グッとくるエロい体験談SP

【不倫】人妻の先輩と会社の倉庫で中出しエッチ

会社の先輩であるK美に出会ったのは5年前、会社の本部に異動をさせられた時でした。
どちらかというと小柄で童顔な彼女でしたが、俺よりも2歳年上で、すでに結婚もしていました。

彼女はコンピュータのインストラクター。
俺の技術監査の仕事とは仕事の内容はまったく違うのですが、割と近場のグループに配属させられました。
年が近いせいもあったのか、結構彼女の雑用に使われていました。
俺も、無茶な内容ならともかく、後輩なので色々と引き受けていました。

そして3年前のある日。
毎度のことで、彼女から資料を取ってくるのを手伝ってくれと言われ、会社の地下室に入りました。
倉庫になっているここは非常に乱雑に物が置かれていて、探している資料を探すのは1人ではかなり困難でした。
と、そのときに資料室のドアが開き、K美が入ってきました。

「あ、いたいたー」

K美が俺を見ていつもの調子で声を掛けてきました。

「どうしたんです?」

「たまには自分でもやらなきゃなって、あたしもやるね~」

相変わらず笑顔が可愛い人だな~と、顔には出さずに思っていました。

「なんだぁ、それなら早く言ってくださいよ」

俺も笑いながら作業を続けていました。
K美も近くに来てしゃがみ込んで棚の下を探し始めました。
俺が横目でちらと見ると、うまい具合に彼女のスカートの中が見えてしまいました。
ラッキーと思いつつ、上のほうを探しつつ、またチラリ。
何度かやってるうちに彼女に気づかれてしまいました。
慌てて目を逸らして探すふりをしていると・・・。

「ねえ、◯◯くん?」
「はい?」

「あたしのこと、好き?」
「は?好きですよ、いい先輩だし」

ドキッとして、ちょっとだけ混乱しながら言いました。

「最近、ダンナがかまってくれなくて・・・」

そう言うとK美は立ち上がって俺の脇に来ました。
そしていきなり俺のチンコをズボンの上から触ってきました。

「いいんですか?K美さん」

最後の理性を振り絞って聞くと・・・。

「いいよ、して」

上目遣いに言ってきました。
その表情で、俺の理性の枷も外れてしまいました。
彼女を引き寄せてキスをしようとすると、「ちょっとちょっと、口紅ついちゃう!!」と言われ、はっとなりました。
俺は彼女はスカートのフックを外し、パンストを脱がせました。
そしてパンティの上から触ると・・・。
すでに湿ってきていました。

「じゃあ、一気にいっちゃいますよ」

彼女はコクリと頷いて、パンティを下ろし、足を広げました。
俺もズボンを脱いでチンポを出し、後ろから彼女のマンコに突き刺しました。
中はすでにぐちゃぐちゃで、チンコが引きこまれるように入りました。
俺が腰を動かすたびに彼女は、「アッ、アッ、アッ」と悶えました。
俺も久しぶりのオマンコに気持ちよくなってしまい、思わず声を出してしまいました。

「ダメ、外で!」

彼女はそう言いましたが、時すでに遅し。
彼女の中で俺のチンコはビクビクと波を打っていました。

「もう・・・」と呆れ顔をされましたが、彼女のマンコから溢れ出てた精子の光景は、未だに忘れられません。

それからの半年後、彼女は産休に入ったのですが、ダンナとの子なのか自分との子なのかは謎のままです。

月別アーカイブ
18歳未満閲覧禁止
当サイトには性的な描写が含まれるアダルトサイトとなります。18歳未満の方の閲覧はご遠下さい。

また、当サイトは個人で楽しむ目的で運営しておりますが、その著作権は引用元にあります。
サイトの閲覧、リンク先のご利用は自己責任で行っていただきますようお願い致します。
その他、相互RSSやご要望等は「お問い合わせ」からお願い致します。
オススメ!怖い体験談
[鵺速]あなたの傍の怖い話
媚薬・精力剤を使ってみた
脱毛してモテようぜ!
[PR] 今!VRが熱い!!
相互RSS(怖い体験談)