私の名前は斎藤ミオ(仮名)、26歳です。
ちょっと長いですがお付き合い下さい。

私は田舎の小さい病院に勤めてる看護士です。
仕事がら出会いがなくて、彼氏いない歴4年になると火遊びもしたくなります。
暇があれば皆さんの体験談を見て、私も妄想したりしてました。
そんな中、私もとうとう非日常的な体験をしました。

私の勤めてる病院には私の他に看護士は12人いて1日交代で夜勤をしています。
ちょうど私の夜勤が終わった日の(日付が変わって)次の日のこと。
大輝君という中学1年生の男の子が足の怪我で運ばれて来ました。
ちょうど手が空いていた私が付くことになり、先生に見せると捻挫と判明。
成長期中の怪我なので、念のために半月程入院させることになりました。

大輝君を車椅子に乗せて病室まで行くと、付き添っていた母親が、「荷物や着替えを取りに家に戻るので、その間、大輝をよろしくお願いします。大輝!看護士さんに迷惑かけちゃダメよ!」と言い病室を出て行きました。

大輝君の病室は個室です。
他の部屋は老人ばっかりなので医院長が気を遣って個室にしたそうです。
しばらく大輝君と話をしていると母親が戻って来たので仕事に戻りました。

そして3日後、ある事を聞いてしまったのです。
7年先輩の看護士が私のところ来て、「昨日の夜勤の時に気になることがあったの」と周りに聞こえない様な小さな声で話してくれました。

「何があったんですか?」

「大輝君なんだけど・・・。あのくらいの子なら普通だと思うんだけど・・・オナニーしてたの」

「そういう年頃ですもん、仕方ないですよ」

「問題はそこじゃないの。問題は何をネタにしてたかなのよ」

私は無言で続きを聞きました。

「あの子、『斎藤さん・・・』って言ってたの、普通同級生なら呼び捨てじゃない?考えられるのはあの子が言う『斎藤さん』ってアナタのことじゃないかなと思って」

「まさかぁ、ありえませんよ」

とは言ったものの、思い当たる節はありました。
病室に行く度に大輝君の視線を感じてました。
私は先輩の話を聞いているうちに大輝君と肉体関係を持つ妄想をしてしまいました。
その日の夜、私と似た境遇での体験談を読み、もし大輝君が私のことを本気で思ってくれてたらこうしようというプランを経てたのです。

病室に行くと、いつものように視線を感じます。
気づかない振りをして足の様子を見ます。
大輝君は私の胸やお尻を見ています。
私の悪戯心に火が点きました。

「今から体拭いてあげるね」

ぬるま湯を入れた洗面器とタオルを準備して大輝君の服を脱がせます。
下半身は軽くテントを張ってましたが気にせずズボンに手を掛けると、「アッ!し、下はいいです」と、赤面しながら抵抗します。

「大丈夫。看護士はいつも見て慣れてるから恥ずかしがらないで」

それでもまだ抵抗します。
ここで私は最後の一押しをしました。

「立っちゃってるんでしょ?大輝君くらいの男の子なら仕方ないことよ。そのくらい私もわかってるから恥ずかしくないよ」

ついに抵抗をやめました。
ズボンとパンツを脱がすと10センチ以上に膨張してました。
やっぱり恥ずかしくなったのか手でチンチンを隠します。
私も少し興奮してましたが、気にしない振りをして腕から拭いていきます。
背中、胸、お腹を拭き終わり、下半身へ。
太股、お尻を拭いて、いよいよメインイベント。
まずヘソの下からチンチンの付け根まで拭き横に流します。
その時の大輝君の表情が忘れられません。
チンチンのまわりを一周し、袋を包むように拭き、そこからいよいよ本体へ手を進めます。
タオル越しでも硬くなってるのがはっきりとわかります。

「硬いね。溜まってるの?」

「・・・いやっ・・・そういうわけじゃ・・・」

「私、知ってるよ。夜中に1人で処理してるでしょ?他の看護士さんが見たんだって」

「・・・」

「男の子だったら普通のことだよ。ただ・・・エッチな本も無いのに、何をオカズにしてるのかな?」

「・・・」

「『斎藤さん』って言ってたらしいけど、それって私のこと?」

「えっ!」

「『さん』付けするんだから年上よね?近所のお姉さんかな?」

「・・・」

「もしかして私?」

大輝君はあたふたしました。

「私をオカズにしてるんだ」

「・・・ごめんなさい。嫌いになったでしょ?・・・」

私は大輝君が愛おしくなり抱き締めました。

「そんなことないよ。むしろ大輝君からしたらオバサンみたいな私を女として見てくれてるのが嬉しいわ」

「オバサンなんかじゃないよ!お姉さんだよ」

「ありがとう。じゃあ正直に話してくれた大輝君にご褒美あげる」

私はキスしてあげました。
大輝君は固まってしまいました。

「チンチン苦しそうだね。今、楽にしてあげるから・・・」

私はチンチンを掴み、扱きました。
先っぽからはもう汁が出てました。
しかし緊張からか、チンチンが萎み始めたのです。

「あれ?緊張しちゃったのかな?小さくなっちゃったよ?溜まってるもの出さないと体に悪いんだけどなぁ・・・よしっ、わかった。こうしよう」

大輝君の手を私の胸に当てました。

「ほらっ、オッパイよ」

「あっ。えっ?」

「どぉ?立ちそう?」

「・・・わかんない・・・」

手は胸に乗せただけの状態です。

「オッパイ揉んでみて、そしたら興奮するかも」

大輝君の手が動き出しました。
するとチンチンは上を向いてきました。
しかし半立ち状態で止まりました。

「もう少しなんだけどなぁ、大輝君どうしたら興奮するの?」

「・・・斎藤さんの裸見たら興奮するかも」

「え~。それは今は無理だよ、誰か入って来たら言い訳出来ないもん」

大輝君はしょんぼりとなり、それと比例してまたチンチンも小さくなっていきます。
私も色々考えた末に・・・。

「わかった。裸は私が夜勤の時に見せてあげる。今はこれで我慢して」

私は制服の首からヘソの位置のボタンを外して広げてブラジャーが見えるようにして、大輝君の手をブラの中に入れてあげました。

「これでどう?」

手は動き出し、胸の奥に進んで来ました。
するとみるみるうちにチンチンは青筋を張り完全に立ちました。

「・・・アッ」

大輝君の指が私の乳首に当たり、思わず声を漏らしてしまいました。
私も負けずにチンチンを扱きます。
こんな特殊な状況に興奮して私も濡れてきちゃいました。

すると大輝君が、「・・・出るかも・・・」と言うので、ティッシュを取ろうとしたのですが少し離れた所にあり、でもここで扱くのをやめたら出なくなると思い、思わずチンチンを口に含みフェラしました。
その瞬間、口の中に大量の精液が流れてきました。
少しの間、咥えたまま手で最後の一滴まで搾り出し、口を離すと大輝君の手も胸から離れました。
口の中の精液をティッシュに出し、服を直してると、「斎藤さんの夜勤は何日後?」と大輝君が聞いてきます。
さっきの約束を覚えていたみたいです。

「明後日よ。でも大輝君のお母さんがいたらどうする?」

「たぶん来ないよ。毎日、母さんは出勤前に少し来るだけで、夜は来ることないもん」

「でも万が一ってこともあるじゃない。・・・私も約束破りたくないし。・・・そうだ!お風呂行こう。あそこなら広いし、ちゃんと鍵もついてるから誰も入って来ないから」

「お風呂、入ってもいいの?」

「大丈夫よ。先生からは安静にしてなさいってしか言われてないでしょ?ただ昼間はお年寄りが入るから時間が取れないだけないの」

「わかった。明後日だね」

「じゃあ私、戻るね」

ついに約束してしまいました。
私の興奮は止まりません。
さっきから熱くなってる体を慰めたくなり、トイレに駆け込み、誰もいないことを確認して個室に入りました。
パンツの中はもうグチャグチャで、ストッキングまで汁が垂れてました。
割れ目に指を遣わすと、私はすぐにイッてしまいました。
しばらくそのままにして、体が落ち着いてから仕事に戻りました。

<続く>