母が妊娠したのは、俺が中学二年生になった頃だった。
俺はすごく嬉しかった。
嬉しい一方で複雑な気持ちがあった。

俺ん家はマンションだ。
それほど広いわけじゃない。

夜更けに部屋で勉強していると、ふとどこかから、普段家には無いタバコの臭いが漂ってくることがある。
そんな時、こっそり忍び足で母と父の部屋を覗いてみると・・・。

父が全裸で膝をついている後ろ姿が見える。
母の足の裏が父の足元に見える。
父が母をバックで犯しているんだ。
ふだんタバコを吸わない父が、セックスの時だけはタバコを吸う。
時々煙を天井に吹きあげながら、腰を揺らし続ける父。

(よくやるよ・・・)と思いながら俺は部屋に戻っていく。

いくらなんでも父のケツなんか見てられない。
母の顔やら、おっぱいやら、喘ぎ声が聞こえるんならともかくさ・・・。
俺が見た母と父のセックスのどれかで、種付けに成功したんだなと思うと気持ちは複雑なんだ。

母のお腹が、だいぶ妊婦らしくなってくると、俺は母の入浴を覗き見るようになってきた。
もともと小柄で華奢だった母が、お腹だけ丸くなって、乳首が濃く広がってきた。
俺ん家の脱衣室はカーテンで廊下と仕切られてる。
初めはカーテンの隙間から覗いていたが、それでは限界がある。
そこで脱衣室にカメラを隠し、家庭内盗撮をしてやった。

(すげぇ・・・母さん、エロいお腹だ・・・)

カメラを棚の上から見下ろすように、足元から見上げるように、様々な角度で置いて撮影していた。
そんなある日、俺が風呂場でお湯を身体にかけているとドアが開いて母が入ってきた。

「母さん、どうしたの?」

俺が聞くと、母さんは身体に巻いていたタオルをサッと取り去った。

「母さん・・・」

俺は我を忘れて母の腹を抱き締めていた。

「見たかったんでしょ?」

母が言った。
俺の盗撮に母は気づいていたんだ。

「ごめんなさい・・・」

俺がそう言うと、母は俺の身体に手を伸ばした。

「しおらしそうなこと言ってるけど、ここはなあに?」

母は俺のチンポを掴んだ。
もう母の孕み腹をナマで見た瞬間に、俺のチンポは抑えきれないほど硬くなってしまっていたんだ。
母が手を静かに動かす。
それだけで俺は腰の奥から臓物が噴き出しそうな気持ち良さが走った。

「母さん、ダメ!」

俺は母の手を掴んで離した。

「俺、もっと母さんの身体をよく見たい・・・」

俺は母が持っていたタオルで身体を拭うと、母の手を引いて風呂場から出ていった。
俺は母と父の部屋に入った。
母を部屋の真ん中に仰向けにして寝かせると、母の脚を広げて股間を見つめた。
丸く膨らんだ孕み腹がドームのようだ。
そして母の脚の間には、薄い毛に縁取られた合わせ目があった。

「ここだね、ここが赤ちゃんの出口なんだね」

俺はその出口に唇を寄せた。

「ハァっ・・・ハッ・・・」

母の脚がだらしなく傾いた。

「赤ちゃんの出口をキレイにしておかなくちゃね・・・」

俺は母の合わせ目にそって舌を動かした。
知ってはいたものの、俺にとって誰かの性器を舐めるなんて初めてのことだ。
だけど母の身体だから何の躊躇いもなかった。

「気持ちいいわ・・・久しぶりよ・・・」
「よかった・・・母さんが喜んでくれて・・・」

「こんな身体の私を、どうして盗撮したりしたの?」
「だって・・・ここに母さんの赤ちゃんが入ってるんだもん。赤ちゃんを守っている母さんのお腹、すごくキレイだもん」

「そうかしら、そこに変なシワが寄ったりしてるでしょ?」
「これのこと?」

俺は合わせ目の上に寄ったシワに唇を寄せて、なぞるように舌を滑らせた。

「イヤッ・・・!恥ずかしいっ。舐めないで・・・」

母のそんな羞じらいが、母の合わせ目の奥から、ネバネバとした液体を溢れさせてきた。
どうやら父は、妊娠した母を慈しむつもりで、セックスから遠ざかっているらしい。
父は抜けてるな。
こんな素晴らしい姿の母で、チンポを硬くしないなんて。

俺は自分のチンポで、母の合わせ目の周りにネバネバした液体を塗りつけた。
合わせ目はパックリと開いてきた。
もう迷わなかった。
俺は合わせ目の開いたところにチンポを宛てがった。

「待って・・・」

母が言った。

「あまり、深く入れないでよ・・・」

「・・・わかってるよ。俺の大事な赤ちゃんだもん。だけど、ちょっとごあいさつしとこうと思うのさ」

俺は母の孕み腹に負担をかけないように、自分の身体を反らせて合わせ目にチンポをゆっくり進み入れた。
先っぽが入った。

(すごい・・・入れただけなのに、オナニーなんかよりずっと気持ちいい・・・!)

この部屋、この部屋だ。
父が母を孕ませた、この部屋だ。
この部屋で俺が今、母を犯している。
父はいつも母を背中から犯してるんだろう。
でも俺は母を向かい合わせに犯している。

(母の美しい孕み腹を見つめながら犯せるなんて・・・)

その快感で俺の身体の奥の圧力が高まっていく・・・。

「いいわよ」

母が言った。

「え?」
「そこに、『セイエキ』出していいわよ」

「でも、赤ちゃんの頭に掛かっちゃうよ」
「大丈夫よ・・・あなたは・・・」

母は手を伸ばした。
俺は、その手を握った。

「あなたは、この赤ちゃんのお兄ちゃんだもの」

俺はそれを聞いて、一気にチンポを母の奥に押し込むと、思いきり母の奥にセイエキを放った。

(届け・・・届け・・・赤ちゃんに俺のセイエキ届け・・・!)

母は可愛い女の子を産んだ。
俺は、母と赤ちゃんと一緒にお風呂に入るのが日常になった。
母が時々言う。

「ほら、赤ちゃんが仕返ししたいみたいよ」

「ほんと?」

俺は母から赤ちゃんを受けとって、「ほら、高い高~い!」をしてあげる。
すると赤ちゃんはニコニコ笑いながら、俺の頭めがけてオシッコを掛けてくるんだ。
母の孕み腹で、俺のセイエキを頭からかけられた仕返しを、一緒にお風呂に入るたびにしてくれる可愛い妹。
何歳まで、こんな素敵な仕返ししてくれるかな・・・。