某薬品メーカーの営業マンをしています。
1週間単位で地方に泊りで出掛けて、営業や商品補充をしています。

とある地方の見渡す限り水田だらけの一本道を走行してると、まだ15時ぐらいなのに見る見る空が暗くなり、ライトが必要かなって思うぐらい暗くなってきた。
目の前を長い髪とミ二スカの裾を風にはためかせながら自転車を漕ぐ、女子高生走っていました。
白いブラウスの背中に水色のブラが透けていて、追い越し際にサイドミラーで顔を確認するとなかなか可愛い娘だった。

(田舎でも可愛い娘はいるんだなぁ!)

そう思いながら2分も走ると、車のボディーにカン!って音を立てて、何かが当たった。

(なんだ?)って思った瞬間・・・物凄い雨が降ってきました。

一瞬にして視界が奪われて、ワイパーを最速にしても雨に勝てず、視界ゼロ。
走行に危険を感じて、しばらく路肩に車を停めました。
物凄い豪雨の中、じっとしてると、ふと(さっきの娘はどうしただろう?)って気になってきた。
ここは水田の一本道で雨宿り出来るような建物はない。
しばらくすると、制服のまま泳いで来たような状態で自転車を押してトボトボと歩くその娘が車の脇を通過した。
雨の勢いは以前に増して凄まじく、俺はその娘に声を掛けていた。

「雨がやむまで、車に乗ってなよ」

その娘は、「もうビシャビシャだし、車を汚しちゃうからいいです」って答えた。
俺は、「どうせ営業車だし、車のシートはビニールだから気にすんな」って、その娘を助手席に乗せました。
髪の毛や全身からボタボタと水滴を垂らすその娘に、景品として大量に持ち歩いてる社名入りタオルをあげて髪を拭かせました。
白いブラウスがずぶ濡れで完全に透けていて、ブラのカップの部分のレース模様のデザインまでしっかり見えてました。
雨に濡れたその娘から香るシャンプーと香水の様な匂いが車内に広がり、意外と大きなその胸から俺は視線を外すことが出来ず、途中から何を話してるのかもわからなくなってきました。

15分もした頃、空が明るくなり、雨もワイパーがいらないぐらいになりました。
その娘が、「ありがとうございました!」って車を降りる時、「お兄さん、これが目的だったんですよね?」って自分のミニスカを捲り上げました。
ブラとお揃いなのか、同じ水色の小さなパンティーが目に飛び込んできました。
完全にずぶ濡れで、パンティーの前の部分は陰毛が透けていて、水色に淡い黒色のコントラストが限りなくエロチックでした。

声を出すことさえ忘れてパンティーに見入ってると、イタズラっぽい笑みを浮べてその娘はクルっと後ろ向きになると、スカートを捲り、お尻を突き出しました。
濡れたパンティーが丸いお尻にピッタリと張り付き、お尻の割れ目をクッキリと浮き立たせ、布地からはお尻のホクロが透けて見えています。
その娘はもう一度車に乗り込むと・・・。

「雨宿りとタオルのお礼です!お兄さんいい人だから」

そう言って俺の首に手を回すと、キスをしてきたんです。
俺も濡れたその娘を抱き締めて、ブラウスとブラの上から胸を揉み、スカートの中に手を入れて濡れたパンティーを弄り、股布の間から、その娘の大切な部分に指を挿入しました。
濡れた陰毛の奥のその部分はしっとりとして温かく、雨とは違った少しヌメリのある液体に濡れていました。

その娘がスラックスの上から俺のカチンコチンになった息子に触れて来た時、俺はその娘のブラウスのボタンを外しました。
ブラを押し上げると質感たっぷりの胸に、ピンクの可愛らしい乳首が押しボタンのように硬く、ポチっと突き出していて、俺は夢中でしゃぶりついていました。
舐め回し、吸い上げ、甘噛みし、片手はもう一方の乳房を揉み上げながら指で乳首を転がしました。
その娘の息が荒くなってきて、俺の息子を弄る手にも力が入ってきた頃、その娘の大切な部分から流出した温かい液体が雨に濡れたパンティをさらに濡らしていました。

俺は助手席を倒し、その娘を上の方に寝かせると、パンティーを脱がせました。
陰毛に絡んでいた透明な液体がパンティーに付着したまま、糸を引いて付いてきました。
俺はその娘の大切な部分をじっくり眺めました。
黒ずみもなく綺麗なピンク色。
指を挿入しても痛がらないところを見ると、処女ではないようです。

学校帰りなのだからシャワーも浴びてないだろうその香り立つ部分。
そこに俺は迷いなくむしゃぶりつきました。
汗、オシッコ、女の匂いがミックスされたそこから溢れ出る液体を音を立てて啜り、クリトリスを甘噛みし、舌を膣にねじ込んで舐めあげました。
その娘の体がガクガクと震え出した時、俺の車の傍らを車が通過して行きました。

(見られた?!)

俺は焦りました。
女子高生相手。
ましてや社名入りの車。
言い訳できない・・・。

幸いその車が戻って来る気配はありませんでしたが、最近ニュースで流れている淫行関連の検挙報告が頭をかすめました。

その娘はまだトロンとした目で俺を見つめていました。
ホテルに誘えば間違なくついて来るでしょう。
危険を承知で美味しい獲物を頂くか、このまま帰すか・・・。
いや、これまでの行為だけでも、十分淫行になるでしょう。
しかし、犯すのと犯さないのでは、俺の中では全然違います。

結局、俺は安全をとりました。
その娘に、「ゴメン。俺、オオカミになっちゃった」と謝りました。
その娘は、「私が誘ったんだからいいよ」と。
そして続けて、「しなくていいの?」って聞いてきました。
俺は、「こんなつもりじゃなかったし、大人だからね!」って心の中の未練たらたらを見抜かれないように、虚勢を張って答えました。
するとその娘は「うん!」って答えて、「着替えさせてもらっていいですか?」って言うから、「いいよ」って答えると、スポーツバッグから体操着取り出すと着替え始めました。

俺は車から降りて、タバコ吸いながら、着替えを見ないようにしました。

「体操着も濡れてるぅ!」って屈託のない笑顔見せながら、着替えを終えたその娘が降りてきました。
ちょっとはにかんだ笑顔で、「ありがとうございました!」って言われた時、ものすごい後悔の念が頭を支配しました。

(今なら間に合う!この娘とやりたい!)

しかし俺は残ったカラ元気で、「気を付けてね」って手を振りました。
自転車に跨がり、去って行くその娘を未練たらたらで見送り、俺も走り出しました。
追い抜きざまに軽くクラクションを鳴すと、可愛い笑顔で手を振ってくれてる彼女を、サイドミラーとルームミラーで確認しながら、俺は自分を呪っていました。

あの娘のふくよかな胸、刺激的な香りのアソコ、舌にねっとりと絡み付く液体・・・。

あの娘の体が頭から離れず、もう営業どころじゃなくなり、その日は早々にホテルに戻りました。
ホテルに着き、車の整理してたら後部座席のフロアにコンビニの袋があって、取り出して中を見ると、あの娘のパンティーとブラジャーが入ってました。

(なんで?ノーパン、ノーブラで帰ったの?着替えて忘れていった?)

真意のほどはわかりませんが、俺はあの娘が、「これを使って自分で処理して!」って置いていってくれた物だと信じています。

ヌルヌルの液体がたっぷり付いたパンティーは、生のアソコに劣らない匂いを放っていて、サイズDカップのブラジャーもあの娘の甘い匂いが染み付いていました。
結局その晩、俺はあの娘のプレゼントで3回も放出しました。
もう二度と会うことはないでしょうが、また会えることを信じています。
そして、それまで大切に、あの娘の下着を保存するつもりです。