グッとくるエロい体験談SP

【初体験】初めての彼女とやりまくった思い出

もう10年以上前のことだ。
俺は中学生だった。
中2年のバレンタインに、クラスメイトの『えり』からチョコを貰った。
それをきっかけに付き合うようになった。

えりは丸顔で、クリッとした大きな目をしている。
ショートカットの髪がすごく似合う。
身体つきは小柄(153センチ)でほっそりしている。
成績はクラスで常に1~2番だ。

それに引きかえ俺は馬鹿で、成績は下から1~2番。
野球部だが、馬鹿なのでピッチャーとの駆け引きができない。
しかし馬鹿力だから、まぐれで当たるとホームランなので代打要員だ。

なぜそんな俺をえりが気に入ってくれたかは分からない。
付き合っていたと言っても中学生なので、休み時間に雑談したり、クラブのない時に一緒に帰るくらいで、半年くらいは何もなかった。
でも俺は毎日、えりを思ってマスをかいていた。

俺は馬鹿なので、中3の夏休みは補習だ。
補習は午前中。
午後は遊びに行きたかったけど、えりはそんな俺を家に呼んで勉強を教えてくれた。
えりの両親は共働きで、一人っ子なので、家の中は2人だけだった。

1日は我慢したが、次の日にはやってしまった。
もう朝からやろうと思っていた。
補習を受けながらもチャンスを窺っていた。
でもやはり馬鹿だから、色々考えていたらわからなくなった。
補習が終わったら、えりの家まで走って行って、玄関でいきなりえりを押し倒して、してしまいました。
えりは抵抗したけど、馬鹿力で180センチある俺には何の力にも感じなかった。

えりのTシャツを無理やり脱がし、ブラジャーも上にずらし、生乳にご対面した。
細い身体には似合わない大きな乳だった。
俺は思わず吸い付いた。
何もテクニックを知らない頃だから、赤ん坊みたいに吸い続けた。
痛いほど硬くなっていた俺の分身はズボンの中で爆発した。

それでも俺は夢中だった。
濡れたズボンをパンツと一緒に脱ぎ捨てた。
自由になったオチンチンはさらに硬くなった。
まだえりは抵抗を続けていたが、構わずにパンティを剥ぎ取った。
俺はオチンチンをえりのオマンコに押し当てて入れようとしたが、上手く入らなかった。
何度かオチンチンの角度を変えてトライしているうちに、オマンコに亀頭が入った。
何かゴムみたいに弾き返す弾力を感じたが、さらに力を入れたらスルッと根元まで入ってしまった。
熱い体温と心地よい弾力感がオチンチンを包んだ。
俺は夢中でオチンチンを動かした。
秒速2、3回は動かした。
そしたら30秒ぐらいで俺はまた爆破した。

もう、えりは抵抗をやめていた。
ただ泣いていた。
えりの涙を見て、俺はまた興奮してきた、と言うよりますます興奮した。
俺は汗で濡れて肌に張りついていた上着を脱いで裸になった。
そのときになって俺は、玄関の戸が開いていることに気づいた。
やばいと思い、慌てて戸を閉めて鍵を掛けた。

俺は泣いていたえりを、「好きだから、その証明だ・・・これが俺の愛情だ」と訳のわからないことを言いながら、残っていたスカートも脱がせた。
もう俺の暴走は止まらなかった。
えりの部屋に行ってベッドに座らせると、「ごめんな、好きだから」と言ってキスをした。
ファーストキスだ。
えりはもう抵抗しない。
いや、むしろ積極的に舌を絡めてきた。

「急だったから驚いただけ。Mくんのこと好きだから、いつかはと思ったけど・・・。乱暴にしないで、優しくしてね」

馬鹿な俺の頭の中には、「優しくね、優しくね・・・優しくね・・・優しくね」が回っていた。
俺はえりをベッドに横たえ、軽くキスをしてからオッパイを揉んだ。
改めてオッパイを見ると、ピンクの乳首が可愛い。
俺は必死に親父の隠していたエロビデオを思い出しながら、えりを攻め始めた。
それから何度もえりの中で爆破した。
いつの間にか部屋が暗くなっていた。
もう夕方だ。

「ごめんね。もう親が帰って来る時間だから、今日は帰って」

「今日はごめんな、明日も来ていいか?」

えりは無言で頷いた。
そして言った。

「明日も可愛がってくれる?」

それを聞いた俺は、何度も爆破したのにまた硬くなって・・・。
えりはチュッとオチンチンにキスして、「また明日ね」と可愛い笑顔で言ってくれた。

えりの身体を知ってからは、1日でもやれないのは我慢できなかった。
しかし、土日はえりの両親が家にいるので、えりの部屋ではできない。
俺のうちも弟と部屋が一緒で、いつも弟がTVゲームをしているので無理だ。

どっかにいい場所がないかと思いながら歩いた。
えりの家から1分ほど歩いたところに、いい場所を見つけた。
俺たちが卒業した小学校のプールだ。
土日はプール開放をしていない。
門さえ乗り越えれば、確か更衣室の鍵は数字を合わせるだけだ。
男子更衣室は『0619』。
俺の誕生日と同じだったから、馬鹿な俺でも覚えられた。

夕方で誰もいなかったので確認することにした。
門を乗り越えて更衣室の前まで行くと、見覚えがある、少し錆びついた鍵があった。
さっそく数字を合わせるとカッチと開き、やったと俺は思った。

土曜日、小学校の近くから電話して、えりを呼び出した。
えりはTシャツにジーンズ生地のミニスカートだった。
さっそく2人で門を乗り越え、更衣室に入った。
特有の消毒薬の臭いと湿度が高い感じがした。

扉を閉めるのももどかしく、俺はえりにキスして舌を入れた。
えりも舌を絡めてきた。
キスをしながらえりのTシャツをたくし上げ、ブラのホックを外した。
ホックは簡単に外れ、俺も上手くなったと思った。
ブラを外すと、えりのオッパイは弾けるように出てきた。
俺は両手でオッパイを揉んだ。
柔らかく、手に吸い付く感じがいい。
乳首を含み、舌で弄ぶ。
えりからは声が漏れ出しくる。
俺のチンチンはもう我慢できなくなってきている。

えりの両手を壁につかせ、お尻を突き出させた。
スカートを捲り上げ、パンティを脱がせた。
俺もやりたい一心で速攻で全裸になった。

えりの後ろからオチンチンを入れた。
立ちバックだ。
両手でえりのお尻を押さえて俺は突いた。
えりは感じてきて、可愛い喘ぎ声が自然に出てきている。
俺は突きまくった。
りえのあそこが一段と濡れてきた。

しばらくすると、えりがリズミカルに締めてきた。
その刺激を感じると、もう我慢できなくなった。
さらに激しく突き、発射と同時にさらに深く突き入れ、えりが締め付ける感じを味わっていた。
繋がったまま2人は息を整えていた。
少し萎えたオチンチンは、えりの締め付けに負けてヌルッと出てしまった。
それとともに俺が出した精子が、えりの太ももに流れ落ちた。

俺はオチンチンをえりに舐めて綺麗にしてもらった。
また硬くなってきた。
2回目は床で正常位で入れようと思った。
でもえりが、「コンクリートは痛いからイヤ」と言うので、俺が下になり、えりは体育座りみたいに俺の上に乗った。

「ねえ、どうすればいいの?」

「たぶん、えりが上下に動くんだろう?」

えりは俺の肩に手をについて、腰を動かし始めた。
しばらくえりが動いたが、ゆっくりなので俺はイケなかった。
でも両手が自由なので、オッパイを揉んだり、キスしたりして楽しかった。

俺はイキたくなった。
自然に腰を動かしはじめ、下からえりを突きだした。
えりもそれに合わせるように激しく腰を振りだした。
俺はさらに激しく突き上げた。
発射と同時にさらに深く突き上げると、えりは俺の上に倒れ込んできた。
俺はえりを強く抱き締め、締め付けるえりのあそこにオチンチンをさらに深く入れた。

またしばらく繋がったまま2人は息を整えていた。
2人は汗だくだった。

「泳ごうか?」

俺はえりを誘った。
誰もいないプールは気持ちよかった。

月別アーカイブ
18歳未満閲覧禁止
当サイトには性的な描写が含まれるアダルトサイトとなります。18歳未満の方の閲覧はご遠下さい。

また、当サイトは個人で楽しむ目的で運営しておりますが、その著作権は引用元にあります。
サイトの閲覧、リンク先のご利用は自己責任で行っていただきますようお願い致します。
その他、相互RSSやご要望等は「お問い合わせ」からお願い致します。
オススメ!怖い体験談
[鵺速]あなたの傍の怖い話
媚薬・精力剤を使ってみた
脱毛してモテようぜ!
[PR] 今!VRが熱い!!
相互RSS(エッチな体験談)
相互RSS(怖い体験談)