弥栄子、29歳です。
3年前に結婚して、今は専業主婦です。
私は人には言えない秘密を抱えています。

夫の父に犯され続けてもう2年が過ぎました。
義父に初めて犯されたのは一人暮らしの義父の看病に行った時のことでした。
一段落して帰ろうとした時でした、勧められた飲み物を口にした私は朦朧として前後不覚に・・・。
どのくらい過ぎたのか、気が付いた時には私は全裸にされていました。
下半身に異変を感じて手をやると、ドロリとした液体が太股を濡らしていたのです。
何が起こったのかは一目瞭然でした。

「弥栄子・・・なかなかいいマンコだったぞ・・・久しぶりに堪能させてもらったよ」

何気なく言い放つ義父を憎悪と憎しみの眼で睨むと、私は逃げるように帰宅しました。
夫に打ち明けも出来ず、悶々とした日々を過ごしていると、義父は再三電話をかけてきて私を呼び寄せるのでした。
夫に知られるのを恐れた私は、仕方なく義父の家に足を運んだのです。
それが間違いの元でした。
義父は獲物を待ち受けていたかのように私を押し倒すと衣服を剥ぎ取り、すでに敷いてあった布団に転がし、クンニを始めました。
60歳とは思えない筋肉質の身体で押さえつけられて、もう私には抵抗する力はありませんでした。
ベチャベチャと音を立てて私はマンコを舐められ、いつしか股を大きく開いていました。

(ああ、こんなことダメだわ、これ以上・・・)

心の思いとは裏腹に私は義父の上に乗りました。
そしてお互いの性器を舐め合う69の形をとると・・・。

「お義父さん・・・いいわぁ・・・」

思わず私は叫ぶのでした・・・。

青スジの浮いた義父のおちんちんを手に取ると私はマンコに沈め、ゆっくりと動きだし、快楽に身を委ねました。
成り行きとはいえ、年季の入った義父の性戯と硬くて太い肉棒の魅力には勝てませんでした。

日に日に私と義父の関係は深くなりました。
それは一度入りこんだら抜けられない泥沼のようでした。
義父の要求は一段と過激になり、目の前でオナニーをするように指示をするのです。

「見てェ・・・お義父さん・・・マンコ、見てェ・・・」

自分にこのような性癖があったのかと驚くばかりで、私はオナニーを人に見られる快感に酔いしれていきました。
さらに義父は、購入した電動淫具で責め続け、私が義父のおちんちんを哀願するまでやめません。

「ダメ・・・ダメェ・・・欲しいわ・・・本物を・・・お義父さんのチンポぉ・・・」

「そうか、仕方ないな、入れてやるよ」

ズブリ・・・。

私は両足を抱えて義父を迎えます。

「あああ・・・気持ち良すぎる・・・もっと奥までちようだい・・・。イク・・・イク・・・またイクゥ・・・」

上に乗った義父は私の口に唾を垂らし、私はそれをゴクゴクと喉を鳴らして飲みました。
これまでに経験したことのない過激で常道を外れた交尾を知った私は、もう普通の生活には戻れないことを覚悟していました。
義父の動きで射精が間もなくと感じた私。

「お義父さん・・・イク・・・一緒に・・・一緒にイッて・・・」

義父の背中に爪を立て、精子を子宮奥深くに受け入れました。

義父と関係を持ち始めて1年近く過ぎた頃でした。
義父はとんでもないことを言い出したのです。
それは・・・私に子供を産めというものでした。
私はそれだけは許してと言いましたが、義父は夫と同じ血液型だから判らないと承知しませんでした。
今までは排卵日を避けて中出しをしてきたのですが、集中的に危険日を狙って受胎させるという義父に押し切られ、やむなく私は承託したのでした。

そしてついにその日が来たのです。
互いに一糸纏わぬ姿になり、ねっとりとした前戯は1時間を過ぎています。
その間、私は何度も昇天し、いつでも受胎OKかのように子宮口は開いていました。
いよいよ義父の子種を宿す時が来ました。
義父は前もって私に教えておいた言葉を叫ぶように促したのです。

「お義父さんの赤ちゃんが産みたいのゥ・・・産ませて・・・産ませて・・・」

勢いよく子宮の奥に義父の遺伝子が流れ込むのを私は感じていました。
それから一月が過ぎ、やはり生理は止まり、私は義父の子を受胎しました。
でも、我が子を見ることなく、義父は半年後に亡くなりました。
脳梗塞でした。

今、私は1歳の娘を抱いています。
娘に義父の面影を探してしまう私がいます・・・。