グッとくるエロい体験談SP

【初体験】隣の席の剛毛女子

中学の時、隣の席の由理子が散髪した俺の髪の毛を触ってきた。
夏だったので、半袖の制服(ブラウス)から脇の下が見えた。
そこには結構な濃さの毛が見えた。
一瞬ビックリして俺は固まってしまった。
由理子もそれに気が付いたようで、「肌が荒れやすいから・・・」って、恥ずかしそうに小さい声で言った。

すぐに授業が始まった。
しかし俺は由理子のわき毛のことで頭がいっぱい。
んで教科書の隅に『また見せてや』って書いて、由理子が見えるようにした。

「えっ?」って、また恥ずかしそうな表情。

俺はさらに『じゃないと、男みんなに言うぞ』って書いたら無言で困ってた。
由理子はかなり巨乳だったし、前から気になってた。

(これはチャンスや)

そう思い、家の方向が同じだったので、『今日の放課後、◯×公園で待っててよ』と書いて見せた。

その日の放課後、部活をサボって公園で待っていると、由理子が恥ずかしそうにやって来た。
「もう、やだーっ」って言いながら。
でも、そんなに嫌そうな顔はしていない。

「なぁ、俺んち来ない?」

「え?」

「ここだと、学校のやつも来るし、2人でいると噂にもなるし」

「うん・・・でも、おばさんいるでしょ?」

「あ、かーちゃん、今日は出かけてて『親父と一緒に帰る』って言ってたから大丈夫」

2人で俺の家へ行くことにした。
俺の部屋のベッドに2人で座って、最初は音楽を聞きながら漫画を見たりしてた。
俺はもうドキドキワクワクしながらタイミングを計っていた。

「由理子、もう1回見せて」

「えー、ホントに見せるの・・・やだなぁ、恥ずかしいよ・・・」

「いいじゃん、もう1回見たんだし・・・」

少し力を入れて抵抗する由理子の腕を上にあげる。
覗き込むと、すげー濃い腋毛!
興奮して凝視した。

「もう、いいでしょ!」

由理子が腕を下ろした。
ここで俺は、また良からぬことを思いついてしまった。

「由理子、下の毛もそのくらい生えてるの?」

「えっ!?ちょっと、何言ってるのー!」

「だって気になるじゃん」

「もう帰る!」

「由理子、ちょっとだけ、な?」

「やだよ・・・」って言った時、由理子をベッドに押し倒した。

制服の下から手を入れると生足で、すぐにパンティーがわかった。

「やだやだ、待って、無理、ちょっと・・・」

もう俺は完全に興奮して無言のまま抵抗する由理子のパンティーを引き下げた。
スカートを必死に押さえる由理子。

「だめ、待って、ちょっと、あー、やだ!」

それでもかまわず由理子の股間に手を入れると、かなりの量の毛が感触でわかった。

「由理子、好きなんだ」

そう言った瞬間、由理子の抵抗する力が弱くなった。

「本当?ウソでしょ?」

「本当だよ。だから・・・な」

「でも、私も・・・ちょっと、それでもマズイよ・・・」

由理子はよくわからないことを言っていた。
目が合って、そのままぎこちないキスをした。
その後は抵抗もなく、全裸にして巨乳に吸いついた。
由理子のそこはやはり剛毛で、おまんこを見せる時にはかなり恥ずかしそうだった。

お互い初めてだったが、由理子の剛毛おまんこを見た俺は(舐めたい!)という衝動に駆られ、初めてクンニをした。
少しおしっこの匂いがしたが、これにも興奮した。
由理子もかなり気持ちよかったようで、「あん、ウン、あっ・・・」って感じていた。

その3日後、俺は由理子の剛毛おまんこにチンポを突っ込ませてもらった。

月別アーカイブ
18歳未満閲覧禁止
当サイトには性的な描写が含まれるアダルトサイトとなります。18歳未満の方の閲覧はご遠下さい。

また、当サイトは個人で楽しむ目的で運営しておりますが、その著作権は引用元にあります。
サイトの閲覧、リンク先のご利用は自己責任で行っていただきますようお願い致します。
その他、相互RSSやご要望等は「お問い合わせ」からお願い致します。
オススメ!怖い体験談
[鵺速]あなたの傍の怖い話
媚薬・精力剤を使ってみた
脱毛してモテようぜ!
[PR] 今!VRが熱い!!
相互RSS(怖い体験談)