きっかけはFX取引だった。
ネットの成功話なんて全部ステマぐらいに思っていた私が、ちょっとの好奇心で始めて、あっという間に1億に届く寸前まで行った。
自分も伝説のBNFさんになれるんじゃないか?
本気で勘違いしていた。
そしてお約束通りの坂道コロコロで、逆に1億の負債を抱えてしまい、樹海も考えた。
しかし、嫁は私を見捨てずに、その上、助かる手立てまで見つけてくれた。

その結果、今、私の目の前で嫁は、昔の知り合いの大企業の社長に抱かれようとしている・・・。
小沢に執拗に長時間アソコを舐められ、ベッドをビチャビチャにするほど潮を吹きながらイカされた嫁。
その嫁に小沢がいやらしい笑い方をしながら、「じゃあ、そろそろ入れようかw」と言った・・・。

嫁はツインテールにされたまま、グッタリした感じでベッドに横たわっている。
グチョグチョになった嫁のアソコはヒクヒク蠢いている・・・。
そして小沢は嫁に覆いかぶさっていく・・・。
大きさはそれほどでもないペニスだが、日本刀のように反っていて、良い形に思える。
小沢は当然のことながら、そのまま生で入れようとしている。
もちろん私もここまでの小沢のプレイを見て、避妊をしてくれるなんて思っていなかった。
だけど小沢は入れる直前に動きを止めた。

そして、「心美ちゃん、入れて欲しいの?」と、妙に冷静な声で聞いた。

嫁は少しボーッとした感じだったけど、すぐに「はい・・・入れて欲しいです・・・」と答えた。

どう考えても無理にそう言っていると思うのだけど、あれだけ小沢にイカされまくった姿を見ると、(もしかして嫁は本当に発情しているのでは?)などと下らない妄想に取り憑かれてしまう・・・。

「じゃあ、おねだりしてごらん。心美ちゃんのやり方でw」

小沢が、まとわりつくような嫌な言い方で言う。
小沢は、ずっと心美のことが好きだったそうだ。
昔、口説いた時は、心美はまったく相手にしなかったそうだ。
心美は好みがはっきりしているので、小沢が金持ちだろうがなんだろうが相手にしなかったのだと思う。
その嫁が、私の愚かな失敗のせいで、1度は袖にした小沢とこんな事になってしまっている・・・。

「小沢さんの、お、おちんちん・・・入れて下さい・・・」

嫁が羞恥と屈辱で顔を真っ赤にしながら言った。

「そっか、そんなに欲しくないんだ・・・いいよ、やめようか?」

小沢が冷たく言う。

「そ、そんな・・・ごめんなさい・・・。小沢さんのおチンポ、私のおまんこに・・・そのまま生で入れて下さい・・・」

嫁は震えた声で言いながら、自分でアソコを指で広げた・・・。
私の失敗で嫁にこんな事をさせてしまった・・・。
一億と引き替えだとしても失ったものが大きすぎる。
今さら後悔しても遅い・・・。
私はもう限界で止めに入ろうとした。
するとそれを察知したのか、嫁が私を見た。
じっと見つめる嫁の目が、思いとどまれと言っていた・・・。
私は結局何も言えずに黙り込んだ。

「心美ちゃんは欲しがり屋さんだね~。いいよ、そこまで言うなら入れてあげるw」

「お願いします・・・」

そして小沢が嫁にそのまま生で挿入した。

「ん、あぁ・・・」

「あぁ、心美ちゃん・・・夢が叶ったよ・・・」

心の底から嬉しそうな小沢。
そして、そのまま嫁にキスをする。
正常位で繋がりながらキスをする小沢。
嫁は無抵抗でキスを受け続ける。
小沢はねちっこくキスをしながら腰を動かし始めた。
勢いに任せて腰を振るのではなく、ゆっくりと、擦りつけるような感じの動きを始める小沢。

今まで私は嫁と結婚して10年近く、勢いに任せたセックスしかしていなかった。
激しくすれば嫁も気持ち良くなる・・・そんな風に思っていた。

小沢は微妙な腰の動きを続けながら嫁の首筋や耳を舐めていく。
嫁の顔をベタベタにしながら腰を振り続ける小沢。

「ん・・・あっ・・・あ・・・ん・・・」

徐々に嫁の吐息が大きくなる。
ついつい声が出ると言うよりは、気持ち良くて声が出てしまうのを無理に抑えている・・・。
そんな感じになってきた。

「ここが気持ち良いみたいだねwこうかな?」

そう言うと、嫁を少し持ち上げ気味にして腰を振る。

「あ、あぁっ!く・・・あぁ・・・ダメぇ・・・」

明らかに嫁の反応が変わった。

「ははwわかりやすいなぁwほら、ほらw」

小沢は擦りつけるような動きを続ける。
さっきのクンニの時にも感じたことだが、小沢はとにかく執拗だ。
同じ動きをずっと繰り返す。
それも、的確にだ。

「それ、ダメ・・・あ、ああぁ・・・ンッ!!」

嫁は、どう聞いても、感じているのを抑えきれなくなっているような感じだ。
私のために・・・1億のために無理をしてもらっている・・・。
我慢をしてもらっている・・・そのはずだったのに・・・。

「心美ちゃん、締めすぎだってw旦那さんがいるんだから、もっと抑えないとw感じすぎw」

「そ、そんなこと・・・ないです・・・ア、あぁっ!感じてない・・・です・・・あ、あっ!ンッ!!」

「ふ~ん・・・そうなんだwじゃあ、もっと頑張っちゃおっかなぁ~」

おどけるように言うと、さらにしつこく嫁の感じるポイントを上反りのペニスで擦り続ける。

「ひぃ、あぁ・・・だ、め・・・あ、あっ・・・ダメぇ・・・んんっっ!!」

嫁のリアクションと小沢の手慣れた動きを見ると、小沢はかなりのテクニックを持っていると認めざるを得ない。
金もあり、見た目もそれほど悪くなく、おしゃれな感じのする男のことだから、当然女性経験が豊富なのだと思う。
だけど、恋愛感情もなく金で買われるという屈辱的な状況で、嫁が感じるわけがない。

(感じるわけがない・・・)

そう思いたかった・・・。
だけど目の前では嫁がツインテールにされて、ベッドを潮でビチャビチャにしながら感じている。
演技ではなく本当に感じている・・・私にはそう見えてしまう・・・。
私が嫁を信じなくてどうすると言いたいのだが、事実は事実だと思う・・・。

「感じてないのに、その顔w旦那に見せられないでしょw」

「イヤぁぁぁーーーっっ!み、見ないでッ!ごめんなさいっ!!あっ、くぅぁぁっ!!!ンあっっ!!!」

「ははwイッちゃったw」

荒い息遣いのまま私から顔を背ける方向に顔を向けて黙っている嫁・・・。

「まぁ、せっかくだから楽しんだらいいよwただ我慢するだけじゃ心美ちゃんもつまんないでしょwもっとイカせてあげるからw」

「・・・イッてないです・・・か、感じてないです・・・」

嫁は私から顔を背けたまま小声で言った。

「まぁいいやwじゃあ今度は上になってw」

そう言って、ごろんと寝転がる小沢。
小沢のペニスはグチョグチョに濡れて光っている。
そして所々に白いものも付着している。
嫁の本気汁をこんな風に見せられるなんて夢にも思っていなかった。

「わかりました・・・失礼します・・・」

バカ丁寧に言いながら小沢の上に跨がろうとする嫁。
いまだにツインテールにさせられているのが屈辱的だ・・・。
嫁は言われた通り騎乗位で跨がっていく。
そして小沢のペニスを掴んで、自分でアソコに導いていく嫁。

「そのまま入れるの?」

「え?」

「ちゃんとおねだりしないとw」

まとわりつくような嫌な言い方をする小沢。

「ごめんなさい・・・小沢さんのおチンポ・・・私のおまんこに入れさせていただきます・・・」

「いいよw」

そして小沢に腰掛けていく嫁。
ズブズブと小沢のペニスが嫁のアソコに消えていく・・・。

「う、うぅあぁ・・・ン・・・」
「おぉ、いいねぇwさっきより締まるよ」

「あ、ありがとうございます・・・」
「じゃあ、動いて」

「は、はい・・・」

嫁は和式便器のスタイルで腰を振り始める。
振ると言うよりは上下にピストンするという感じで、スクワットでもしている感じに見える。

「あ、あっ、あんっ・・・あ、んっ・・・は、あぁ・・・ンッ!」

自分で腰を振りながら、やはり声が抑えきれない嫁。
さっきのセックスは小沢が腰を振って的確に嫁の弱点を責めたから感じてしまったと、諦めることも出来る・・・。
でも今は嫁が自分の意思で、自分で腰を動かしている。
それでも感じてしまうのは、小沢のペニスが・・・小沢の上反りのペニスがよほど嫁にフィットしているということだと思う。
すると、いきなり無造作に小沢が嫁の乳首を摘んだ。
見ていてわかるくらい強く摘む小沢。

「ンぎぃっ!い、あっ・・・ひ、あぁ・・・あっ・・・ンッ!」

悲鳴に近い声を上げながら、とろけた顔を見せる嫁。

「こんなにカチカチにして心美ちゃんはエッチだねぇ~w旦那さんも呆れてるよw」

「ヤァァァ・・・ゴメンなさいぃごめんなさいっ!!」

私を見ながら絶叫する嫁。

「腰、止めるなよ」

小沢が冷たく言う。
今日の最初の頃の夢が叶って感激していた純情そうな男の顔は消えていた。

「ゴメンなさい・・・」

嫁はそう言うと、また動きを再開した。

「そうそうwあぁ・・・心美ちゃん上手だね~」

「ありがとうございます・・・も、もっと気持ち良くなって下さい・・・」

嫁はそう言うと、ぎこちないながらも腰の動きを速める。
必死で腰を振りながら、そう言う嫁。
健気すぎて泣けてくる・・・。
私のせいで、こんなことを・・・。

「そのまま乳首舐めてよ」

小沢に言われて、騎乗位で腰を振りながら無理な体勢で小沢の乳首を舐める嫁。

「うわぁ~最高に気持ち良いw心美ちゃんがこんな事までしてくれるなんて夢のようだよw」

「ありがとうございます・・・もっと感じて下さい!」

さらに腰を強く振る嫁。

「心美ちゃん、イキそうだよwイッていい?」
「えっ!?そ・・・はい・・・イッて下さい・・・」

「いいの?どこにイケばいい?」
「好きなところに・・・小沢さんの好きなところに出して下さいっ!」

「中でいいの?」
「な、中でイッて下さいっ!」

「あぁ、心美、イクっ!」
「ぅ、あぁっ!!ンッ!!」

そして小沢の胸に倒れ込む嫁・・・。
結局、自分で腰を振りながら小沢をイカせた嫁・・・。
中出しを受けた嫁・・・。
まったく何一つ避妊をすることなく、生で注ぎ込まれた嫁・・・。
私のせいでこんな事に・・・心が壊れそうだ・・・。

「心美ちゃん、凄く気持ち良かったよwキスしてくれる?」

「あ・・・はい・・・」

少しぼーっとした感じで嫁が小沢に唇を重ねる。
小沢は何もせず、嫁のほうが舌を絡ませて小沢の口の中をかき混ぜる。
そんな光景を見ながら、私は、(とりあえず終わった・・・)、そう思っていた。

「じゃあ移動しようか?次は、お風呂でしようw」

そう言って嫁の手を引き歩き出す小沢。
全裸で歩き始める2人。
嫌なものが見えた。
嫁の太ももを伝う、ドロッとした液体・・・。
他の男の精子をアソコから溢れ出させ、太ももを伝わせながら歩き去る嫁・・・。

『もう、やめてくれ!』と叫びたい気持ちを抑えて2人の後を追う。

浴室は、こういうホテルによくあるタイプのガラス張りの浴室だ。
私は、リビングのようなところの、浴室が見えるところに座った。
ガラス越しでもガラスが薄いのか声が意外と聞こえてくる。
不思議に思って浴室の扉を見に行くと、閉めずに全開で開いていた。
これも全部、私に聞かせたいという意味なんだろうか?
私はガラスのところに戻り、この絶望的な状況を受け入れた。

「じゃあ、そこに座って足広げて」

淡々と小沢が言う。
湯船の縁に座り足を思い切り広げると、嫁のアソコから白いドロッとしたものが流れ出ているのがよくわかる。

最近は子供を作ろうと話していた私と嫁。
それでも、まだ中出しはしていなかった。
子供を産む時期なども考えて、計画的にしようと話していたところだった。
その私でさえ、ほとんどしたことのない中出し・・・。
いや、生で入れたことはあるにしても、中に出したことは一度もない・・・。

「よく見えないから、剃るよ」

小沢は意見を求めるのではなく、確定事項を告げる感じで言った。
そして浴室の隅に置いてある大きな袋から色々と取り出し、用紙をした。
缶のタイプの、押すとシューッと出るシェービングフォームを手に取り、嫁のヘアに塗りつける。
嫁は足を広げたまま俯いてじっと耐えるようにしている。
そして小沢はT字タイプではなく、床屋さんが使うような真っ直ぐのタイプのカミソリで嫁のヘアを剃り始めた。
躊躇なく、慣れた手つきで剃り上げていく小沢。

「動いちゃダメだよwクリまで剃っちゃうからw」

こんな事を楽しそうに言いながら、さっさと剃り続ける。
あっという間に嫁がパイパンになった。
不思議なもので、ヘアがないだけで物凄くロリっぽくなる。
元々が成瀬心美似の嫁は、童顔でロリっぽくはある。
それがツインテールでパイパンになると、30歳を過ぎているとは思えないくらいロリな感じになる。

「可愛くなったよwよし、じゃあ今度はここで四つん這いになってごらん」

そう言って、洗い場のところにしいてあるマットを指さす。
よくラブホテルにある、カップルがローションなんかでイチャイチャするためのマットだ。

「はい・・・」

嫁は聞こえるかどうかと言う小さな声で答えると言われた通りにした。
小沢はカバンの中からさらにグッズを取り出したが、最悪のグッズだった。
透明の、プラスチックのようなもので出来た、浣腸器・・・。
私は目を覆いたくなった。
小沢は流れるようなスムーズな動きで洗面器にお湯を張り、そこに何かプラ容器のボトルの中のものを混ぜた。
そして、それを浣腸器に充填すると、ローションを手に取り、嫁の尻に無造作に塗った。
手でモゾモゾと塗り広げていると・・・。

「あぁっ!ダメっ!抜いて下さいっ!!き、汚いですっ!ダメぇ!」

さっきまでの絶望感で大人しくなっていた嫁が真顔で叫ぶ。

「ん?嫌ならやめる?どうする?」

無表情で小沢が言う。

「う・・・ごめん・・・なさい・・・続けて下さい・・・」

嫁がガクッとうなだれながら言った。
小沢はニヤリと笑いながら、ローションまみれの指を嫁のアナルに差し込んでいる。
人差し指1本だが、嫁のアナルに入れられた・・・。
もう、吐きそうだ・・・。
全て私が悪いのだが、怒りに我を忘れそうになる・・・。

「うぅ・・・」

嫁は不快感いっぱいの顔で呻く。

「よし、こんなもんか・・・」

小沢は言いながら指を抜き、なんの躊躇いもなく浣腸器を嫁のアナルに突き刺した。
そして、そのシリンダーを押し込んでいく。
ほぼ透明で、少しだけ白っぽく濁った溶液が嫁の体内に注がれていく・・・。

「うぅ・・・う・・・イヤあぁぁ・・・」

200mlくらいありそうな浣腸器の、ほとんど全てが注ぎ込まれると、嫁は苦しそうに呻いた。