職場のパートの若妻とやれた。
22歳で結構な美人。
彼女がパートの面接に来た時には職場中が異様な雰囲気になったほど。

若妻はおっさん5人に囲まれて仕事してて、休憩時間に一番年の近い俺に愚痴るのが習慣になってた。
そんなある日、珍しく旦那の愚痴をこぼし始めた。

車を買うのに「ローンは嫌だけど高い車がいい」とかワガママを言うとの話。

どうも旦那はろくなやつじゃなさそうだったので、「ひょっとして旦那さん、秘密で借金してるからローンを嫌がるんじゃない?」と言ったら顔色が変わった。
前にも借金で問題があったらしい。

それから職場以外でも会って旦那の借金を調べる方法を教えたりして、ついに旦那の借金を突き止めることに成功。
旦那は完全降伏で、2年間は安い中古の軽に乗るという罰を受け入れさせたとのこと。
しかし若妻は、その罰だけではまだ足りないと言う。

「借金だけは絶対にもうしないって言ってたから離婚しないでやったのに」

・・・と、ぶちギレ。

「どんな罰がいいですかね?もし◯◯さんなら何が一番嫌ですか?」
「やっぱり妻に浮気されることかな」

「どういうのが嫌ですか?矢口みたいに自分の家でとか?」
「それも嫌だけど、一番嫌なのは相手の男に好きなようにされるのかな」

「好きなようにってどんな事ですか?」
「男の要求通りのプレイとかさせられてたら、僕なら自殺しちゃうね」

「じゃあ、◯◯さんならどんなプレイを要求しますか?」

俺はなるべく抵抗感の少なそうなのから言おうと考えた。
で、とりあえず「コスチュームプレイ」と言ってみたら、いくつか質問された後で・・・。

「じゃあ何を着ればいいですか?」

俺は少しとぼけて、「それは相手に聞いてもらわないと」と言うと、「ここまで来たら◯◯さんに付き合ってもらいます」と。

仕事の時に着てるスーツと高校の制服で悩んだけど、結局スーツを選んだ。
制服は何かと面倒が多そうな気がしたので。

若妻は普段9時から3時まで仕事なので、2人共休みの日を作って9時から隣の市のホテルに行った。
いざスーツ姿の若妻とやろうとすると、ガードが堅すぎて面倒だったので、先に普通にやらせて欲しいと頼んで裸になってもらった。
覚悟を決めてるのか旦那への復讐に燃えているのか、度胸の良すぎる脱ぎっぷりで少しがっかりしたけど、身体はかなり魅力的だった。
胸はCカップくらいででそこまで大きくないけど、乳首がツンと上を向いてて、ウエストはくびれてるし、余計な肉のない健康的な身体だった。

裸になって身体も隠さずに正面からじっと見つめられて気圧されてしまったので、背後に回って首筋にキスをした。
そのまま両方の乳首を同時に触るとビクッとしたけど、それ以降はあまり反応が無かった。
その後もしばらく色々したけど、反応が薄くてかなり焦った。
そして、若妻は俺のことが好きってわけじゃないんだから当然のことだと悟った。

そこで、「もう少しラブラブっぽくしてくれると嬉しいんだけど・・・」と頼んだら・・・。

「ラブラブプレイですね、了解です!」

ちょっと萎えかけたが、それから何回もキスして唾液をお互いに飲ませたりしながら愛撫してたら、さすがに感じてきたみたいで反応が良くなってきた。
アソコを触ってみるとトロトロ。
なので正常位の体勢にして見つめ合いながら挿入した。
その時点で、俺はかなり限界に近かったので、あまり動かさずにキスしたり話をしたりして時間を稼いだけど、呆気なく若妻のお腹に外出しした。
その体勢のまま話をしてたら、「今日は今までの一生分より沢山キスしたかも」って言われて嬉しかった。

しばらく仲良く会話してたけど、賢者タイムが終わると、若妻のアソコを見てないことに気が付いたので、じっくり見せもらうことにした。
素直に見せてくれたけど、間近でジロジロ見ても羞恥心が少しも感じられず、ならば言葉で責めてやろうと他の男の話を聞いてみた。
体験人数とか、初めての時の感想とか、他の男とどんなプレイしたかとか。
そんな話を聞きながらアソコを眺めたり弄ったりしたけど、興奮出来るような話はあまりなかった。
その後はスーツを着せてオナニー観賞したり、セクハラ上司ごっこを試した後、普通に2回やって終わった。

職場で2人になると、「キスはヤバかったですねー」とか言ってくるものの、次のお誘いは未だにない。
やってる時はキレイな顔と若い身体に興奮してたけど、後になって考えると、世に言うマグロってああいうのなんだなと思った。