グッとくるエロい体験談SP

【不倫】初めての不倫セックスで初めての潮吹き

当時、私は36歳でした。
そして、勤めていた会社の同僚の男性と不倫してしまいました。

彼から食事に誘われたのがきっかけでした。
食事くらいならと、軽い気持ちで行きました。
主人以外の男性と食事なんてしたことがなかったけど、私の中にも女がいたのですね。
気がつくと新しい下着を買っていて、食事の時に着けようと考えたりして楽しかったです。

お食事の日、私は新しい下着を身につけて、薄手の服とスカートで行きました。
彼と食事をしてから車でドライブでして、話が弾んで気がついたときには深夜の2時でした。

「もうこんな時間。私、帰らないと・・・」

私がそう言うと彼は私にキスをして、「また会ってくれる?」と聞いてきました。
思わず私は、「うん」と答えていました。
キスのあと、アソコが熱くなったのを覚えています。
その日はそれだけで家の近くまで送ってもらい、また会う約束をしました。
家に帰ってからトイレでパンティーを見るとビショビショに濡れていました。

次の約束の日もスカートを穿いて、簡単に脱がせられるような服装にしてみました。
お食事が終わる頃、彼の方から「ホテル、行かない?」とお誘いが・・・。

「うん」と答えてしまう私・・・。

ホテルの部屋で、ソファーに座って話しているうちに彼の手は私の胸に来て、ブラを外され、服を脱がされ、私は彼の前で裸になりました。
すぐに彼は私のオマンコに顔を埋めました。
最近は主人にもされたことがないので戸惑いました。

「汚いです、そんなとこ、舐めちゃ嫌」

でも・・・すごく気持ちいいんです。

「あ~、すごい気持ちいい~」

彼は私の体のあちこちを舐めてきました。
すごく気持ちよくて、こんなに感じたのは初めてでした。
私も彼にしてあげようと思うのですが・・・恥ずかしくて言い出せずにいると・・・。

「何かして欲しい?」

彼が聞いてきました。

「違うの・・・私がしてあげたいの・・・でも恥ずかしくて・・・」

「恥ずかしいの?」

もちろん主人のは舐めたことはあるのですが・・・主人以外の男性にはしたことがなかったのです。
彼は優しく、オチンチンを私の顔に近づけてきました。
彼のオチンチンはすでに大きくなっていました。
私は口に含むと舐め始めました。

「あ~気持ちいい~。もっと激しく舐めて欲しいな~」

シックスナインも彼と初めてしました。
お互いのを舐めあうなんて、それまで私はしたことがなくて・・・。
彼のが私の中に入ってきたときは、アソコから頭に向かって電気が走ったように感じました。
強弱のあるオチンチンの動きが心地よくて、自分でも恥ずかしいくらい乱れてしまいました。

「アッ、何か出ちゃう・・・」

「何?出してごらん」

「でも、恥ずかしい・・・」

彼の気持ちいい動きは止まりません。

「あ~、出ちゃう。オチンチンを抜くと出ちゃいそう~。あ~だめ~、出ちゃう・・・」

ブシュ~と、私の中から温かいものが出ました。

(え、・・・おしっこ?)

彼の腰は止まりません。

「あ~、なんか変な感じ・・・体が浮いてる感じ・・・。あ~また出ちゃう、出ちゃう出ちゃう、出る!」

ピュッ、ピュッ・・・!

「ダメ、恥ずかし、私イクっ、イッちゃうイッちゃう、イク~」

全身に電気が走って私は果てました。
彼も射精して、私にキスしながら、「きれいだよ」と抱き締めてくれました。
ぐったりしている私のアソコを彼が綺麗に拭いてくれました。

それから彼との関係が2年ぐらい続いたのですが、主人の転勤が決まって別れることになってしまいました。
あの時の思い出は心の中に仕舞ってあります。
主人が私を抱くのは年に2回ぐらい・・・。
あんなに私を求めて抱いてくれたのは彼だけでした。

月別アーカイブ
18歳未満閲覧禁止
当サイトには性的な描写が含まれるアダルトサイトとなります。18歳未満の方の閲覧はご遠下さい。

また、当サイトは個人で楽しむ目的で運営しておりますが、その著作権は引用元にあります。
サイトの閲覧、リンク先のご利用は自己責任で行っていただきますようお願い致します。
その他、相互RSSやご要望等は「お問い合わせ」からお願い致します。
オススメ!怖い体験談
[鵺速]あなたの傍の怖い話
媚薬・精力剤を使ってみた
脱毛してモテようぜ!
[PR] 今!VRが熱い!!
相互RSS(エッチな体験談)
相互RSS(怖い体験談)