あるダンススクールで先生の補佐をしているSさん。
ダンスをしている時はあんなに激しいのに普段は大人しく可愛くて、僕は半分Sさん目当てで来ていました。

練習場の受付でタバコを吸っているとSさんが来ました。
でも少し様子が変で・・・走ってトイレに駆け込みました。

「どうしたの?」という問いに答える間もなく、またトイレへ。

しかもその日は先生も身体を壊して休むということで、Sさんが皆を指導することになっていました。

顔色のさえないSさんに「大丈夫?」と聞くと、「う~ん、やばいかも・・・」という答え。
どうやら夕方に食べたものにあたったらしく、極度の下痢らしい。

「とりあえず動きだけ教えて後は休んどくわ・・・」

そう言いつつ、またトイレへ。
レッスンが始まり、Sさんは強張った表情のまま指導をする。
ある程度ステップを教えるとそれをリピートさせる。
そして次のステップへ・・・。
動きが激しくなるにつれ、顔の表情も辛そうになる。

僕にはそれがちょっと卑猥に感じられた。
下痢を我慢しているSさんの表情を見て興奮してきた。

そして、ついジャンプするステップのある曲をリクエストしてしまった。
その曲は生徒さんにも人気があり、皆も賛同した。
Sさんは苦笑いしながら渋々始める。

そして激しいステップの間・・・ついにSさんはスタジオを後にして走り出した。
僕もすぐに追いかけた。
トイレは外に出て階段を下りたところにある。
靴も履かずに階段を駆け下りるSさん。
レッスン着のお尻の辺りにシミが見える。

(まさか!)

階段を下り切ったところでSさんは転んだ。

「Sさん!大丈夫?」

「いやぁ~、来ないでぇ~!!」

レオタードの脇から茶色の液体が溢れ出てきた。
僕は機転をきかし、すぐに彼女を備品倉庫に連れ込んだ。
ドアの外では生徒さんが探しに来ていた。

「あれぇ~Sさんはぁ~?・・・いや、くっさぁ~い!」

Sさんは気が動転してしまい、ぶるぶると震えていた。

「とにかくこのままじゃ戻れないから、どうにかしよう」

Sさんを落ち着かせて僕はスタジオに戻り、Sさんの鞄と着替えを持ってきた。

「さぁ、着替えよう、拭いてあげるから・・・脱いで後ろ向いて」

そう言うと、初めは躊躇していたが、彼女も今さらと思ったのかレオタードを脱ぎ捨てました。
ダンスで鍛えたお尻は見事に丸く美しいものでした。
その美しいお尻が下痢便にまみれて汚れています。
あまりに緩すぎて踵まで流れていました。

僕はタオルで綺麗に拭き取りながら興奮していました。
内股やアソコにも付着していたため、後ろ向きで足を広げてもらいました。
アソコのヒダにも糞が・・・。

僕は我慢しきれなくなり・・・、アソコは僕の舌で綺麗にすることにしました。

外からはレッスンを諦めて帰る生徒さんの声がします。
Sさんは必死に声を殺しながら屈辱に耐えてます。
少し苦かったけど、Sさんの愛液と混ざった味は格別でした。
僕は調子に乗って舐め続けました。
生徒さん達はいつも30分くらいその場で喋ってから帰ります。
Sさんはドアに手をついたまま僕の言いなりでした。

アナルを舐めながらSさんの鞄を漁ると乳液が出てきました。
その乳液をたっぷり手にとってアナルに塗りました。
指で突くと人差し指が簡単にスルッと入りました。

「クッ!」という声を漏らし、耐えるSさん。

乳液を僕の亀頭に塗り、アナルにあてがってみると・・・。
初めは力を入れていたせいかきつかったのですが、内股の柔らかいところを抓りあげると簡単に入りました。
頭が入ると後はズブズブと滑り込み、一気に根元まで・・・。
僕の唾液と乳液でよく滑るようになっていて、とてもきつくて気持ち良い状態です。

その時、また僕の頭に一つの案が浮かびました。
アナルに挿入したまま腸内に小便をしました。
Sさんはまださっきの下痢が収まっていなかったらしく、また苦痛の表情になり膝を落としました。
正座の状態でうずくまったまま肛門から僕の小便を噴出しました。
それと同時に残りの下痢便も出てきました。
運悪く、それはSさんの鞄を直撃し、着てきた普段着まで汚れてしまいました。

仕方がないので車を回し、車に積んであった毛布を持ってきてそれで身体を包み、送ることにしました。
もちろん一言も口を聞いてくれません。
臭いも車に充満しています。
脅えた目つきなら良かったのですが、なにやら上から睨みつけるような、『今日のところは黙っててあげる!』みたいな態度でこちらを見ています。

僕はだんだんムカついてきました。
車を某都心近くの公園に回し、毛布に包んだまま降ろしました。
外灯のないベンチを選び、すぐ脇の植え込みにSさんを縛り付けました。
数分もすると遊び帰りのサラリーマンが通りかかり、Sさんを見つけました。
サラリーマンは辺りを窺い、Sさんのオマンコを触ったり舐めたりしてどこかに行ってしまいました。
そして今度は今風の若者が2人で・・・。

「うわぁ~、なんだよこいつ!バカじゃねぇ~の」

「気持ちわりーな、あ!分かった、ビデオだよ。AVじゃん」

そんなことを言いながら辺りを見回し・・・1人がズボンを脱いで挿入。
すぐに出したようで、もう1人も挿入。
2人とも中でイッたようです。

次はヤンキー風のカップルが来ました。
無残なSさんを見つけると、喜んだのは男よりも女。

「きゃぁ~!まじぃ~!何これぇ~?ねぇ、おばさん、何やってんの?調教されちゃってるの?」

などと言いながら彼氏に向かって・・・。

「なんか突っ込む物持ってないの?・・・なんでもいいよ。あ、これでいいじゃん!!・・・きゃぁ~、入った入った」

見るとSさんのアソコにはデカ◯タCの飲みかけが刺さっていました。
2人が立ち去ったあと、Sさんに近付いてみると、さすがに参っている様子でした。
デカ◯タCを抜くとアソコから先ほどの2人の精子も一緒に流れてきました。