「前田さん、診察室へどうぞ」

名前を呼ばれた私は自分でも顔が赤くなっているのを感じながら診察室へ入りました。

「どうされました?顔が赤いですよ」

「あのぅ、えーと、あの主人が」

「ご主人がどうかされましたか?」

「主人が最近、そのぅ、EDになって勃たないんです・・・」

「あぁ、そういうことですか。大丈夫です。心配いりません。ハハハ」

男の先生でしたが、あっけらかんと言われ、少し恥ずかしさが消えていきました。

「今はいい薬がありますから、すぐに治りますよ」

先生は棚から錠剤を取り出して私に見せます。

「この薬は副作用もなくてEDを治してくれます」

「ただ飲むだけでいいのですか?」

「はい。営みの1時間前に飲めば効果は保証しますよ。薬が効いている時間も24時間と長時間になります」

私は恥ずかしさも忘れて食い入るように話を聞きました。

「そうだ。実は僕も愛用してるんです。効果を見てみますか?ちょうど1時間ぐらい前に飲んだんですが・・・、ほら、こんな具合です」

先生はズボンのファスナーを下げ、勃起した逸物を私の目の前に突き出しました。
長い間、勃起したペニスを見ていなかった私はじっと見てしまいました。
主人のより大きくて上に反り返っています。

「硬さも確認していただいてもいいですよ。触ってみて下さい。薬の効果がわかりますから」

私は言われるがまま手を伸ばし、先生のいきり立ったペニスを握り締めました。

「どうですか?よく効いているでしょう?もっと近くで試して下さい。遠慮はいりませんよ」

顔をペニスに近づけると独特の匂いがします。
久しぶりの男の匂いです。
思わず私は先生の股間に顔を埋め、硬くて熱いペニスを口に含みました。

「実感できますか?ぅぅぅ、奥さん、気持ちいい・・・」

先生はそう言いながら私の太ももを擦ってきました。
そしてその手は、徐々に付け根の方へ移動してきました。
私はたまらず脚を少し開いて、先生の手が奥まで届くようにしました。
スカートの中に先生の指先が届き、すでに湿り気を帯びた敏感な部分をサワサワと触ってきます。

「あぁ、気持ちいい。凄く感じる!もっと弄って!」

ペニスを口で扱くように舐め、鴈首を舌先でレロレロしたりしながら夢中でしゃぶっていました。
すると先生は私を後ろ向きに立たせ、机に手をつかせてお尻を持ち上げるのです。
下着を脱がされた私は脚を大きく開き、迎え入れやすい格好でペニスのおねだりをしました。

「先生、早く入れてください!薬の効果をもっと感じたいの!一気に奥まで嵌めて!」

私の卑猥なお願いに先生はお尻を触りながら言いました。

「わかりました。お尻をもっと突きだして下さい。ほぉ、凄く濡れてますね。奥さん、相当溜まってたんですね。ビショビショだ。いやらしおまんこですね」

恥ずかしさと期待で、ますます愛液が溢れ出してきました。
突然、先生はお尻を抱え、割れ目にカチカチのペニスを宛てがいました。
私は、(やっと嵌めてもらえる)とお尻を突きだしたのですが、チンポの先っぽ、鴈首までしか入れてくれません。
奥まで欲しい私はお尻を押し付けるように後ろに動かしますが、先生は腰を引いて奥まで入れてくれません。
今考えても、このときの私はただの雌になっていました。
ニヤニヤしながら先生は、「いやらし奥さんだね、ほらっ」と。
一気に奥まで貫かれた私は仰け反りながら大きな声で喘いでしまいました。

「ああ~、いい~。気持ちいい。こんなに気持ちいいチンポは久しぶり!凄い~」

先生はいやらしい音を立てながら突いてくれます。
腰を使いながら胸を鷲掴みにして揉んだり乳首をキュッと摘まんでくれました。
クリトリスを刺激された途端、私は頭の中が真っ白になり、潮を吹いてしまいました。

「おおぉ、嵌めながら潮を吹いたのは奥さんが初めてだ。本当に淫乱なおまんこだね。こっちも興奮するよ」

私は膝がガクガクするのをこらえ、先生に激しく突かれて絶頂を迎えそうになりました。

「イッてもいいですよ!ほらっ、イキなさい!イクんだ!」

この言葉に、私の体の中の堰が壊れてしまいました。

「イクッ、イクッ、だめぇ、イクゥ!」

私はいやらしい声を発しながら診察室で昇り詰めたのです。
でも、膝から崩れ落ちそうになる私のお尻を抱えながら先生のチンポはまだギンギンのままでした。
そう、先生はまだイッていないのです。
繋がったまましばらく余韻に浸っていると・・・。

「さぁ、これからが本番ですよ、薬の効果を試してみるのは・・・今度は僕と一緒にイキましょう」

(またイカせてもらえる!)

心の中で妖しいときめきが再び蠢きだしました。
先生はまだまだ硬いチンポを抜くと、椅子に座りました。
湯気が上がりそうなぐらい屹立したチンポは私の愛汁でヌラヌラしています。

(やっぱり凄いわ。あんな立派なチンポが入ってたんだ。私はイッたのに、まだあんなにいきり立ってる・・・。見てるだけでまた欲しくなっちゃう。疼いちゃう!)

「さぁ、こっちへおいで。ビンビンに立ってる乳首を吸ってあげるから」

先生の一言一言に体が過敏に反応してしまいます。
恐る恐る先生の前に立ち、乳首を吸いやすい体勢になります。

「こんなに硬く尖って、どれ・・・」

舌先で乳首をチロチロと舐めたり甘噛みしたりします。

「ああん、感じちゃう。エッチな舌先・・・胸も揉んで!」

先生は両手で私の胸を揉み上げながら乳首をチュパチュパと美味しそうに吸い続けてきます。
私は先生のチンポを握ってシコシコしてあげました。

「じゃあ、そろそろ本番にしよう。僕の上に跨がりなさい。チンポを自分で一番気持ちいい穴に入れなさい」

私は先生の熱いチンポを掴み、おまんこに狙いを定め、自分の腰を下ろしていきました。
ギシギシと椅子が音を立てます。
私の濡れたおまんこはヌルりと飲み込みました。
自分で腰を上下させ、一番感じる部分を中心に動かしました。
先生は繋がったまま私を抱き上げて診察ベッドに寝かせました。
今度は正常位で奥深く突き刺されたのです。
腰を前後左右に動かしながら乳首を弄び、私の感じている顔を上から眺めています。

「奥さんのおまんこは締め付けが凄い。こんなおまんこは初めてだ。僕もイキそうだ。一緒にいこう!」

今まで以上にピストンが速く、力強くなってきました。

「もっと激しく突いて!私も一緒にイキたいの!ああ、凄い!いいぃ!もうダメ!中に頂戴。中にいっぱい出して!イクッ、イクッ、イクゥ!」

先生が激しく打ち付けてきました。

「イクぞ!イクぞ、イクゥ!」

私の中で一段と膨らんだチンポから勢いよく精子が飛び出し、奥深く注入されました。
しばらくは2人とも動くことができず、ただ抱き合っていました。

「どうでしたか?薬の効果を実感できましたか?」

「はい。凄くいい薬ですね。処方して下さい。この薬は毎日使っても大丈夫ですか?」

「毎日?ちょっと厳しいですね。せめて2日に1回程度にしてあげて下さい」

「わかりました。じゃあ主人の分と先生の分を処方して下さい」

私の手は先生のチンポを握り締めて言いました。