着替えやお土産の入った重いバッグを手に自動ドアをくぐった。
室内は暖房が効いていて、寒さに強ばっていた体がホッと緩む。
夜行バスのターミナル。
色々な方面にバスが出ていて、ひっきりなしに乗り場にバスが入ってきている。
年の瀬だからなのか、人もとても多かった。

飲み物を買って、待合室のイスに座る。
携帯を開いてみると、彼氏の蒼太からメールが届いていた。

『もうすぐバスの時間かな?会えるの楽しみにしてる』

私と蒼太は高校の時の同級生。
卒業して蒼太は地元、私は遠方の大学に進学して遠距離になった。
今はこうしてたまにしか会えないけど、それでも仲良くやっている。

メールの返事を打っているうちに出発時間になった。
乗り場へ行くと結構な列。
たぶん、ほとんどが私と同じ帰省客っぽい。
バスに乗り込み、チケットと席番号を交互に見ながら進んでいく。
どうやら一番後ろの席のようだった。
そして二人掛けのその席にはすでに先客がいた。
ニット帽を目深に被った同年代の男の人。
その人は私に気づくと、シートに沈めていた体を起こした。

「ここの窓際ですか?」

「あ、ハイ・・・」

(うわぁ、隣、男の人なんだ。ちょっと緊張するなぁ・・・)

でも、仕方ない。
空いていれば席の移動もできるけど、生憎今日はとても混んでいる。
とりあえず荷物を棚に上げなくちゃ。

「ん、しょ・・・」

手に提げていた時も重かったけど、持ち上げるとますます重く感じるカバン。
背伸びしてそれを押し込もうと奮闘していると、横から手が伸びてきて、スッと楽になった。
ふと横を見ると、隣の席の男の人が立ち上がって私の荷物を押してくれていた。

「すみません」

「いーえ」

頭を下げた私に、帽子の隙間から細めた目を覗かせたその人。

(悪い人ではなさそう・・・?)

席に座ると、程なくしてバスが動き出した。
バスは夜通し走り続け、目的地に着くのは明日の朝。
本当はバスに乗ったらすぐに寝ようと思ってた。
でも隣が男の人だと、やっぱりちょっと寝づらい。
この人が寝てしまってから寝よう。
そう思って私は窓の外に目を向けた。

「あのー・・・」

走り出して少し経った頃だろうか。
突然、隣の男の人に話しかけられた。
左隣を見て、じっと見つめられていることに気づいてドキッとする。

「あの、人違いだったら失礼なんだけど・・・」

訝しげな視線を向けた私に、その人は少し言いにくそうに言葉を続けた。

「もしかして、結衣ちゃんじゃない?」

「えっ・・・」

びっくりした。
いきなり自分の名前を言い当てられてしまったから。

(・・・何で私の名前知ってるの?)

そんな私の心の中を読むかのように、その人は被っていたニット帽を勢いよく脱いだ。

「覚えてない?俺、彪流(タケル)。高校の時、同じクラスだった」

名乗られて私は思わず、「あっ」と声を出してしまった。
彪流くん。
当時はあまり喋ったことはなかったけど、確かに同じクラスだった。
髪型とかでだいぶイメージが違って見えるけど、そう言われてみれば面影がある。

「奇遇だねー」なんて言いながら、思い出話とご近所話に花が咲いた。

話題は途切れることはなくて、まるで昔からの親友のように私たちは喋り続けた。
ドリンクホルダーからペットボトルを取って喉を潤す。
喋りすぎて喉が渇いてしまった。
軽い気持ちで「飲む?」と彪流くんに勧めると、「うん」と普通に受け取られてしまって少しドキッとした。
間接キス。
たかが同じペットボトルに口を付けることくらい全然どうってことない。
でも、誰とでも出来ることじゃない気もするから妙にドキドキした。

「だけど、彪流くんがこんなに話しやすいなんて知らなかったな」

動揺に気づかれないように私は話を変えた。
そう思っていたのは本当。
こんな楽しい子だって高校の時に知っていたら、当時からいい友達になれてたかもしれないのに。

「俺は昔から結衣ちゃんに興味あったけどな」

ペットボトルの蓋をクルクルと閉めて、「ありがと」と私にそれを返しながら彪流くんが呟いた。
思いがけない言葉に頬が熱くなる。

「俺は仲良くなりたいなーって思ってたけど、結衣ちゃん、蒼太にべったりだったじゃん?」

「ラブラブすぎて俺の入る隙間なんてなかった」って、彪流くんは冗談めかして笑った。

(そっか、同じクラスだったってことは、私と蒼太のことも知ってるんだ)

当時の私は、どこに行くのも何をするのも蒼太と一緒だった。
登下校も、昼休みも、移動教室も。
見せ付けていたつもりはないけど、誰もが知ってる公認カップルだったという自覚はある。
恥ずかしくなって下を向く。

「今さら照れなくてもいいじゃん」と、彪流くんが肩を軽くぶつけてきた。

「まだ、蒼太と付き合ってるの?」

「・・・うん」

「うっそ、マジで?めちゃくちゃ長くない?」

彪流くんが感嘆の声をあげた。
確かに、当時付き合ってたカップルは、高校卒業してから次々と壊れていっていた。
その時は本気だと思ってはいても、所詮は高校生の恋愛。
大人になると色々あるものだ。
だから私と蒼太のようにずっと続いているのは、結構珍しい方だと思う。

「もしかして、将来は結婚とかも考えてたり?」

「・・・あ、うん。このままいけば、たぶん」

具体的な約束はまだだけど、いつかそうなる気がする。
私の言葉に彪流くんは目を丸くして、しきりに「凄いなー」と繰り返していた。
そんな話をしながら夜は更けていく。

喉の渇きと、不自然な体勢からくる体の痛み。
だんだん意識がはっきりしてきて、いつの間にか寝てしまっていたことに気づく。
しかも、隣の彪流くんに寄りかかるような格好になっていた。
慌てて体を離そうとしたら、ぐいっと引き戻された。
いつの間にか私の背中から腰へ、彪流くんの腕が回されていた。

「・・・彪流くん?」

「寄りかかってていいよ」

車内灯が消えていて、車内は薄暗い。
周りの人も寝ているみたいだから、小声でのやり取り。

(「いいよ」って言われても・・・)

「喉、渇いちゃった」

誤魔化すようにそう言って体を起こした。
それは嘘じゃないし、もうすっかりぬるくなってしまった液体を口に含む。
すると彪流くんも体を起こして私の手からペットボトルを取った。

「俺にも飲ませて」

そう動いた彪流くんの唇が、ペットボトルではなく私の唇を捕らえたのに気づいたのは、それから数秒経ってからのことだった。

「ん、んッ・・・?」

訳がわからなくて、それでも反射的に離れようと藻掻いた私の背中に右腕を回した彪流くん。
その腕にはしっかり力が込められていて、身動きが取れない。
そのうちに口の中に彪流くんの舌が入ってきた。

「ん・・・んぅッ・・・」

「シー。変な声出したら周りに気づかれちゃうよ」

一旦唇を離して、彪流くんが耳元でそう囁いた。
そしてまた唇を重ねられる。
事態を未だ把握できないまま、ただひとつ、はっきりと思えたこと。

(他の人に気づかれるのだけは・・・避けたい)

抵抗をやめた私を見て小さく笑みを浮かべた彪流くんは、反対側の手で太腿を撫でてきた。
軽く触れた状態でさわさわと這い回るその指先が、私を変な気持ちにさせていく。
ストッキングの上を滑る指の動きがいやらしい。

「ねぇ・・・、高校の時から蒼太と付き合ってるってことはさ・・・もしかしてさ・・・、蒼太以外の男を知らないってこと?」

耳たぶをぺロッと舐められて、飛び出しそうになった声を慌てて飲み込んだ。
口を手のひらで覆って彪流くんを睨む。

「そうなんだ?」

愉しそうに口元を歪めた彪流くんに私は何も言えなかった。

「初めての彼氏しか知らなくてさ、しかも遠距離じゃあ・・・欲求不満、結構溜まってるんじゃない?」

太腿の上に置かれていた彪流くんの手がまた動き出す。
短めのスカートを捲られて、そこに入ろうとする彪流くんの手を私は太腿をぴっちりと閉じて拒んだ。

「いや・・・やめて」

「だめ?」

「当たり前・・・っ」

太腿の手が離れ、諦めてくれたのかと思った矢先。
今度は頬に手を添えられて、また唇を吸われた。
彪流くんは完全に体を私の方に向け、覆い被さるような姿勢になっていた。
シートに体を押し付けられ、舌を絡められながら今度は胸に手が伸びる。
ゆっくりと撫で回され、次第に力を込めて揉みしだかれる。
そして中央の敏感な部分を爪で引っかかれるようにされて、思わず反応してしまった。

「服の上からでも感じる?」

私の反応を見て、彪流くんが嬉しそうに囁いた。
一番反応が良かった部分を、なおもカリカリと引っ掻く。

「ッ、や・・・」

「嫌?」

私の言葉を確認しつつも彪流くんはやめてはくれない。
そのうち私の背中に手をやって、器用にも服の上からブラのホックを外した。
そして間髪入れずに服の隙間に手を入れてくる。

「・・・っ」

ひんやりした手の感触が熱を持った肌に伝わる。
直に胸を包まれて、私はまた手のひらで口元を覆う。

「ココ、すっげぇ硬くなってる・・・気持ちいいんだ?」

「違っ・・・」

「へぇ。じゃあもっとしちゃお・・・」

彪流くんはそう言うと私に毛布を被せ、その中に潜った。
そして私の服を捲り上げて、露わになったそこに口付けてきた。

「・・・ッ、やぁ」

胸元に掛かる熱い息。
唇で乳房を食まれ、ねっとりと先端に舌を這わされる。
私は声を出さないように我慢するのがやっとで、身を震わせてただ、耐えていた。

「は・・・、は・・・ッ」

それでも漏れてしまう吐息。
目尻に涙が滲む。
声を出せない分、体の中に熱が溜まっていくようで、息苦しさで気が遠くなりそうだった。
余裕のない私の隙をつき、彪流くんが私の太腿に手をかけた。
あっ、と思った時にはもう遅かった。

「だめ・・・!」

小さく抵抗してみたものの、もうすでに彪流くんの手がその場所へ到達していた。
指で触れられ、そこがもう濡れてしまっていることに気づかされる。
恥ずかしくて、太腿を閉じるように力を入れたけど、彪流くんに強引にこじ開けられてしまった。

<続く>