グッとくるエロい体験談SP

【レイプ】ビッチの噂があった女友達を酔った勢いで押し倒した

高校生の時でした。
体育祭の打ち上げで、夜に男女数名で友達の家で酒盛りをすることに。
ほとんどの友達が飲み潰れて寝た後、俺はそこそこお酒は強い方だったので、まだ飲み足りない女友達の絵理奈と2人で飲み続けることになりました。

絵理奈は学年でも有名な可愛い子でしたが、「実はビッチなんじゃないか?」なんて黒い噂も立ってました。
下らない話をしながら飲んでいると、少しエッチな会話になっていきました。

「絵理奈って今まで何人とやった?」とか、「1人ですることある?」とかw

まあ、お酒が入ってたらよくある内容ですw

お酒が進むにつれて絵理奈がだいぶ酔ってきた感じになり、(これはもしかしたら・・・)なんて思い、どさくさに紛れて胸を触ったり、揉んだりしてしまいましたw
絵理奈は、「ん、ちょっと・・・」と笑って済ませてる感じ。
酔って感じてる絵理奈を見て、理性がなくなってきました。
みんなが寝てるのを確認すると、「ここじゃうるさいから」と言って別の部屋に移動しました。
絵理奈はかなり酔っていたのか、部屋に入るなりベッドに倒れ込み、そのまま寝ようとしてました。
その姿を見た俺は一気に発情。
強引に抱き付き、無理やりキスをしました。

「ちょっ・・・待って、何してんのよ」

慌てた絵理奈は力の入らない体で意味のない抵抗を始めました。

「何って、これからセックスするんじゃん」

そう言いながら体を舐め回し、服を脱がせました。

「やだ・・・ほんとにやめて。気まずくなりたくない」

そんな言葉にも聞く耳を持たず、胸を激しく揉みながら乳首を吸いました。

「あ、ん・・・ねぇ、聞いてる?今すぐやめたら誰にも言わないから、ね?約束するから・・・あっ」

「言いたきゃ言えよ」

俺はスカートの中に手を入れると、パンツの上から割れ目に沿って指で擦り始めました。

「んっ!あ・・・」

いきなり敏感な所を刺激したのと酔っていたのもあり、割れ目からはすぐにエッチな汁が出てきました。
強引にパンツを脱がせると、もう絵理奈はほとんど抵抗出来ないくらいに息が上がっていて、もう俺の思うがままでした。
膣口の中に指を沈ませると絵理奈の体が反応し、「え、ん!あ・・・ちょっと、そこはお願いだからやめて!」と必死にお願いしてきました。

「でも感じてんじゃん。イッとかないと損でしょ」

指で絵理奈の中を激しく出し入れしたり掻き回したりしました。

「あぁぁ・・・ん!!あん!イヤぁぁ!」

膣がキツく締め付けてきて、温かな体温がさらに興奮を高め、指の動きをもっと激しくしました。

「う・・・あ、あ・・・ん!イッちゃ・・・うから・・・もう、お願い、もうやめて」

絵理奈はイッたみたいで肩で息をしてました。
自分も快感を得たかったのでズボンとパンツを脱ぎました。
強引なフェラをしてみたかったのですが、生ハメを早くしたかったのと、噛まれたら嫌なので、すぐに絵理奈の両足を押し広げました。

「ねぇ、それはほんとにやめて!ゴム付けてないじゃん」

「お前、どーせビッチなんだから、いつもこうやって生ハメされてんだろ!!」

「違うし!ねえ、やめて!」

膣に自分のモノを宛てがうと、「ほんとにダメ、やめて!」と言って逃げ回りました。
しかし両足を持って無理やり押さえつけ、ついに強引に奥に挿入しました。
かなり濡れてたのでズブッ!という音が響き、絵理奈はもう諦めたのか、挿れると同時に喘ぎ始めました。
絵理奈の中はとてもキツくて、ビッチという噂が嘘なのがわかりました。

俺は一心不乱に腰を振りました。
腰を打ち付けるたびに征服心を刺激する弱々しい泣き声。
絵理奈の胸がブルンブルンと揺れ、さらに興奮をヒートアップさせました。
絵理奈を押さえつけて何度もキスをし、何度も乳首を吸いながら腰を叩きつけました。
絵理奈は何度も絶頂に達しているようでした。

「待って、待って、またイッちゃう・・・!」

絵理奈はイキ過ぎて意識が朦朧としていました。
言い忘れていましたが俺は絶論です。
最長で1時間半も腰を振り続けたこともあります。
絵理奈との身体の相性はかなり良いみたいで、絵理奈は俺史上最高の反応を見せてくれました。

「だめっ!だめっ!ほんとやめてっ!とめてっ!あっ、ああっ!」

イッてるところを押さえつけて突きまくってやると、可愛い顔を歪ませて喘ぎまくっていました。
正常位でかなりの時間楽しみ、その後は立ちバックで楽しみました。
何度も膝から崩れ落ちそうになる絵理奈を無理やり立たせ、後ろから絵理奈の胸を揉みしだきながらの立ちバックは最高でした。
失神するんじゃないかと思うほど絵理奈は叫びながら何度も絶頂に達していました。

「んっ、あ・・・あんっ!やめ・・・てっ・・・てば!」

俺は聞く耳なんか持たずにガンガン腰を振りました。

「あ!あん!う!も、もうやめて、う、うん、あ・・・ん!!」

いくら絶倫とはいえ、奥のコリコリした子宮口に亀頭がぶつかるたびにこみ上げる快感に、だんだんと射精感が湧いてきました。

「めっちゃ締まるぅ~、やべー、もう出るよ。お前、嫌がる割にまんこめっちゃ締ってるじゃん!」

「ねぇ!お願い、出さないで!ん、う、あん、あぁぁぁ!!」

「え?何?やっぱ中に出して欲しいわけ?わかったよ!!」

「ちがっ、や・・・め・・・あ、あ、あ」

正常位に戻し、本日最速のピストンをお見舞いしました。

パンパンパンパンパンッ!

部屋の中に激しく腰を打ち付ける音が響きます。
それに連動するように、「あ、あ、あ、あ!」と絵理奈の喘ぎ声が漏れます。

「絵理奈っ!気持ち良いっ!気持ち良いよっ!絵理奈っ!絵理奈ぁっ!」

俺にはイキそうになると相手の名前を何度も呼ぶ癖があります。
絵理奈は過呼吸みたいになっていて、俺の言葉に反応する余裕もないようでした。

「あぁ、絵理奈っ!中に出すぞっ!」

「だめ・・・外に・・・」

絵理奈は絞るような声でそう言いました。
でも俺はこれでもかと腰を押し付けて、ものすごい勢いで絵理奈の子宮口めがけて射精しました。

「!?・・・あ、う・・・」

状況が理解出来ないという顔が、やっと自分に起きたことを知り、悲しさと悔しさから来る放心した顔に変わりました。
絵理奈は泣きながら服を着ると、溢れ出る精子をトイレで必死に掻き出していました。
そこからの記憶はなく、どうやらそのまま俺は寝てしまったようです。
朝起きると全裸だったので、(あれ?)と思って記憶を辿り、(あ!やらかした!)と焦りました。
俺自身も相当に酔ってたみたいです。

それから携帯で彼女に謝りのメールを送ると、『こっちこそ、ごめんね』って返信が来て、意外な反応に戸惑いながらも一件落着。
しかしその日から、俺はレイプ魔みたいなあだ名で呼ばれるようになってしまい・・・。
ちなみに絵理奈とは、なんだかんだでそのまま付き合うことになり、今は嫁になってます。

月別アーカイブ
18歳未満閲覧禁止
当サイトには性的な描写が含まれるアダルトサイトとなります。18歳未満の方の閲覧はご遠下さい。

また、当サイトは個人で楽しむ目的で運営しておりますが、その著作権は引用元にあります。
サイトの閲覧、リンク先のご利用は自己責任で行っていただきますようお願い致します。
その他、相互RSSやご要望等は「お問い合わせ」からお願い致します。
オススメ!怖い体験談
[鵺速]あなたの傍の怖い話
媚薬・精力剤を使ってみた
脱毛してモテようぜ!
[PR] 今!VRが熱い!!
相互RSS(エッチな体験談)
相互RSS(怖い体験談)