今から17年前の、まだ俺が専門学校に通っていた時の話。
2ヶ月間ある夏休みを有効活用しようと短期間のアルバイトを探した。
求人誌を見ていると、労働時間はかなり長いが時給のいい、俺にとても合っているアルバイトを見つけた。
それは、我が町の海岸線にある保険会社の保養所でのアルバイト。
その求人誌には、『調理補助プラス施設内のプールの監視員(泳ぎの得意な方希望)』と書いてあった。


俺は高校3年間、水泳部に所属し、泳ぎにはかなり自信がある。
調理補助の方も、その時通っていた学校は調理師専門学校。
まさに俺のためにあるようなアルバイトだと思い、すぐにその保養所に電話をかけた。
そして次の日、履歴書を持ち支配人と面接。
すると即日採用。
その日は簡単に仕事内容の説明を受け、翌日から働くことに。

仕事内容は結構ハードで、朝は7時までに出勤し、白衣に着替えて調理補助の仕事(主に雑用と盛り付け)。
そして8時半になると水着に着替えてプール掃除(プールサイドをデッキブラシで掃除、水面を網でゴミ拾い)。
これを1人で行い、9時にプールを解放する。
あとは30分毎にプールの中央と側面の塩素濃度を計って紙に記入、濃度が低くなると固形塩素で調節する。
途中1時間の食事休憩はあるが、これを夕方の5時まで繰り返す。
そして、また白衣に着替えて調理補助を6時まで行うという、かなりハードな内容だった。

最初、プールの監視員ということで水着のお姉さんが沢山見られると期待したが、保養所の客のほとんどが家族連れで、かなりの期待外れだった。
しかしアルバイトを始めて1ヶ月以上経って仕事に慣れてきた頃、ようやくプールに20代中盤の女3人組が現れた。

そして、その中の1人に俺の目は釘付けになった。
小柄な身長、髪型はショートカット、少し垂れ下がった大きい瞳、全てが俺のタイプだった。
俺は急いでサングラスをかけ、彼女達に気付かれないように正面を向き、目の動きだけでその女を見続けた。
そしてしばらくすると、3人組の中で一番太っている女が近づいてきた。

「ねえ君!名前は?」
「マコト君(俺の名前)って年いくつ?」
「いい身体してるけど、何かスポーツしてたの?」

そこからずっと質問責め、他の2人はそれを見て大笑い。
やがて他の2人も近づいてきて簡単な自己紹介。
3人は高校の同級生で、今は25歳
最初に近づいてきた太っている女がマリさん。
一番背が高く、スタイルはいいがどこか冷たそうな印象を受ける、既婚者のヨウコさん。
顔は抜群でかなりタイプだが、胸がとても残念なヒロミさん。

そこからは仕事をこなしながら当たり障りのない会話をしていると、すぐに5時。
彼女達に別れを告げ、白衣に着替えて調理場へ。
そして仕事を終えて着替えていると、支配人に呼ばれた。
そこで話された内容は、先程の3人組の中のマリさんは本社の会長の孫だということ。
そしてこれから3人で遊びに行きたいから運転手を貸せと、名指しで俺の名前を・・・。

支配人に頼み込まれ、特別ボーナスも出してもらえるそうなので、疲れた身体に鞭を打ち3人を保養所の車に乗せた。
そして、ゲームセンターにビリヤード、ボーリングと彼女達が希望する場所を回った。
その間、彼女達は行く先々でビールや缶酎ハイを飲みまくっていた。
夜11時頃に保養所に着く頃には、酒の弱いヨウコさんは酔い潰れ、残り2人は歌を歌いハイテンション。
3人の部屋までヨウコさんを担いで連れて行く。
寝ているヨウコさんをベッドに寝かせ、支配人が俺のために用意してくれている部屋に向かおうとすると・・・。

「ちょっと、どこ行くの?!マコトも飲みなさい!」

マリさんに無理やりベッドに座らされ、缶ビールを飲まされた。
ビールを飲んでいる間、マリさんは俺の横に座り、俺の身体を撫で回す。
それを見てヒロミさんはケラケラと笑っている。
そしてマリさんは俺の後ろに回り込み、右手は俺のTシャツの上から乳首を転がし、左手はハーフパンツの上から股間を揉み始めた。
すると、20歳で経験人数1人の俺の股間は、全くタイプではないマリさんに反応してしまった。

「もう~マコト君のすご~い!カッチカチだよ~!ヒロミも触ってみなよ~!」

「私は愛する彼氏がいるからダメ~」

ヒロミさんはシャワーを浴びに行ってしまった。
するとマリさんの攻撃はさらに凄くなり、あっという間にパンツ一枚にされてしまった。
そしてマリさんの両手は、キスしている間も俺の乳首を舐めている間も俺の身体を弄り続けた。
マリさんの触手のような手がパンツの隙間から入ってきて、俺のペニスに触れた瞬間。

「ウッ・・・ウッ・・・ウッ・・・」

「えっ?!マコト君出ちゃったの?パンツ汚れちゃったじゃない」

マリさんは俺のパンツを脱がせ洗面所で洗い、干してくれた。
そしてマリさんは再び俺の前に跪き、ペニスを舐めだした。
マリさんのフェラは異常に上手く、またすぐに大きくなってしまった。

するとマリさんは、「今度は私にもして」と服を脱ぎだした。
マリさんの身体はお世辞にも美しいとは言えなかった。
しかし俺は勇気を振り絞り、巨大な垂れ下がった乳を吸い、肉を掻き分けアソコを舐めた。

「ア~~いいわ~~、もっと強く吸って、そうよ~、ア~~ン」

その後、マリさんが上になりコンドームを付けて挿入。

「マコト君のおっきいよ~!当たる、当たる、アッ・・・アッ・・・アッ・・・」

マリさんが上下に動く度に肉がタプンタプンと揺れ、一気に気持ちが萎えかけた。
そんな時、何気なく視線を感じて横を向くと、ヒロミさんが風呂から上がり、ノーブラにTシャツ、パンツだけというなんともエロい格好で、こちらを見ていた。
俺はマリさんを正常位にすると、タイプのヒロミさんだけを見つめながら腰を振り続けた。
まるでヒロミさんとセックスしている感覚に陥り、俺はヒロミさんの瞳を見つめながら、マリさんの中に大量に射精した。