先日彼女と久しぶりにホテルにお泊りしました。
俺は彼女が初めてじゃないんだけど、彼女は俺が初めて。
最初は大変だった・・・。

今まで付き合った彼女はみんな初めてだったんだけど、不思議と一人も血は出なかった。
でも、今の彼女は結構血が出ちゃってビックリした。
何も知らない娘に色々と教え込み、毎回毎回エッチなことをして、でも嫌がることはなるべくしないようにしてたら、最近少しずつイクことを覚えました。
エッチは好きでどうしようもない娘になったんだけど、フェラはどうしても好きになれないらしい。

「口でして」って頼むと、イヤイヤだけどその後のエッチがしたいからする感じ。

口で出すのはやっぱり嫌らしい・・・。

そんな彼女と久しぶりにホテルに行って、俺も張り切った。
いつも長いけど、余計に長い前戯。
まず初めは普通にキスから。
そしてだんだん頬、あご、首、肩、耳にキスしていく。
彼女は耳が感じるから、焦らしつつ念入りに舐め回していく。
しばらくすると息も荒くなってきて、「んっ、あっ」って声が出て腰が浮き始めた。
わざと下半身には手を出さないで次は胸を攻撃。
耳を左右交互に舐めながら胸を服の上から揉む。

「ふっ・・・、はっ・・・、あーーー」

胸を直接揉む時も耳は同時に攻撃する。
乳首を避けて大きく揉む。

「ん・・・」

どうやらあまり気に入らないらしい。
乳首を触って欲しそうに体を揺らしはじめる。
今度は乳首も含めて大きく揉むと・・・。

「あっ、はーーー」

上の服を脱がせてから乳首を立たせるように揉み始める。
乳首がコリコリに勃起したら、舌でさらに外側から内側にかけて舐める。

「ん、んんーーーん」

舐めて欲しそうに胸を動かし始めたから、いきなり吸い付いた。

「ふあっ!あっあーーー」

乳首を左右交互に吸っていると腰がいやらしく動き始めた。
どうやらそろそろ触って欲しいらしい。
口は乳首を攻撃しつつ右手は股に。
パンティーラインを避けて擦っていると膝が開いたり閉じたりする。
まずはパンティーの上から擦ってあげる。

「んっ・・ん・・・」

声が出るのを我慢してる彼女。
すでに耳と胸の攻撃で十分すぎるほど潤っていて、パンティーに染み出している。
股の隙間から指を入れてビラビラをマッサージする。

「ふあっ、あっ」

パンティーを脱がせてクリトリスを小刻みに触る。
足はピクピク動くけどあまり好きではないらしい。
構わず触っていると・・・。

「奥に入れて」

彼女は奥に指を入れられるのが好きなのだ。
返事もしないでいきなり奥に中指を入れた。

「ひあっ!」

奥の突き当たりから外に掻き出すように出し入れする。

「ひゃっ!あっ!あ・・・、あ・・・」

同じ事を5分ぐらい続けた。

「ねっねー、1本だけー?」

「何本がいいの?」

「2本」

わかりきった会話をして、今度はゆっくり薬指を入れる。

「ひっ、ひゃっ、あーーー」

外側に掻き出すようにプラス2本の指を自由自在に動かす。

「あっっ、はっっ、・・・」

指の動きに合わせて声が絶え間なく続く。
Gスポットを攻撃に移る。

「いやっ、はっっ、あっ・・・」

「ねー、もう入れてー」

おねだりが出たので、ちょっといじめた後、抱き合って正常位で入れた。
奥まで入れないで動かしていると・・・。

「んーーーん、もっとーーー」

彼女は奥にがんがん当たるのが好きなのだ。
俺のは比べたことはないけど平均よりは大きいらしい。
でも、奥にがんがん当たる程入れるにはそのままの体勢では入れづらい。
足をM字型にさせて奥まで届くようにする。
その姿勢でちょっと動くだけで・・・。

「はっ、はっ・・・、はっ、はっ、・・・、はっ、・・・」

動きに合わせて声が止まらない。
今度は足を肩の上に担いだ。

「っ、っ、っ、っ、っ、っ、っ、・・・」

もうあまりの快感に息も出来ないぐらいになっている。
たまに息が出来るように動きをゆっくりにする。
股ひざをM字型にして動き始めると・・・。

「いっ、いっ、イキそう!あっ、あっ、あっ」

「顔に出すよ?」

「いっ、いっ、イクーー!か、顔に出して!」

「・・・え?」

ビックリした。
フェラも好きじゃないのに、いきなり「顔に出してー!」だもん。
女は感じると、ここまで変わるのか。
冷静に思いつつラストスパートに入った。

「いっ、いっ、イクよーーー!」

ドピュッ!

希望通り、彼女の顔に出した。

「あつーい!すごい熱いよーー」

その後、予想外の言葉が。

「何で顔に掛けるの~?」

「・・・え?『顔に出して』って言ったじゃん」

「違うよ、“表情を顔に出して”ってことだよー」

どうやら最後の最後で勘違いしたらしい。
でも満更じゃない様子。
よし、今度も顔に出すぞ!