グッとくるエロい体験談SP

【オナニー】熱で朦朧として気がついたら姉ちゃんにキスしてた

俺も3歳上の姉ちゃんとエロい雰囲気になったことがある。

俺が高1の時に風邪を引いて寝込んでたら、大学から帰宅した姉ちゃんが、「ちゃんと生きてる?」ってポカリを持って俺の部屋に様子を見に来た。
体を起こして姉ちゃんが持ってきてくれたポカリを飲んでたら、「熱は?」と自分の額を俺の額にくっ付けてきた。

見慣れてるはずなのに、至近距離で姉ちゃんの顔を見てキュンとしてしまった。
熱で正常な思考回路ができなかったのか、気がついたら姉ちゃんにキスしてた。
姉ちゃんはビックリして固まってしまって、10分くらいキスしたままだった。

呼吸が苦しくなって俺から唇を離したら、「何するのよ、風邪がうつるでしょ!」と怒って出て行った。
その時の姉ちゃんの顔は熱がある俺の顔と同じくらい赤かった。

(ヤバい、怒らせたかな。親にチクられたらどうしよう?)

俺は横になって反省してた。

そしたら夕食のお粥も姉ちゃんが俺の部屋に持ってきてくれた。
姉ちゃんはさっきのキスのことには一切触れず、俺がお粥食べるのをただ黙って見てた。
俺も何を話していいか分からず、黙って食べてた。

俺が食べ終えるとほぼ同時に姉ちゃんは、「キスしたいなら風邪が治ってからにしてよね」と言って、食器をお盆に乗せて素早く部屋を出て行った。
そして部屋のドア開けた時に、「あっ、ちゃんと薬を飲むのよ」と言い残した。
これはこれで萌えた。

言われた通り、薬を飲んで横になってたらそのまま寝てしまってみたいで、その日は昼間もずっと寝てたせいか夜中に目が覚めた。
その時には熱は完全に引いてた。
しばらく禁欲してたもんだからムラムラして、そのままチンコ弄ってオナニー始めた。
今まで姉ちゃんをオカズになんて考えたこともなかったけど、その時は姉ちゃんとしたキスのことが真っ先に頭に浮かんでた。
さっきまで寝込んでたくせに、今は実姉に興奮してる自分が滑稽に思えた。

「起きたの?」

もうすぐイクって時になって部屋のドアが開いた。
姉ちゃんだった。
夜中で周りが静かだったのと、俺のベッドは安物でかなり古かったからオナニーしてるとギシギシ音が鳴って、それが廊下にいた姉ちゃんに聞こえたみたいだった。

姉ちゃんは弟のオナニー見てビックリして、また固まってた。
今度は俺も下半身丸出しだったし、オカズにしてた姉ちゃんに見られて固まってしまった。
有り得ないくらいタイミングが悪かった。
姉ちゃんが無言でドア閉めて、ようやく我に返って俺もズボンを履いた。

見られたショックでしばらく落ち込んでたら、また姉ちゃんが部屋に入ってきた。
ノックしないのはいつもの事だけど、姉ちゃんは電気も点けず無言で部屋に入ってきた。
雰囲気というか威圧感に押されて、俺はベッドの上で正座になった。

そしたら、「何、怯えた顔してんの?」と、姉ちゃんは笑いながら俺の頭をクシャクシャに撫でた。
姉ちゃんが気にしてないみたいなのでほっとして笑ってたら、「あんな事してたくらいだし、もう治ったみたいね」と、また自分の額を俺の額にくっ付けてきた。

そしたら今度は姉ちゃんの方から俺にキスしてきた。
油断して不意を突かれて、今度は俺がビックリした。

「もう風邪が治ったから、うつらないでしょ」

そう言うと姉ちゃんは何事もなかったかのように去って行った。
やっぱり姉ちゃんの方が一枚上手だと思った。

月別アーカイブ
18歳未満閲覧禁止
当サイトには性的な描写が含まれるアダルトサイトとなります。18歳未満の方の閲覧はご遠下さい。

また、当サイトは個人で楽しむ目的で運営しておりますが、その著作権は引用元にあります。
サイトの閲覧、リンク先のご利用は自己責任で行っていただきますようお願い致します。
その他、相互RSSやご要望等は「お問い合わせ」からお願い致します。
オススメ!怖い体験談
[鵺速]あなたの傍の怖い話
媚薬・精力剤を使ってみた
脱毛してモテようぜ!
[PR] 今!VRが熱い!!
相互RSS(怖い体験談)