今は結婚して子供もいる主婦ですが、私にも昔、同性との経験があります。
まだ私が社会人になって2年目くらいの頃の話です。

当時住んでいたアパートの隣に、そのアパートのオーナーの娘さんが住んでました。
彼女は離婚して出戻ったらしく、年は40歳を超えていましたが、化粧映えのする綺麗な方でした。
彼女がアパートの掃除などもしていたので、私は「管理人さん」と呼んでいました。

そこのアパートの裏側は庭になっていて、そこに洗濯機置場や物干し台がありました。
ある日、庭で洗濯物を干していると、管理人さんの部屋のカーテンが閉まっているのが目に入りました。
留守の時はレースのカーテンだけ閉まっているのですが、その日はドレープのカーテンも閉まっていました。
珍しいなと思いつつ、少しだけ隙間が空いていたので、部屋に戻る時に何気なく覗いてみたんです。

そこで目にしたのは、管理人さんのあられもない格好でした。
床に敷いた布団の上で、私が覗いている窓に向けてお尻を突き上げて、アソコを弄っていました。
びっくりしつつも目が離せず、私は洗濯カゴを持ったまま息を殺して覗いていました。
よく見るとお尻にも何か入っているようで、お尻の穴からコードのようなものが床に伸びていました。

そして彼女が体勢を変えて仰向けになったとき、覗いている私と目が合ってしまいました。
私は慌てて顔を引っ込めて自分の部屋に戻りました。
いけないものを見てしまったことと、初めて見る他人のあのような痴態に心臓は激しく鼓動を刻んでいました。
しばらく経ってようやく少し落ち着いたものの、目に焼き付いたその姿を思い出すたびに、言いようのない興奮に襲われました。

その日の夕方、玄関の呼び鈴が鳴りました。
まさかと思いましたが、玄関を開けると管理人さんが立っていました。
どちらかと言うと、いつも地味な服装をしていることが多い人でしたが、その日の管理人さんは派手とまではいかないものの、短めのスカートにノースリーブという少し露出の多い服装でした。
彼女が恥ずかしそうに、「さっきの件で・・・」と言ったので、とりあえず玄関先で話すことでもないと思い、彼女を部屋に上げました。

「何も見てません」と言い張ることも考えましたが、目がばっちり合ってしまった以上、そんな言い逃れも出来ません。
なので私の方から、「別に覗くつもりじゃなかったんです。ごめんなさい!」と謝りました。

彼女「いいの。こっちこそごめんなさい、変なところ見せてしまって」

彼女の方からも謝ってきました。
そして、「あんな姿を見て、変態だと思ったでしょう?」と聞かれました。
正直、私も時々オナニーすることはありますが、布団の中で触る程度なので、あそこまでしたことはありませんでした。

私「そんなことないです。たぶん誰でもしてることですから」

そう答えながらも私の脳裏には彼女の痴態が蘇り、自分でも濡れてくるのが分かるほどでした。
なぜか、彼女ともう少し話がしたいと思って、「良かったら少し飲みませんか?」と敢えて明るく振舞って、冷蔵庫から冷えたビールを出しました。
2人で小さく乾杯して、飲みながら彼女の話を聞きました。
彼女は、旦那と別れて性欲の行き場がなくなったことや、その旦那から色々なことを仕込まれたことなど、話をオブラートに包みながらも赤裸々に話してくれました。
私も少し酔いが回った頃・・・。

私「でも、私も興奮しちゃいました。女性のあんな姿を見るのは初めてだったから・・・」

言った後で、「あんな姿」は失礼だったかなと反省しました。
でも彼女から次に出てきた言葉に、またびっくりさせられました。

彼女「カーテンを少し開けてたのは、誰かに見られたかったからなの」

旦那に色々と仕込まれたという話の中で、露出プレイを匂わすようなセリフがあったことを思い出しました。
覗いていたことの罪の意識が軽くなるのを感じました。

私「だったら言ってくれればいいのに」

彼女「言ったら見てくれるの?」

逆に聞き返されました。
一瞬沈黙が流れました。

私「え?だって、やっぱり見てみたいですよ~」

私はわざと明るく返しました。
でも明らかに私と彼女との間には先程までとまるで違う淫靡な空気が流れていました。
しばらく2人とも何も言えずに黙っていて、口火を切ったのはやはり彼女でした。

彼女「じゃあ見てもらってもいい?」

私は彼女がそう言いだすのを待っていたかのように、「はい」と答えました。
彼女は恥ずかしそうに立ち上がると、スカートに手を掛け、ゆっくりとホックを外し、ファスナーを下げました。
手を離すと、すとんとスカートが床に落ちました。
真っ白い太ももと腰まわり。
小さめの白いレースの下着がアソコを隠していました。
私の目の前でノースリーブのカットソーをゆっくりと脱ぐと、白いブラに包まれた大きな胸が見えました。
そのブラも外すと、やや垂れかけた、とても柔らかそうな胸が溢れました。
乳首は触らなくても分かるほど硬く大きくなっています。
パンティを脱ぐのに前屈みになると、大きな胸が釣鐘のように下向きに垂れます。
パンティを脱いで生まれたままの姿になった彼女は、私と目を合わさないように目の前でゆっくりと1回転し、後ろで手を組んで私の前に立ちました。
私は激しく興奮していました。

私「すごく綺麗です」

彼女「ごめんなさい。こんなことして。でも、凄く興奮する。お願い、何でも言うこと聞くからこんな変態な私を許して」

彼女が上気した顔で言いました。
私はそっと、その柔らかそうな胸に手を伸ばしました。
手のひらで包みきれない大きな胸を揉み、乳首を触りました。
柔らかい胸とは対照的に乳首は石のように硬くなっています。
彼女はソファに浅く座ると、ゆっくりと足を開きました。
彼女のアソコは上の部分だけ残して毛を剃っていたので、アソコの中まで見えました。
粘膜から滴る液体がソファを濡らしていましたが、そんなことはもう構いませんでした。

無言でアソコに手を伸ばし、壊れ物でも触るように触れてみます。
彼女はビクッと身体を震わせます。
中心に指を進ませ、そのまま奥まで入れてみました。
温かい粘膜に包まれた指が、何の障害もなく奥まで吸い込まれていきます。
指で押し出された液体がアソコから溢れ出て、またソファに染みを作りました。

もう私自身、興奮の虜になっていました。
自分から服に手をかけると、それを見た彼女が微笑んで服を脱ぐのを手伝ってくれました。
私が生まれたままの姿になると彼女は立ち上がり、入れ替わるようにソファに私を座らせて足を開かせました。
恥ずかしすぎて目を瞑っていましたが、たぶん私のアソコは彼女以上に濡れていたと思います。
胸を触られ、乳首を摘まれ、快感に身体を仰け反らせていると、アソコにぬめっとした感触が伝わりました。
見ると彼女は私の股間に顔を埋めていました。

「だめ!」

なんとか声を絞り出しましたが、下半身はまるで別の人格を持ったように、もっと舐めてと言わんばかりに突き出てしまいます。
彼女の舌が私の花びらの奥まで入り、そして蕾に吸い付かれたとき、初めて体験する快感が私を襲いました。
それまでも何度かイッたことはありましたが、そんな感覚など子供騙しだったと思えるような激しい絶頂でした。
身体が言うことを聞かずにただビクビクと痙攣し、彼女はそれを押さえつけるようにして股間から顔を離しません。
何とか痙攣が収まると彼女は私の股間から顔を離しました。
その顔はシャワーを浴びたようにびっしょりと濡れてました。

「美味しかったわ。あなたのお潮」

そう言われて初めて、潮を吹いてしまったのだと気付きました。
今までそんなことは一度たりともありませんでした。

彼女は私をソファに横に寝かせると、私の顔に跨がってきました。
そして再び私の股間に顔を埋めました。
目の前に迫る彼女の股間に私は自然と吸い付いていました。
汚いとかは全く思わず、滴る液体を吸い、懸命に彼女のアソコに舌を這わせました。
そここらは殻が破れたように2人で互いの身体を貪り合いました。
ヘトヘトになり、2人の体液で汚れた身体を一緒にシャワーで流しました。

彼女は自分の部屋に戻るときに玄関の前で立ち止まり、「またしてもらえる?」と聞いてきました。
私は黙っていましたが、あの悦びを覚えてしまった身体がもう戻れないことは、お互いに分かっていました。
彼女は私にキスをして部屋に戻っていきました。

2人の関係は、私が人事異動でその場所を離れるまで続き、毎晩のようにお互いの性欲を貪り合いました。
その後、私もようやく普通の生活に戻ることが出来て、伴侶も見つけることができました。
でも・・・彼女とのプレイを時々思い出して1人オナニーに耽ることがあります。