グッとくるエロい体験談SP

【Hな体験】久しぶりに再会した幼馴染と恋人同士のように[前編]

これは僕と幼馴染の女の子のお話。
僕には幼馴染のユキって子がいた。
僕の住んでいる地元は割と都心から離れた山間部で、バス亭まで30分くらいかかる典型的な田舎町。
僕とユキはお隣さんで、と言っても30メートルくらいは離れているんだけど、俗に言う幼馴染ってやつ。

ユキは色白で、いつも髪をツインテールに結んでいた。
ちょっと活発な女の子だったけど、小学校ではクッキーを焼いて持ってきたりして、割と女の子らしいところもあった。
対して僕は典型的な悪ガキで、いつも先生に怒られてばかりだった。

僕とユキはいつも一緒に登校していて、帰る時も一緒ってのが何となく習慣だった。
僕達は別々に好きな子がいて、と言っても小学生だったから、付き合うとかそんなんじゃなかったけど、お互いに打ち明けあっては、茶化しあってふざけてた。
そんなちょっと仲の良い小学生だった。

ただ、中学に上がる時に僕は受験して私立の中学校に通うようになり、ユキはそのまま地元の中学に行くようになった。
ちょっと寂しかったけど、僕もユキも新しい学生生活が始まって、お互いに会うこともなくなった。
僕は高校に入ってから彼女が出来たし、すっかりユキのことは忘れてた。

僕が再びユキと会ったのは、大学1年の夏休み。
地元の男友達(S)から久しぶりに電話がかかって来た。

「T(僕ね)、久しぶりに夏祭りに行かないか?小学校の時のメンバーが集まってるぞ」

僕は暇だったし、懐かしい友達の顔が見たくて二つ返事でOKした。
夜7時、地元の広場に懐かしい顔ぶれが集まった。
そこに久しぶりに見るユキの姿があった。
なんていうか、僕は腰が抜けそうになった。
昔の面影は残っていたものの、ユキは凄い良い女になってた。

紺色の浴衣を着ていて、相変わらず肌は白い。
ちょっとぽっちゃりとした顔付きに、昔と変わらないクルっとした目。
ちょっと年齢よりは下に見えるけど、普通に可愛いと思った。
思わず人見知りしちゃったよ。
だってこんなに可愛くなってるとは思わないだろ。
髪を後ろで髪留めで上げていて、白いうなじが何とも色っぽい。
というか浴衣は女の子の可愛さを倍増するアイテムだと思った。

久しぶりにユキと会ったっていうのに、何だか僕は歯切れが悪い。
ユキは、「Tちゃん、背が伸びたね。昔は同じくらいだったのにね」って嬉しそうに話し掛けてくるけど・・・。
僕は、「そりゃ伸びなかったら怖いよ」とか、なんかぶっきらぼうになっちゃってさ。
まあ女の子に久しぶりに“ちゃん付け”されたら、僕じゃなくても照れると思うけど。

「でも本当に久しぶりだね。元気にしてた?」

「まあね」

「Tちゃん、最近何してるの?」

「別に・・・」

こんな感じです。
正直、ユキが話す時に僕の顔を覗き込むように話してくるので、何だか照れくさくて、どこかのツッパリみたいになってました。
ユキが話す時のこの癖、直ってなかったんだなあ、昔は何とも思わなかったんだけど。

勝手にツッパリモードに入ってる僕をお構いなしにユキは引っ張っていきます。
本当は地元の仲間6人で集まってたんだけど、いつの間にか幼馴染コンビになってました。
夏祭りと言っても、そんな大きなものじゃなくて、出店が6つか7つある程度。
でもユキは嬉しそうにはしゃいでいて、そんなユキを見ていて、素直に可愛いなって思いました。

それから1時間後、たこやきを買って椅子に並んで食べている頃には、徐々に僕の無駄なツッパリモードもなくなって、お互いの近況について話すようになってました。
ユキは現在、美術系の大学に通っていること。
彼氏がいないってことも、ここで知りました。
僕は平然と聞きながら、心の中で(キター!)とか思ってました。
僕には2ヶ月前まで彼女がいたことを話すと、「えっ、Tちゃんって彼女いたんだ!」とビックリしてました。

その後、昔の思い出話をしてました。

「お前さ、昔よくボンバーマンやったの覚えてる?」

「あ~、懐かしいね。よくやったねー」

「お前、めっちゃ弱かったじゃん」

「だってTちゃんが手加減しないんだもん。持ち主なら普通するよっ」

「甘い甘い、幼馴染には手加減しないのだ」

「あ~何だか久しぶりにボンバーマンがやりたくなってきたぁ」

「やるか?まだあるぞ」

「ほんとに~?やろっかぁ!」

意外な展開でした。
というか、また心の中でキター!と叫んでましたよ。

「あ、じゃあSちゃん達も呼ぼっか?」

「でも、コントローラーが2つしかないぜ?」(←必死)

「そっか、じゃあSちゃん達に言ってくる」

「待て待て、別に言わなくても良いじゃん」(←超必死)

「そう?じゃあ行こっか」

危なかったです。
S達に言ったら、100%ついて来るでしょうから。
コントローラなんて交代で使えば良いだけしね・・・。

夏祭りの広場から家までは7分くらい、僕の家は増築した一戸建てで、いわゆる離れってやつ。
と言っても廊下は繋がっているんだけど、玄関を通らずに部屋に行けるから色んな意味で便利。
昔はこんなのなくて、ユキが家に遊びに来たときはいつもリビングで遊んでました。

「お邪魔しま~す」

「どうぞどうぞ」

心なしかユキが緊張しているように見える。
でも、もっと緊張してるのは僕。
正直、右手と右足が同時に出てたかもしれない。
昔と違って自分だけの個室。
でも昔と違うのは、2人とも子供じゃないってこと。
幼馴染だろうと、やっぱり部屋に2人っきりになると、ちょっと意識して気まずい雰囲気になる。
何とか打開しようと、僕が張り切って、「何か飲むだろ?飲み物取って来るよ」と言った瞬間、パソコンの足の角に小指を思いっきりぶつけました。
うずくまる僕。
一瞬、「Tちゃん、大丈夫?」って言った後、大笑いするユキ。
一転して空気は打ち解け、和やかムードに。

そこからボンバーマン大会が始まりました。
僕の持ってきたビールを飲みながら熱戦が始まりました。
と言っても僕が手加減してるからなんだけど。
気が付くと1時間半も経っていて、辺りにはビールの空き缶が7本。
こんなに飲んでたっけ・・・。
ユキを見ると、耳と首の付け根辺りが赤くなっていて、めちゃめちゃ色っぽい。
ただでさえ浴衣着てるのに、それは反則だろ・・・。
と言うか、またユキのことを意識し始めちゃって、僕はボンバーマンどころじゃなくなってしまいました。
そこで、無理を承知でユキにふっかけてみました。

「ねえ、ユキ」

「ん?」

「次の勝負で賭けしない?」

「賭け?」

「そう、負けた方が勝った方の言うことを何でも聞くの」

「いいよ~、面白そう!」

ユキは僕がさっきまで手加減してたことを知りません。
一瞬でユキのキャラを爆弾で挟み撃ちにして片付けてやりました。

「へっへ~、俺の勝ち」

「えー、何かずるかったなあ、今の」

膨れるユキ。

「じゃあ命令するよ~」

「はーい」

この時点で空いた缶ビールは8本。
お酒強いわけじゃないんで、結構きてました。
なんで勢いで、「じゃあユキが俺にキスをする~」って言っちゃったんです。
昔なら、「バ~カ」てランドセルで殴られてたんで、怒られるかなって思ったら、「え・・・」って顔を赤くしてるんです。
こうなりゃ勢いだって思って、ユキを抱き寄せました。

「ほんとにするの・・・?」

上気して言うユキを見ていたら、たまらなく愛しくなって、「ユキ、可愛くなったね」なんて言ってしまいました。
そしたらちょっとビックリした顔をした後、ニッコリと笑って、「ありがと」と言いました。

「でも、キスはダ・・・」

僕は素早くユキを抱き寄せてキスをしました。
ちょっと強引だったんで、歯がカチって当たっちゃいました。
と言っても軽く唇を合わせた程度だったけど。
お互いに沈黙。
でも僕はキスしたら歯止めが利かなくなって、思わずユキをぎゅっと抱き締めました。

「あっ」

ユキの髪の毛から甘い匂いがしてきました。

「ちょっと、Tちゃん・・・」

もうこの時点で僕はエロエロモード180%ロイヤルでした。
お互いの鼓動がバクバク言っているのがわかります。

<続く>

月別アーカイブ
18歳未満閲覧禁止
当サイトには性的な描写が含まれるアダルトサイトとなります。18歳未満の方の閲覧はご遠下さい。

また、当サイトは個人で楽しむ目的で運営しておりますが、その著作権は引用元にあります。
サイトの閲覧、リンク先のご利用は自己責任で行っていただきますようお願い致します。
その他、相互RSSやご要望等は「お問い合わせ」からお願い致します。
オススメ!怖い体験談
[鵺速]あなたの傍の怖い話
媚薬・精力剤を使ってみた
脱毛してモテようぜ!
[PR] 今!VRが熱い!!
相互RSS(エッチな体験談)
相互RSS(怖い体験談)