸らすこともできずに甘い悲鳴をあげ、「もっと・・・」とおねだりしてしまいました。
そこで往復の張り手をされました。
頬が赤くなるのがわかりました。
情けなさに涙が溢れそうになりました。
主任のモノは赤黒く、太くて、脈打っていました。
それを私のおまんこの入り口に宛てがい、「もう一度、何が欲しいか言え」と言われました。

「主任のおちんちんを私のおまんこにぶち込んでください」

思わず私はそう言っていました。
前の彼からセックスのたびに言わされていた言葉でした。
両側にいる同僚の失笑が聞こえました。
かあっと熱くなるほど恥ずかしく思った瞬間、大きな主任のモノが私の中に入ってきました。
思わず大きい悲鳴をあげて仰け反りそうになりますが、後ろには部長がいて抱き留められています。
体全体が揺れるような大きいピストンに、正気を失うほどのめりこんでいきました。
部長は乳房を揉みしだいていた右手を私のクリトリスに下ろして、ものすごい速さで擦りはじめました。

「あうっ、イクっ、イキます。いい、ああああ」

それから私は2、3分イキ続けました。
主任は部長のようには中出しはせず、私のお腹に擦りつけて果てました。
それはすぐに拭き取ってもらえました。

その後は全裸のまま、誰もいなくなった社内を歩かされたり、色んなことをさせられました。
まず給湯室に行き、課全員の湯のみやマグカップに私のおまんこ汁を少しずつ付けるように命令されました。
飲み口のところにです。
指先を股に突っ込んで、掬い取ってはなすりつけ、掬い取ってはなすりつけしているところをビデオに撮られました。

コピー機の上にしゃがみ込んで、おまんこを擦り付けるようにして、おまんこのコピーも取られました。
おまんこコピーはうまく映らず黒くなってしまいましたが、誰が見てもコピー機に直接しゃがみ込んだ女のおまんこと判るものでした。
その様子ももちろんビデオに撮られました。

自分のデスクで、全裸のまま椅子に座って、事務用品をおまんこに入れてオナニーしろと命令されたときは、修正ペン、蛍光ペン、ゲルボールペンをおまんこに入れ、引出しに入れておいた歯磨きセットの歯磨きを乳首とクリトリスに塗りこみ、椅子の肘を置く部分に両足をかけておまんこを全開し、仕事中に見慣れた風景を見ながら、大声でイッてしまいました。

その後も自分のデスクに手をついて腰を高く持ち上げられ、バイブレーターを突き刺されてイクところを、ビールを飲んでいる4人に見物されました。
腰をくねらせ、涙を流しながらイク私を、彼らは笑いながら楽しんで見ていました。
バイブレーターは落ちないように太ももにベルトで留められ、私は抜いてもらうまでに2度もイッてしまいました。

2度目にイクとき、いきなり受話器を耳に押し当てられました。
電話口に出ているのは専務でした。

「もしもし?もしもし?どちらさまですか?」と言っている専務の声を聞きながら、「ああーーーーーーーーーイクぅーーー」と絶叫してしまいました。

その後、27歳の同僚の上に跨がって、騎乗位でよがり狂っているところを32歳の先輩に髪の毛を掴まれ、無理やり勃起したモノを口にねじ込まれながらイキました。
もうあそこがひりひりじんじんとして、別の生き物になったようでした。

夜中の3時すぎに、「よかったろう。またやってあげるからね」と部長から言われました。
タクシーチケットをもらって家まで帰ると、泥のように眠りました。

その後は何事もなかったかのような日々が続いています。
でも私は忘れられなくて1人で悶々としています。
仕事中が特に切ないです。