グッとくるエロい体験談SP

【盗撮・覗き】憧れの先輩と鬼畜教師が保健室で

もう15年前の話です。
中学校のとき、憧れの3年生の先輩がいました。
美人で生徒会の副会長をしていたMさん。
吹奏楽部では部長をしていました。
成績もよく、超進学校のK高校へ推薦されるとの噂でした。

中学2年の夏休みのことでした。
僕はサッカー部の練習で少し熱を出してしまって、保健室へ行きました。
保健体育のS先生の当番札が掛かっていました。
S先生は結婚していますが、いわゆるイケメンで、女生徒から人気がありました。
しかし、女生徒を密かにヤッているという黒い噂がありました。
今の奥さんも、生徒だった頃にヤッて、できちゃった結婚という噂でした。

保健室には誰もいませんでした。
僕は奥の3つあるベッドの真ん中に横たわってカーテンを引いて、いつの間にか眠っていました。
ふと話し声が聞こえ、僕は目を覚ましました。

「誰か来るかも・・・」
「大丈夫、鍵掛けたから」

「恐い・・・」
「大丈夫、痛くないようにするから」

MさんとS先生の声でした。
僕はほんの少しカーテンを開けて保健室の中を覗きました。
すると診察台の上でMさんが、両足をM字に開脚されていました。
白いソックスは履いたままです。
スカートは捲り上げられていました。
憧れのMさんのオマンコが丸見えです。
びらびらの周りにも毛が生えていました。
母親以外で毛の生えているオマンコを見るのは初めてでした。

S先生はズボンとパンツを脱いで、「すっかり大人じゃないか・・・」と言うと、Mさんのオマンコに人差し指を突っ込みました。

「・・・痛い」

Mさんは悲鳴をあげました。

「やはり処女だったか」

S先生はニヤリと笑って指を抜くと、唾をつけてまたMさんのオマンコになすりつけました。
そうしてMさんにのしかかって、Mさんの股に太くて黒光りしたペニスを宛てがいました。

(大きい!)

僕の倍はありそうです。

「すぐ終わるからな、我慢しろよ。ちゃんと成績は上げてやるから」

後で分かったことですが、S先生は自分に気のありそうな女生徒の成績をわざと落として、「言うこと聞いたら成績あげてやる」と言って、毎年何人かの女生徒とヤッていたのです。

S先生は腰をぐいっとやりました。
しかし、先が少し入っただけで奥までは入りません。

(憧れのMさんがもうすぐやられる・・・)

僕はよっぽど飛び出していって止めようかと思いましたが、体が動きませんでした。

「もっと力抜いて」

S先生の尻がぶるんと緊張しました。
硬い棒のようになったペニスがMさんのオマンコを突いていますが、中が狭いのか、抵抗があってなかなか入りません。

「我慢しろよ、もうすぐだからな」

S先生は角度を変えて、腰をぐぐーっと押し込みました。

「ひいっ」

Mさんの悲鳴が保健室に響きました。
太く黒いペニスがめりめりとMさんのオマンコに突き刺さりました。
金玉は収縮して、大きなペニスがずっぽり根元まで嵌っているのが見えました。
すると、ペニスとオマンコの間から血が滲み出てきました。
Mさんの処女膜が破れたのです。

「動くぞ、我慢しろ」

S先生はMさんが痛がるのも構わずにグイグイ嵌めました。
大きなペニスがオマンコをズブズブしているのが見えます。
血は止まらないままです。
僕は興奮してパンツの中で射精してしまいました。

「いいぞ、M、いいぞ」

S先生はガンガン、処女膜を破られたばかりのMさんのオマンコに腰を打ち付けています。

「おお、いいぞ」

しばらくするとS先生は腰を小刻みに痙攣しはじめました。

「出るぞ、出るぞ」

ギリギリまで入れていてペニスを抜きました。
Mさんのオマンコがぽっかり穴が開いてすぐに閉じました。
S先生はMさんに跨がってお腹の上に発射したようです。

「良かったぞ、M。さすがに優等生のオマンコは上等だ」

S先生は、そばにあったティッシュを取り出してペニスを拭き、それからMさんのお腹を拭きました。
そしてオマンコを覗き込み、「意外と血が出たな」と言って、新しいティッシュでオマンコを拭いて、そばのゴミ箱に投げ入れました。
ぐったりとしているMさんが上半身を起こしました。
Mさんの白い制服ブラウスはたくし上げられていて、形の良いおっぱいがぽろりと出ていました。
Mさんは泣いていました。
Mさんのおっぱいが汗と涙で濡れました。
S先生はMさんの耳元で囁きました。

「これで2が3になるからな。あと2回で5にしてやるよ」

Mさんは、「えっ?」という顔をしました。

「嫌ならいいんだぞ、これで終われば3のままだけどな」

そう言いながらS先生は、床に脱ぎ捨てたMさんのパンティを拾い上げました。
そのときS先生がこっちを見たような気がして、慌てて静かにベッドに潜り込みました。
まだMさんは泣きじゃくっているようです。

「いいな、このことは誰にも秘密だぞ。黙って俺の言うことを聞いてれば絶対に上手くいくから」

S先生はこうやって脅して口止めをしていたのです。
しばらくして2人が出て行きました。

僕はそっとカーテンを開けて診察台に近づきました。
ゴミ箱には血まみれのティッシュが捨ててありました。
僕は、そっと取り上げてポケットに仕舞いました。
よっぱど校長先生に訴えようかと思いましたが、Mさんが可哀想なのでやめました。

夏休みが終わりました。
Mさんはげっそりと痩せた感じでした。
MさんはK高校に合格しました。
きっとMさんの補習は3回では終わらなかったと思います。
これをネタにMさんを脅してやることも考えましたが、やはり卑怯なことはしたくないので、僕はあの日のMさんのオマンコを思い浮かべながらオナニーをしました。

その後、僕は自力でK高校へ合格しました。
Mさんは吹奏楽部で明るく活躍していました。
なんだか僕はホッとしました。
僕の机の中には今も、あのときのティッシュが仕舞ってあります。

月別アーカイブ
18歳未満閲覧禁止
当サイトには性的な描写が含まれるアダルトサイトとなります。18歳未満の方の閲覧はご遠下さい。

また、当サイトは個人で楽しむ目的で運営しておりますが、その著作権は引用元にあります。
サイトの閲覧、リンク先のご利用は自己責任で行っていただきますようお願い致します。
その他、相互RSSやご要望等は「お問い合わせ」からお願い致します。
オススメ!怖い体験談
[鵺速]あなたの傍の怖い話
媚薬・精力剤を使ってみた
脱毛してモテようぜ!
[PR] 今!VRが熱い!!
相互RSS(エッチな体験談)
相互RSS(怖い体験談)