グッとくるエロい体験談SP

【不倫】取引先の綺麗な人妻に恋をして

つい一月半前まで関係のあった人妻とのお話です。

私は二年の任期で関西のとある都市に出向し、その街で素敵な女性と出会い、楽しい時間を過ごしてました。
彼女はS美さん。
私より五つ年上の女性だ。
出会いは、取引先に出向いて何回目かの商談をしている時だった。
私も含め数人で商談をしていると、少し遅れてS美さんが扉を開け入室してきた。
どうやら前の打ち合わせが押したようで・・・。
だがそんな事は私にはどうでもよかった。

濃紺のジャケットと同色のタイトスカート、真っ白のブラウス、ヒールの細い黒パンプス。
胸元に光るネックレス。
左薬指に光るシンプルな指輪。
フワッとした綺麗な髪。
そしてジャケットを程よく膨らます形の良さそうなバスト。
何より細い綺麗な足。

(・・・綺麗だ・・・)

これが素直な第一印象だった。
形通りの名刺交換をすませ、名前を確認して、(◯◯S美さんか・・・)といただいた名刺に視線を落とした。
商談中もあまり身が入らず、S美さんばかりに意識がいっていた。

2、3時間の商談を終え、少し和んだ雰囲気になり、その流れで近くのホテルに昼食に行くことに。
ランチタイムを少し過ぎた時間のレストランに入り注文をした。
自分の頼んだものは覚えていないが、S美さんが頼んだものは今でも覚えている。
食事も終え、その日はその場で別れたが、帰社する際に同行した先輩と、「綺麗な人だったな~」と話は盛り上がった。
当然、帰社後も仕事に身が入らず、いただいた名刺を眺めながら美しい姿を思い出していた。

その日は帰宅後も興奮が覚めやらず、S美さんの美しい姿を思い出しながら、ベッドの上ではどんな表情をするのかと妄想を膨らまして一人で楽しんでた。
いつもより大量に出たのを覚えている。

その後、数十回の商談を重ね、いよいよ契約を結ぶ段階になると、もう会えなくなるのかという寂しさよりも悲しさが私の心を占めてきた。
その時にはすでに取引先の方という意識ではなく、単純に好きな女性に変わっていた。
日に日に想いは大きくなるばかり・・・。

いよいよ契約を結ぶ日、・・・そして無事終了・・・。
その後は両社のお偉いさん方を含めて懇親会があった。
ホテルで立食という形だったので比較的自由な雰囲気で、乾杯も終わると皆思い思いにひと時を過ごしていた。

私は一人、ロビーのソファーでタバコ吸っていたら、そこに化粧室から戻ってきたS美さんの姿があった。
電話以外で初めて二人きりで話す時間だった。
私の座っていたソファーの斜め前のソファーにS美さんは腰を下ろした。
私は吸っていたタバコをすぐに消した。
それと同時にS美さんが話し掛けてきた。

「そんなに気にしないでも大丈夫ですよ」と、優しい笑顔を見せてくれた。

商談中には見たことがない素敵な顔だった。
取り留めもない話だったが、私には最高の時間だった。

時間にしてたった10分くらいだっただろうが、そのわずかな時間に私は確信した。
この人が好きなんだ、と。
同時に、もう数ヶ月後には東京に戻るわけだし忘れようと。
しかし、忘れようとすればするほど想いは大きくなるばかり・・・。

最高の時間は過ぎ、会場に戻った。
懇親会も無事終わり、帰宅しようと駅まで向かおうとすると、そこにS美さんの姿があった。
彼女も一人のようで、二人で肩を並べた。
その日、二回目の二人きり。
神様がいるなら恨むと同時に感謝した。

ここでもたいした話は出来なかったが、もうすぐ駅ってところで思いきって、「時間も早いので近場で一杯いかがですか?」と誘ってみると意外に結構いい感じの反応が。
もう少し押してみるとOKとのこと。
心の中でガッツポーズと万歳を交互にしながら駅を通り抜け、反対口の小洒落たレストランに入った。
懇親会ではお互いにビールばかりだったので白ワインで乾杯をした。
S美さんは、「あまり食べれなかったからお腹空いてたの」と。
私も食べれなかったので同じだった。

時間も経ち、程よくお酒も回り、少し赤くなったS美さんの顔は凄く素敵で、セクシーな色気が滲み出ていた。
だいぶ打ち解けてきたようで、私のプライベートなことを聞いてきた。
年齢や住んでるところ、趣味の話など。
今は出向で来ていることや、学生の時のことなど、色々と話した。

そこでS美さんが五つ年上だと分かった。
ただ左薬指の指輪のことは聞けなかったし、S美さんもその話はしなかった。
人妻とは聞きたくなかったのが真実ではあるが・・・。
その日はまだ週の真ん中だったのでプライベートの連絡先の交換と次回の約束して帰宅した。
もちろんその晩はS美さんを思い出して、また大量に発射した。

その後バタバタと二週間を過ごしていたが、何度かメールでのやり取りをしていて、その週の金曜日に約束をした。
待ち合わせの時間に現れたS美さんはいつもより華やかな感じの装いだった。
思わず見惚れてしまったのがバレバレのようで軽く突っ込まれてしまった。
上手い冗談も言えず照れている私を、S美さんは笑っていた。

二人で少し歩き、街の空気を楽しんだ。
金曜日の夜。
街はいつもより賑やかで華やかなに見えた。
周りの人には私たち二人はどう見えてたのだろう。
カップル?姉弟?同僚?
そんなことはどうでもよかった。
とにかく私は幸せだったから。

この日は和食のダイニングバーに入りビールで乾杯した。
窓側で隣合わせで座るような席だった。
S美さんは綺麗に盛り付けられた数々の料理に喜び、私は喜ぶS美さんの横顔を楽しんだ。
美味しい料理とお酒で気分が良くなったのか、私の姉か先輩のような感じで話し掛けてきた。
料理も出きった頃、S美さんは化粧室に。
一人残った私はタバコを吸いながら、(一人の男としては見てもらえないのか・・・)と少し落胆していた。

化粧室から戻ったS美さんが席に着いた。
少し距離が近づいたような気がした。
さっきより香水の匂いやS美さんの温かさが近くに感じる。
そして何気なくS美さんの胸元に視線を落とすと、谷間が少しだが見えていた。
その時、先ほどよりボタンが一つ多く外されていることに気がついた。
(なぜ?)とは思ったが、その時はラッキーとしか思わなかった。

先ほどまでとはまるで別人のような雰囲気だった。
何かを言いたそうに見えた。
予想は当たっていた。
S美さんが重い口を開いた。

「今日はありがとう。とても楽しかったよ。・・・でも・・・私、結婚してるの・・・気づいてたでしょ?」

私は黙って頷いた。

「一人の女として今日は来たの。意味が分かる?」

S美さんは左手を私の方に差し出してきた。
綺麗な手の薬指にはいつもの指輪が無かった。
私はそっと差し出された綺麗な手に両手を重ねた。
緊張で汗をかいていた手を。

「もう何も言わないでください。僕はS美さんが好きです。結婚されていることにも気付いていました。ただ一人の男して一人の女性を好きになりました。結婚されてても女性です。迷惑をかけるつもりはありません。今日は気持ちを伝えられて嬉しいです」

そこまで伝えるとS美さんは右手を重ねてきた。

「ありがとう・・・」

一言だけだったが私には充分だった。

お店を出てエレベーターを待っている時にS美さんの手にそっと手を伸ばすとS美さんもそっと手を添えてきた。
温かく、そして柔らかい手だった。
エレベーターに乗り込むと無人だったので、軽く抱き寄せて唇を奪った。
甘い香り、アルコールの匂い、そして何より柔らかい唇だった。
ほんの数秒だったが、それだけで私のあそこはビンビンになっていた。
最近ではありえない硬く・・・。

もう言葉はいらなかった。
二人とも求めあっていたのだろう。
手をギュッと握り合い、夜道をホテル街に向かって歩いた。
ホテルのエレベーターに乗り込むと、どちらからでもなくお互いの唇にむしゃぶりついていた。

部屋に入ると、もう理性など忘れたかのようにお互いを求めあった。
そこにいたS美さんに、いつもの綺麗な姿は全くなかった。
貪るように口全体を舐め回すような熱い口づけを続けながらお互いのジャケットをその場で脱がし、シャツのボタンを外しあった。
続いてS美さんのスカートを脱がせた。

S美さんは、自分のあそこがすでにビンビンになってること確認すると、その場にしゃがみ込み、形と大きさや硬さを確かめてからズボンのチャックをゆっくり下ろした。
細く綺麗な指でパンツの上から撫で回し、すでに我慢汁で濡れている部分を探し当てると、その下にある敏感な場所を弄っていた。
私のあそこはビクビクしはじめ、我慢の限界を迎えつつあった。
S美さんは、ゆっくりとズボンとパンツを一緒に下ろし始めた。

「元気ね・・・硬いよ」

S美さんは微笑みながら呟くように言い、硬くなっているあそこに細く綺麗な指が絡みついてきた。
上下にの動かしながら太ももりにキスしてくれる。
いやらしい舌の動きが太ももから内もも、そして袋に移動してきた。
優しい手つき、吸い付くようなキス、生温かい舌で舐め回してるその顔がいつも以上に素敵に見えた。

「S美さん・・・」

この一言が合図になったのか、S美さんはビンビンのあそこにキスをしてきた。
竿からはじまり、亀頭に移り、亀頭のくびれ部分を執拗に舐める。
優しくと激しくを織り交ぜた攻めに快感が襲ってくる。
我慢出来ず、私は唸りにも似た声を出してしまう。
そしてとうとう亀頭を咥え込んできた。
口の中で舌に弄ばれた亀頭は最高の感覚に襲われ、射精に達すまでに時間は必要なかった。

「イキそう・・・」

一言そう言うと、右手を添え、激しく上下の運動を加えてきた。

「イク!!!」

叫びに近い声あげてS美さんの口の中に全て発射した。
しばらく続く射精をすべて受け止め、咥えたまま残りも吸い取り、半開きになった口内に射精されたものを見せた後、そのまま飲み込んでしまった。

「いっぱい出たね」

そう言ってS美さんは洗面所に行った。

黒のレース付きのセットアップの下着、光沢のあるストッキングに黒のハイヒール姿のS美さんが戻ってきた。
細く長く伸びた足に興奮し、ソファーに座らせてストッキング越しに足の先から舐め回した。
あそこ達するとすでに下着はビショビショで、いやらしい匂いを放っていた。
少し息をかけるだけで敏感に反応する。
我慢できず、がむしゃらに舐め回すと反応がすごい。
鼻で豆をグリグリしながら食い込みに舌を這わせるとまた喜んでくれる。
一気に全部脱がすと、綺麗に手入れされたヘアーが光っていた。
グチョグチョの中に指を入れながら豆を舐め回していると、「イク~イク~」と連呼して絶頂を迎えたみたいだった。

ぐったりしているS美さんの口元に私のあそこを近づけると、素直に咥え込んで勃起を促している。
ビンビンになるとゴムを装着し、ソファーで座位の体勢で挿入。
S美さんは感嘆の声をあげて喜んでいる。
バックに移行し、挿入したままベッドに連れていって、あとは欲望のまま正常位で突きまくり、喜びの声を上げているS美さんの中に思いきり発射した。
お互いシャワーを浴びて、そのまま抱き合うようにして寝てしまった。

翌朝、目を覚ますと私の腕の中で憧れの女性が寝ていた。
寝顔も素敵だなと思っていたらS美さんも目を覚ました。
おはようのキスが始まりの合図になり、二回目が始まった。
69の形で互いに舐めあい、騎乗位で挿入。
綺麗な胸を堪能しながら最後はお腹に出した。
一緒に入ったお風呂でもしゃぶってもらい、三回目は口内射精した。

帰り際に聞いたのだが、旦那さんは海外勤務中らしく欲求不満だったらしい。
その後も何回か会う機会があったが、体を重ねたのはその夜一度だけだった。
やはり旦那に対しての罪悪感があるらしい。
家庭を壊すつもりもないし踏み込むつもりもないので深追いはしなかったが、彼女に対する気持ちだけはずっと変わらなかった。

S美さんは、まるでお姉さんように接してくれたが、私が東京に帰る直前に一度、お口だけの付き合いをしてくれた。
最後の思い出にと、そのときの彼女の精一杯の優しい気持ちが嬉しかった。

S美さん、楽しい時間をありがとう。

月別アーカイブ
18歳未満閲覧禁止
当サイトには性的な描写が含まれるアダルトサイトとなります。18歳未満の方の閲覧はご遠下さい。

また、当サイトは個人で楽しむ目的で運営しておりますが、その著作権は引用元にあります。
サイトの閲覧、リンク先のご利用は自己責任で行っていただきますようお願い致します。
その他、相互RSSやご要望等は「お問い合わせ」からお願い致します。
オススメ!怖い体験談
[鵺速]あなたの傍の怖い話
媚薬・精力剤を使ってみた
脱毛してモテようぜ!
[PR] 今!VRが熱い!!
相互RSS(怖い体験談)