私が中学生の頃の話なので、もうずいぶん昔の話です。

当時、我が中学校では毎年恒例の林間学校がありました。
瀬戸内海に面しているところに住んでいましたので、林間学校は“E島”というところに行きました。
そこは大変厳しい訓練をする場所でした。
中学生向けに少し緩めのプログラムを組んでいるのですが、それでもとても大変な訓練でした。

中でも一番苦しいのはカッターの訓練です。
カッターとは20人くらい乗れる手漕ぎボートで、先頭に教官が立ってみんなを指導するという訓練です。
カッターの訓練は一つ間違えば海で溺れてしまうかもしれないので、教官はとてつもなく厳しいです。
また、木のオールがとても重く、男子ならなんとか1人で持てますが、女子は2人1組で横に並んで座らないと漕げないほど重いものでした。

私は昔からとても体が弱く、到底1人で持つことは無理でした。
事前に先生に話しておいたので、私は女子のカッターの一番後ろに乗せられました。
女子は1席に2人で座るようになっていたので、当然私は女子の隣に座らされました。

私の乗船したカッターは、私以外は教官も含め女性だけでした。
私の学校は女子と話をするのが禁じられているような雰囲気があったので、とても緊張しました。
ほとんど全員、話すらしたことがない女子ばかりでした。

私の隣に座ったのはクラスでも人気の、とても可愛らしい女の子でした。
クラブで剣道をやっている子だったので割と力があったようで、オールも楽に漕ぐことができました。
でも他の席の女子達はオールを上手く動かせず、女性の教官に大きな声で叱られていました。
泣き出してしまう子もいました。
とても可哀想な光景でした。
しかも学校の先生は乗船していないので、誰にも助けてもらえないという状況は、中学生の女子にはとても過酷なものでしょう。

就航して30分くらいすると、もう他のカッターも陸も見えないくらいになりました。
そこでようやく休憩時間を貰えました。
30分、声を出しながらカッターを漕ぎ続けていたので、体も心もヘトヘトでした。
その時は5月の中旬で、日差しが強くとても暑かったのを覚えています。
しばらくすると少し落ち着いてきて、女子達は自分の横の人と、「疲れたねー」とか話していましたが、私達の席だけは無言でした。

教官「そろそろ就航するから、全員服を脱げ」

今でもはっきり覚えています。
どういう意味なのか全くわからず、何を教官が言い出したのかと頭がパニックになりました。
誰も教官の声に従う者はいませんでした。
みんな動揺して、お互いの顔を見合わせていました。
教官が静かに、「もう一度言う、全員、上の服を脱げ」と言いました。
女子達はみんなを見ながら動揺したままでした。
また教官が静かに言いました。

「一番遅い者は、オール立てを10回させる」

その声に反応した一番先頭の女子が、体操服を脱ぎ始めました。
それからはみんな、我先にと服を脱ぎ、ブラジャーも外しました。
もうほとんどの子がブラジャーをしているようでした。
私は女子たちの裸を見ないようにしましたが、下を向いていても前を向いていても誰かの胸の膨らみが目に入ってしまいます。
私も上半身裸になりました。

女子達があらかた脱ぎ終わった頃、教官が「出航!」と言い放ち、みんなで船を漕ぎ始めました。
女子達は胸を隠すことも出来ず、一生懸命に両手でオールを漕いでいます。
正面を向くと前に座っている女子の胸の膨らみが背中越しに見えるし、左は私と一緒にオールを漕いでいる子、右では違うペアの女子2人の胸が揺れていて・・・といった状態でした。
私は女子の裸を見るのは生まれて初めてで、今思えばとても貴重な体験なのでしょうが、当時は後から女子達に変な噂を立てられないように、できるだけ見ないようにしました。
私達はそのままの姿でしばらくカッターを漕ぎ続けました。
遠くのほうで他の女子のカッターが見えましたが、そちらも上半身裸のようでした。
はっきりとは見えませんでしたが、白い体操服ではなく上半身が肌色だったので、みんな脱がされているんだとわかりました。

カッターは特殊な構造になっていて、カッターを後退させる時は反対向きに座って漕ぐというものでした。
途中で教官が、「船を後退させる」と言うと、私達は順番に反対向きに座らなければなりません。
教官が、「船を後退させる」と言いました。
私は一番後ろだったので、まず先頭の人がこちら向きに座ります。
上半身裸の女子4人が立って、裸のままこちらを向きました。
とても可哀想でしたが、全員の乳首までしっかり見てしまいました。
そして次の列の四人、そして手前の列の四人と次々に振り向きました。
私は手前の女子の胸を思いっきり見てしまいました。
女子も疲れ果てているようで、全く隠す素振りもありませんでした。
大人の女性のように胸が大きく膨らんでいる女子もいれば、子供のまま、まだ全然膨らんでいない女子もいました。
手前の席の反対側に少し太っている子がいました。
その子はとても胸が大きかったのですが、お腹も大きかったのでびっくりしました。

今度は私達が後ろを向き、目の前は海ばかりが見えました。
カッターの先頭になった私は、もう女子の裸に気を遣うことがないので、思いっきり前だけ向いて漕ぎました。
それでも左右に旋回する時は、そちらの方向を見ないといけないので、旋回する方向を見ながら、バレないように女子の胸を観察したりしました。
オールを漕ぐたびにプルプル揺れる小さな胸の膨らみは、とても柔らかそうで、無性に触りたくなりました。

そして、またしばらくして教官が、「船を後退させる」と言いました。
まず私達が後ろを向きました。
するとまた目の前は上半身裸の女子ばかりになります。
見たくなくても女子の胸が見えてしまいます。
小学校から一緒だった子や、中学で初めて知り合った子など、1人1人の胸の詳細は覚えていませんが、確かに見たことは今でもはっきりと覚えています。
みんな疲れて息が上がってるので、それに合わせて胸も大きく上がったり下がったりしていました。

今度はオール立ての練習を始めることになりました。
オール立ては、足元に置いたオールを垂直に立るというもので、帰還のときのポーズとなります。
女子1人では持ち上げられないので、もう1人がサポートします。
私は船の内側に座っていたのでサポート役でした。
隣の女子が足元にオールを立てて、そこから一気にオールを垂直に持ち上げようとするのですが、重くてなかなか持ち上がりません。
それを私が手助けしてオールを持ち上げるのですが、2人で共同作業をしていると、女子の胸が丸見えになっていました。
彼女の胸の形や色、大きさは未だに忘れられません。
思いっきり見てしまっているのですから。

オールを持ち上げようとしていて、私がバランスを崩して少しよろけてしまった時のことです。
船が波に揺られて私はバランスを崩し、彼女に倒れかかりました。
必死でバランスを保とうと反射的に手を前に出すと、何か柔らかいものに手が当たりました。
すぐに彼女の胸を触ってしまったと気付き、手を離そうとしましたが、カッターが揺れているので私は体勢を立て直すことが出来ませんでした。
手のひらにすっぽりと柔らかいものが納まっている感触がはっきりとわかりましたが、自力ではどうしようもありませんでした。
すぐに波が収まり、私は体勢を立て直しました。
私の顔は真っ赤になっていたと思います。
当時の私はとても気が小さかったので、「ごめんなさい」とも言えず無言のままでした。
頭の中では、(変な噂が立ったらどうしよう。ごめんなさい・・・)と、ずっと考えていました。

オール立てを何回か練習すると、もう一度休憩があり、そのときやっと服を着るように指示されました。
女子達がブラのホックを目の前で閉じる姿を見ながら、頭の中ではさっきの胸の感触と恥ずかしさでいっぱいでした。
その後、カッターは帰還して訓練は終了しました。

その夜、男友達から何か言われるかと思いましたが、男子と女子の運航ルートは全然別なので、女子まで上半身裸になっているとは誰も思っていないようでした。
さらに学校では男女があまり仲良く触れ合う習慣がなかったので、そういう話もありませんでした。
私の思い出は、私と女子の間だけでの秘密になりました。